【米国企業】CIKコード一覧の取得方法【EDGAR】

スポンサーリンク

米国企業のCIKコードリストを取得する方法です。

CIK(シーアイケー、セントラルインデックスキー)コードは、米国証券取引委員会(SEC)のエドガー(EDGAR)で、企業の開示情報を検索するときに使います。

Pythonなどで決算分析をする時には、『CIKコード』と『Tickerシンボル(ティッカーコード)』の対応リストも必要になります。その作り方も紹介します。

CIKコードリストはEDGARにある

1番簡単な方法です。あまり用途はないかもしれませんが、過去のすべてのCIKコードを見てみたい場合におすすめの方法です。

CIKコードの一覧は、海外企業の一覧にもなります。海外の上場企業の社名は、たいてい載っていると思います。

米国証券取引委員会のサイトに『企業名』と『CIKコード』の全リスト(cik-lookup-data.txt)がありますので、それを取得するのが簡単です。

ファイルサイズに注意です。

歴史的に蓄積された全てのCIKコードが入っていますので、72万行もある巨大なテキストファイルになっています。ファイルサイズは約13MBでした。(2019年3月時点)

CIKコードリストの取得方法

CIKコードリストは、以下のページで取得(ダウンロード)できます。

まず、『アクセッシング エドガー データ』のページを開きます。

米国証券取引委員会 トップページ」→「FILINGS」→「Filings & Forms」→「Accessing EDGAR Data

このページにある、以下の『カレント リスト オブ オール シーアイケース マッチド ウィズ エンティティ ネーム』というリンクを保存します。これが、CIKコードの一覧(cik-lookup-data.txt)になります。

Current list of all CIKs matched with entity name

読み込み方法

CIKコードリストを、『Excel(エクセル)』や『LibreOffice Calc(リブレオフィス カルク)』で読み込む方法を紹介します。

コードリストの仕様ですが、コロン『:』区切りのテキストファイルになっています。

たぶんですが、英語圏ではカンマ『,』を区切り文字として使うのが難しいので、そういう仕様になっているのでしょう。

エンコーディングは不明ですが、とりあえず『UTF-8』で大丈夫でした。

上手く読み込めたら、『.xlsx形式』や『.ods形式』で保存しておくと便利です。

スポンサーリンク

Excelで読み込む手順

外部データ取り込み』機能を使います。

空のExcelを起動します。

メニューの『外部データ取り込み』にある『テキストファイル』を押して、CIKコードのテキストファイル(cik-lookup-data.txt)を開きます。

以下の設定をして『次へ(N) >』

  • 『カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ(D)』
  • 『65001 : Unicode (UTF-8)』

以下の設定をして『次へ(N) >』

  • 『その他(O):』だけにチェックして『半角のコロン(:)』を入力

以下の設定をして『完了(F)』

  • 下のデータのプレビューで『1列目』をクリック⇒上で『文字列(T)』を選択
  • 下のデータのプレビューで『2列目』をクリック⇒上で『文字列(T)』を選択

小さい『データの取り込み』画面は、そのまま『OK』(変更不要)。

  • 読み込みが始まって、完了までに数分かかります。

これで読み込みが完了しましたが、最後に『クエリの定義を保存する(Q)』のチェックを外さねばなりません。

メニューの『データ』⇒『プロパティ』を開きます。

『クエリの定義を保存する(Q)』のチェックを外します。このとき確認ダイアログが出ますので、OKボタンを押して、プロパティの方もOKボタンを押して完了です。

外部データの取り込みのグレーアウトがなくなりました。

あとは『名前を付けて保存(A)』で『.xlsx形式』などで保存すれば完了です。

LibreOffice Calcで読み込む手順

LibreOffice Calcで『CIKコードのテキストファイル(cik-lookup-data.txt)』を開きます。

以下の設定をして、OKボタンを押します。

  • 文字エンコーディング:Unicode (UTF-8)
  • 区切りのオプション:その他(R)だけにチェックしてコロン(:)を入力
  • 下のデータのプレビューで『1列目』をクリック⇒上で『テキスト』を選択
  • 下のデータのプレビューで『2列目』をクリック⇒上で『テキスト』を選択

読み込み完了までに数分かかります。

これで読み込み完了です。

あとは『名前を付けて保存(A)』で『.ods形式』などで保存すれば完了です。

CIKとTickerの対応リスト

『CIKコード』と『ティッカーシンボル(ティッカーコード)』の対応リストは、どうやって取得するのか?

その概要と解説記事へのリンクです。

簡単に用意するなら、英語圏の株式情報サイトなどで、対応リストのCSVなどを取得するのが簡単だと思います。

もし、1次情報源にこだわるなら、EDGARで公開されているデータから対応リストを作ることになります。その概要です。

対応リストの作り方

私が知っている方法(実践した方法)は以下の通りです。

  1. EDGAR Index Files(エドガー インデックス ファイルス)のディレクトリから、XBRLのインデックスファイル(xbrl.idx)をすべて取得して、1つに連結する。
  2. XBRLのインデックスファイルの中にある『CIKコード』を使って、XBRLデータを取得。
  3. XBRLデータの中にあるスキーマファイル(.xsd)から、『Tickerシンボル』にあたる文字列を取得。

これでCIKTickerのリストが完成しました。

簡単に書きましたが、実際にはPython(パイソン)などで『xbrl.idx』を連結するプログラムを書いたり、『.xsd』を読み込むプログラムを書いたりする必要があります。

なので、ちょっと開発に時間がかかりましたね。

以下の記事に具体的な解説を書きました。

タイトルとURLをコピーしました