XBRLの仕様書やタクソノミの場所【EDINET, TDnet, EDGAR】

スポンサーリンク

XBRLの仕様書タクソノミを閲覧・ダウンロードできるサイトの紹介です。

XBRLの構造をファイルから読み解くのは容易ではありません。

XBRLは仕様書や技術資料が公開されていますので、それらの場所を紹介します。

わからない用語も、XBRLの解説資料(仕様書)を検索すれば、説明が見つかります。

紹介する仕様書は、本家XBRL、JIS規格 XBRL、EDINET XBRL、TDnet XBRL、EDGAR XBRLです。

サイトによっては、資料にたどり着くまでが迷路のように入り組んでいる場合がありますので、トップページからどのように進めばいいのかも書きました。

一応、検索エンジンでも仕様書は見つかるのですが、「ほかの年度のXBRL資料はどこにあるのか?」ってなりましたので、1から各サイトを調べました。

いずれも、XBRL解析XBRL分析ソフトを開発するときに、おすすめの資料です。

まずは、JIS規格にある日本語翻訳版のXBRL仕様書をチェックしてみるのがいいと思います。

本家 XBRLの仕様書

本家XBRLの仕様書(英語)は、以下の「XBRL Specification」で公開されています。

https://www.xbrl.org/」→ 「The Standard」→「XBRL Specification sub-site

→「XBRL Specifications」→「XBRL」→「XBRL 2.1」→「XBRL Specification

例えば、EDINETの名称リンクファイル(*-label.xml, *_lab.xml)に登場するリンクベース(linkbase)、ラベルリンク(labelLink)、ラベルアーク(labelArc)といった要素(element)の説明なども、上記「XBRL Specification」のページに載っています。

まさにXBRLの構造が載っているサイトです。

JIS規格 XBRLの仕様書 (JISX7206)

【日本語の技術資料】です。XBRLの仕様書は、日本語に翻訳されたものが、JIS規格(ジスきかく、日本工業規格)として登録されています。

日本語版は、「JISC 日本工業標準調査会」のサイト上で、全文を閲覧することができました。

JISC 日本工業標準調査会」→「データベース検索」→「JIS検索」→「日本工業標準調査会:データベース検索-JIS検索」のページで、『JISX7206』を検索すると、出てきます。

【日本工業規格】
規格番号:JISX7206 
規格名称:拡張可能な事業報告言語(XBRL)2.1

閲覧した文章のまえがきによると、『Extensible Business Reporting Language (XBRL) 2.1 Specification の翻訳(参考)』とのことでした。

簡潔に言うと、XBRL2.1の仕様書の日本語版です。

EDINET XBRLの仕様書

【日本語の技術資料】です。仕様書は「操作ガイド」のページにまとまっています。

EDINET トップページ」→「操作ガイド等

EDINETの使い方タクソノミの使い方もここに詳しく載っています。

たくさんの資料がPDFになっていますが、どれに何が書いてあるかは「EDINET概要書」の「マニュアル体系」の章に載っています。

よく見る資料を挙げておきます。このような資料の存在を知って、だいぶプログラムがしやすくなりました。

ちなみに、よく登場するタクソノミ(taxonomy)は、細かく分けて整理していく、みたいなイメージの意味らしいです。

IFRS(アイファス、アイフィス、イファース)のタクソノミについても情報があります。

EDINET 操作ガイド

  • EDINET総合ガイドライン
    • EDINET概要書(各資料の概要が載ってる)
    • 提出書類ファイル仕様書(フォルダ構成・ファイル名の定義)
  • XBRL関連技術資料
    • フレームワーク設計書(要素の参照関係などの概要)
    • EDINETタクソノミの設定規約書(jppfs, CurrentYearなどの全種類の定義
  • 20XX年度版EDINETタクソノミ
    • EDINETタクソノミの概要説明(追加・廃止された内容が載ってる)
    • 提出者別タクソノミ作成ガイドライン(XBRLの構造が簡潔に載ってる)
    • 報告書インスタンス作成ガイドライン(XBRLのどこで何を設定してるかを解説)
    • 報告項目及び勘定科目の取扱いに関するガイドライン(勘定科目のQ&A)
    • タクソノミ要素リスト[xls](決算書の見出しの名前などの一覧)
    • 勘定科目リスト[xls](勘定科目タグの名前の一覧)
    • EDINETタクソノミ本体[zip](XBRLが参照しているファイル群)
  • IFRSタクソノミ20XX対応
    • (IFRS資料のラインナップは、通常のタクソノミとほぼ同じです)

これらの資料には、XBRLの構造やファイルの参照関係などが載っていますので、それらの仕様に沿ってXBRLを構成するファイルを読み込んでいくことになります。

EDINETタクソノミ本体は、例えば勘定科目のタグ名から勘定科目名を求める時に使います。この中に標準の名前がXMLで入っています。エクセル形式のタクソノミ要素リストと勘定科目リストも、これらをもとに作成したものとのことです。

EDINETタクソノミ本体の中のXMLは、XBRLの中に載ってるURLからでも読み込むことができます。実際には、1度アクセスしたらローカルに保存しておく(キャッシュしておく)ような使い方になります。

すべての年度のzipを取得してローカルに展開しておくのも良いと思います。XBRLの構造を調べるときに便利です。

EDINET タクソノミのフォルダ構成とURLの対応については、「提出者別タクソノミ作成ガイドライン(図入りで分かりやすい)」と「EDINETタクソノミの設定規約書」に載っていました。PDFを「エントリーポイント」という言葉で検索すると見つかります。

TDnet XBRL(東証 XBRL)の仕様書

【日本語の技術資料】です。仕様書は「XBRLデータの仕様」のページにまとまっています。

日本取引所グループ(東証)」→「株式・ETF・REIT等

→「適時開示情報のXBRL化」→「XBRLデータの仕様

適時開示情報のXBRLを読み込みたいときは、ここにある資料が参考になります。

決算短信のXBRLや業績予想の修正のXBRLは、情報の速さで少しだけメリットがあります。

EDGAR XBRLの仕様書

米国のEDGAR XBRLの仕様書(英語)は、以下のページにあります。

米国証券取引委員会 トップページ」→「FILINGS」→「Filings & Forms」→「Information for EDGAR Filers」→「Everything EDGAR」→「Technical Specifications

EDGAR XBRLのタクソノミは、「EDGAR Standard Taxonomies」にあります。

上記、テクニカル・スペスィフィケーションス(Technical Specifications)にタクソノミへのリンクがあります。

Technical Specifications」→「EDGAR Standard Taxonomies

謝辞

仕様書や規格の作成にかかわったすべての方々に感謝いたします。

タイトルとURLをコピーしました