上場企業の決算データベースの作り方【PythonでXBRLを読み込みExcelで見る】

株式銘柄を選ぶにあたって、株価財務は、ぜひチェックしておきたい情報です。

ありがたいことに、上場企業の財務情報は、エックス・ビー・アール・エル (XBRL) で取得できました。

なので、プログラミングができれば、自分で財務諸表のデータベースを作ることができました。

そう、今は個人で全上場企業の財務分析ができる時代なのです。

(結論)決算書のデータは、XBRL を読み込んで取得します。XBRL は誰でも無料で取得できました。XBRL は、「金融庁のエディネット (EDINET)」と「東証の適時開示基本情報 (TDnet)」と「米国証券取引委員会のエドガー (EDGAR)」から、それぞれ無料で取得できました。XBRL は、Python で読み込みました。【XBRLまとめ記事】に、Python を使って XBRL から決算情報を読み込む方法、株式銘柄をスクリーニングする方法、決算書をグラフ化する方法を書きました。たとえば、【業績チャート 日本】【業績チャート 米国】にあるようなグラフが作れます。XBRL を利用した財務分析は、おすすめです。特に、有報とか短信とか、決算書の最初に載ってる表を読み込むだけなら簡単でした。

自分も、パイソン (Python) で決算データベースを作りましたので、その作り方を紹介していこうと思います。

作り方といいますか、「私はこんなやり方で作りました」というのを載せていこうと思います。

開発言語は「Python 3」と「Excel 2007 (VBA)」です。

パイソンは「Visual Studio 2013」で書きました。

Visual Studio Code」でも良いと思います。

デバッグは 2013 の方がやり易かったですが、ビジュアル・スタジオ・コードでも開発できます。

といいますか、2018年の後半から完全にビジュアル・スタジオ・コードに移行しました。

 

プログラミング自体は難しくありません

パイソンの文法とかテクニックも、都度、調べながら作っていく感じで大丈夫です。

私もそうでした。早速ですが、作り方です。

 

簡潔にまとめると、証券コードリスト取得 ⇒ XBRL 取得 ⇒ データ抽出 ⇒ グラフ化 ⇒ 分析 です。

 

それぞれ単独で動かせるように作ります。

やはり、こういう大きなシステムは、機能ごとに1つずつ、小さく小さく作っていくのがポイントですね。

一番分量の多いところは、データ抽出でした。

やり方も色々ある感じで、どれが正解というのも無いところだと思います。

 

あと、整形したデータを見るためのソフトも作ります。

エクセルの部分ですね。

列の幅を自動で設定したり、関連リンクを一括で開いたりする機能を作ります。

自身の分析効率を上げる為の環境づくりです。

職人が必要な道具を作ったり磨いたりするようなイメージで、分析と並行して作っていきます。

 

具体的な Python コードの開発経験は、【XBRLまとめ記事】 にまとめました。

自身の目的に合うように、必要なところだけ拾い読みするのがおすすめです。

Python を使った財務分析の足がかりになれば幸いです。

 

ところで、株価と財務は、ネット証券の口座でもチェックすることができました。

初めての人におすすめのネット証券と証券口座の作り方(無料)』という記事を書きました。

証券口座の開設は、書類のやり取りで少し時間がかかります。

思い立った段階で申し込んでおきましょう。

ネット証券は、すでに便利な分析ツールを提供していました。

そういったツールは、証券口座にログインすると、使えるようになるのです。

プログラミングを始めるのは、ネット証券の銘柄分析ツールを使ってからでも、遅くありません。

ネット証券も活用していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました