文字化けするCSVはExcelのテキストインポート機能で開くと大丈夫。Excelの標準機能。

スポンサーリンク

エクセルの『外部データの取り込み』方法です。

テキストファイルのインポート機能とも言います。Excelの標準機能ですね。

ExcelでCSVが文字化けした時は、外部データの取り込みやインポート機能で開くと読み込める場合があります。

以下その手順です。

Excelを起動します

メニューの『データ』タブから『外部データの取り込み』にある『テキストファイル』を押してCSVを開きます。

文字コードを決めます

65001 : Unicode (UTF-8)』を選んで『次へ(N)』。

『ろくまん ごせん いち:ユニコード (ユーティーエフー はち)』と読みます。

残りも設定します

区切り文字は『カンマ(C)』だけにチェックして『次へ(N)』。

ダメだったら『タブ(T)』だけにチェックして『次へ(N)』。

列のデータ形式は『G/標準(G)』のまま『完了(F)』。

『データの取り込み』はそのまま『OK』です。これで開けました。

セルのデータが変わってしまうときは

もし、数字のゼロが消えて困ったら、『データのプレビュー(P)』で問題の列をクリックしてから『文字列(T)』にチェックして『完了(F)』を押します。

これで電話番号も日付も住所も、すべてCSVの通りに表示されます。

ほかにもデータが変わって困った列があるときは、プレビューをクリックして『文字列(T)』にチェックを繰り返してから『完了(F)』を押します。

複数の列を一括で設定するには、Shiftキーを押しながらクリックします。

クエリのチェックを外して完了

仕上げに、もう一度『データ』タブから、今度は『プロパティ』を押します。そこで『クエリの定義を保存する(Q)』のチェックを外します

すると《シートからクエリ定義は削除されます》って出るので、『OK』⇒『OK』で閉じます。これで普通の状態になりました。

あとはいつも通り、『名前を付けて保存(A)』です。

以上です

まとめると『テキストファイルから開いて、クエリのチェックを外す。』です。

クエリの定義があると、メニューの一部がグレーアウトしたりするんですね。

なので、データのプロパティから外してあげます。これで、CSVとExcelのつながりがなくなって、グレーアウトしたメニューが復活します

メニューがグレーアウトしてる!押せない!

プロパティでクエリのチェックを外すと直る!

これがクエリのチェックを外す画面!

クエリのチェックを外そうとすると警告が出るけど、OK。プロパティもOKで閉じる。

これで先ほどのメニューが復活した状態になります。

スポンサーリンク
Excel
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました