Excelアドインの作成方法、登録方法、削除方法【ExcelVBA】

エクセルアドインの作り方、アドインの登録方法、アドインの削除方法です。

自作のVBAライブラリをアドイン(.xlam)にまとめて、いつでも使えるようにする方法です。

エクセルアドインは、作り方と削除方法さえ分かれば、安心して使うことができます。

エクセルアドインの作り方です。

  1. 新規にエクセルを起動して、『名前を付けて保存(A)』から『Excel アドイン (*.xlam)』形式で保存します。
  2. エクセルのオプションから、アドインに追加します。
  3. アドインファイルを開いて、マクロのVBAのコードを書きます。

これで、アドインに書いたマクロがいつでも使えるようになります

エクセルに追加したアドインは、無効化することもできます。

無効化するだけだと、エクセルのアドインリストに名前が残ったままになります。

もちろん、完全に削除することもできます。

エクセルのアドインリストからアドインを削除する方法も書きました

以下、具体的な手順です。

スポンサーリンク

エクセルアドインの作成方法

新規にエクセルを起動します

『スタートメニューのプログラム』や『デスクトップのエクセルアイコン』などから、エクセルを起動します。

『Excel アドイン (*.xlam)』形式で保存します

『Officeボタン』を押して、『名前を付けて保存(A)』にある『その他の形式(O)』を押します。

好きなファイル名をつけて、『Excel アドイン (*.xlam)』形式を選んで保存します。

デフォルトでは、以下のアドインフォルダに保存されます。

『C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\AddIns』

デフォルト以外の場所に保存してもOKです。

エクセルアドインの登録方法

エクセルのオプションでアドインに登録します

エクセルがアドイン(.xlam)を読み込むように、オプションを設定します。

『Officeボタン』を押して、『Excelのオプション(I)』から『アドイン』を開きます。

『アドイン』画面にある『管理:Excel アドイン』のとなりの『設定(G)…』を押します。

『アドイン』ダイアログが出ます。

自作したアドインにチェックを入れて、『OK』を押します。

アドインファイル『a.xlam』の登録例
(アドインファイル名の先頭は自動で大文字になります)

あとは、エクセルが起動するたびにアドインを読み込んでくれます。

デフォルト以外の場所にあるアドインを登録する方法

デフォルト以外の場所にあるアドインファイルを登録する方法です。

『Officeボタン』を押して、『Excelのオプション(I)』から『アドイン』を開きます。

『アドイン』画面にある『管理:Excel アドイン』のとなりの『設定(G)…』を押します。

『アドイン』ダイアログが出ます。

『参照(B)…』ボタンを押します。

登録したいアドインファイル(.xlam)を選択して開くと、チェックボックスが『有効なアドイン(A)』に追加されます。

追加したアドインにチェックを入れて、『OK』を押します。

あとは、エクセルが起動するたびにアドインを読み込んでくれます。

アドインファイルを開いてVBAコードを編集する方法

アドインのVBAコードを編集するときは、アドインフォルダのアドインファイル(.xlam)を直接開いて編集します

デフォルトでは、以下のアドインフォルダに保存されています。

アドインフォルダへのショートカットを、デスクトップなどに作っておくと便利です。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\AddIns

アドインファイル(.xlam)を開く

アドインファイルを開くと、ワークシートが非表示になったエクセルが起動します(正常な動作です)。

リボンの『開発』タブから、ビジュアルベーシックエディター(Visual Basic Editor)を開きます。

これで、アドインのVBAコードが表示されます。

マクロを編集して上書き保存したら、アドインの更新は完了です。

エクセルをいったん終了します。

次回から、更新されたアドインが読み込まれます。

アドインの編集は『xlamを直接開いて編集する』のがおすすめです

アドインのVBAコードを編集するときは、xlamを直接開いて編集するのがおすすめです。

一方で、アドインのVBAコードは、ほかのエクセルファイルを開いているときにも表示されます。

自分で直接 xlam をひらかずとも、Visual Basic Editorからアドインの修正ができそうに見えます

しかし、アドインの上書きができないことがありました。

やり方があるのかもしれませんが、以下のように、うまくいかないことが多々ありました。

  • 上書き保存すると、『アドインではないファイル名で保存しようとするダイアログ』が出た。
  • ダイアログでアドインのファイル名を指定して上書きしたのに、連番が追加されて、別のアドインファイルが生成された。
  • なにごともなく、アドインを上書きできたこともあった。

おそらく、なにか理由があってのふるまいだと思うのですが、うまくいくパターンがよくわかりませんでした。

こういった状況がありましたので、アドインファイルを修正するときは、アドインファイル(.xlam)を直接開いて編集するのがおすすめです。

スポンサーリンク

アドインの追加と削除(マイクロソフトの公式ページ)

アドインの追加と削除に関する、マイクロソフトの公式ページです。

アドインを『無効化』する方法

アドインを『無効化』する方法です。

無効化すると、エクセルを起動したときにアドインを読み込まなくなります

やり方は、『有効なアドイン(A)』にあるチェックを外すだけです。

『Officeボタン』を押して、『Excelのオプション(I)』から『アドイン』を開きます。

『アドイン』画面にある『管理:Excel アドイン』のとなりの『設定(G)…』を押します。

『アドイン』のダイアログが出ます。

無効化したいアドインのチェックをはずして、『OK』を押します。

これで、アドインの無効化が完了しました。

エクセルを起動しても、アドインを読み込まなくなります。

アドインを無効化しても、クイックアクセスツールバーなどからマクロを呼び出すと、アドインファイルが読み込まれます。あくまで、起動時に読み込まなくなるだけのようです。

アドインを『リストから削除』する方法

エクセルからアドイン(.xlam)の登録を削除する方法です。

『有効なアドイン(A)』のリストから、アドインの名前を削除します

削除ボタンがないのでわかりにくいですが、簡単に削除できます。

アドインの削除手順です。

  1. アドインを無効化してから、アドインファイルを移動します。
  2. そのあとに、『有効なアドイン(A)』のチェックボックスを操作します。
  3. すると、アドインをリストから削除するためのダイアログが表示されます

ところで、アドインの無効化をしなくても、削除はできました。

しかし、アドインを無効化しておかないと、エクセルを起動したときに以下の警告が出ました。

(アドインファイル)がみつかりません。ファイル名およびファイルの保存場所が正しいかどうかを確認してください。

最近使用したファイルの一覧からファイルを開こうとしている場合は、そのファイルの名前が変更されていないこと、移動または削除されていないことを確認してください。

この警告は、『OK』ボタンを押して閉じれば問題ないようです。

それでは、アドインを削除する手順です。

アドインを無効化します

まず、削除したいアドインを無効化します。

『Officeボタン』を押して、『Excelのオプション(I)』から『アドイン』を開きます。

『アドイン』画面にある『管理:Excel アドイン』のとなりの『設定(G)…』を押します。

『アドイン』ダイアログが出ます。

無効化したいアドインのチェックをはずして、『OK』を押します。

これで、アドインの無効化が完了しました。

いったんエクセルを終了します。

アドインファイルを移動します

次に、削除したいアドインファイル(.xlam)を、アドインフォルダから移動します。

デフォルトでは、以下のアドインフォルダにあります。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\AddIns

ほかの場所に保存しているアドインであれば、エクセルに登録した時の場所から移動します。

適当に、デスクトップにでも移動すればOKです。

エクセルを起動します

エクセルを起動します。

アドインのチェックボックスを操作します

『Officeボタン』を押して、『Excelのオプション(I)』から『アドイン』を開きます。

『アドイン』画面にある『管理:Excel アドイン』のとなりの『設定(G)…』を押します。

『アドイン』ダイアログが出ます。

削除したいアドインのチェックボックスを操作すると、『アドインが見つかりません。リストから削除しますか?』と聞かれます。

『はい(Y)』を押すと、有効なアドイン(A)から削除されます。

これで、アドインの削除が完了しました。

以上です

エクセルに自作アドインを追加したら、すべてのエクセルファイルからマクロを呼び出せるようになって、とても便利になりました。

アドインファイルの作成方法、登録方法、削除方法が分かれば、安心してアドインを使えるようになります。

アドインの削除方法だけが分かりにくかったです。

アドインを編集するときは、アドインファイル(.xlam)ファイルを直接開いて編集します。

数式の表示形式(A1⇔R1C1)を切り替えるマクロや、先頭行を固定してオートフィルタを設定するマクロなどは、アドインにしてクイックアクセスツールバーに登録しておくと便利でした。

マクロをアドイン化しておくと、マクロを保存したエクセルファイルを一緒に開かなくていいので、見た目もすっきりしました。

スポンサーリンク
Excel
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました