Excelで外部データの取り込みができないときは、クエリのチェックを外すと復活する。

スポンサーリンク

Excelのメニューがグレー表示になってて、『外部データの取り込み』や『テキストファイル』が押せないときは、『クエリの定義を保存する(Q)のチェックを外すと復活する場合があります

以下その手順です。

プロパティを開きます

メニューがグレー表示になってる状態で、『データ』タブから『プロパティ』を開きます。

クエリのチェックを外します

クエリの定義を保存する(Q)』のチェックを外します。

すると、《シートからクエリ定義は削除されます》って出るので、『OK』⇒『OK』で閉じます。これでグレー表示が直りました。

以上です

グレー表示は、CSVを『外部データの取り込み』から読み込んだ時に起こります。

その時は、クエリのチェックを外してから『名前を付けて保存(A)』すると、正常なファイルが保存できます。

(エクセルは便利ですけど、色々大変なところもありますよね。問題解決の参考になれば幸いです。)

スポンサーリンク

Excelの画面はこちら

問題の画面やファイルを直すときの画面を撮りました。

Excel 2007を使っていますが、新しいバージョンでも参考になると思います。

エクセルを開くと、なにやら警告が…!

セキュリティの警告 データ接続が無効にされました オプション …

なんかダイアログが出た!

セキュリティの警告 – データ接続

データ接続

データ接続がブロックされました。データ接続を有効にすると、コンピュータの安全性が失われる可能性があります。このファイルの発行元が信頼できない場合は、このコンテンツを有効にしないでください。

ファイルのパス:

不明なコンテンツから保護する (推奨)(P)
このコンテンツを有効にする

外部データの取り込みがグレーアウトしてる。押せない…。

直すためには、『データ』⇒『プロパティ』をクリック!

データ範囲プロパティ

データ ソースに接続されているセルの更新方法、ソースから取得して表示するコンテンツ、データ ソースの行数や列数の変更をブックに反映する方法を指定します。

『外部データ範囲のプロパティ』

ここで、『クエリの定義を保存する(Q)』のチェックを外します。

なんかダイアログが出るけど、OKを押して、プロパティもOKで閉じます。

これがそのダイアログ。

この操作によって、シートからクエリ定義は削除されます。続けますか?

プロパティをOKで閉じたら、直った!

Excel 2016 以降は『外部データの取り込み』が無くなりました

Excel 2016 以降は、『外部データの取り込み』が、リボンから無くなりました。

『外部データの取り込み』は、『データの取得と変換』という新機能に変わりました。

ですが、『外部データの取り込み』にあった機能は、まだ使えます。

以下の記事は、『外部データの取り込み』にあった『テキストファイル』を出す方法です。

Excel 2016 以降で『外部データの取り込み』が無いときは、『Excelのオプション』で出します。

スポンサーリンク
Excel
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました