【株式投資】徹底した決算分析で良い企業が見つかるのか?

スポンサーリンク

徹底的に決算分析をすることで、良い企業にめぐり合える確率は、あがります。

まちがいなく、あがります。

ハズレの銘柄をはじけば、そのぶん、良い銘柄を選ぶ確率が上がるからです。

決算分析を徹底するときは、広く浅く、徐々に深読みしていくのが良いと思っています。

決算分析はどこまで通用するのか?

でも、決算分析って、実際どこまで通用するんでしょうか?

決算書は未来を約束したものではなかった

結局のところ、決算書は過去の実績であって、未来を約束してるもの『ではない』んですよね。

決算書の免責事項にも書かれています。

財務諸表の数字を追っても、決算の説明文を読んでも、未来はわからないわけであります。

決算分析は成功確率をあげる程度のもの

だから、決算分析が通用するのは、せいぜい『成功確率をあげる程度の範囲』なんだろうなって思います。

良い銘柄にめぐり合える確率は上がるけど、絶対に当たるってわけじゃないから、分析は『ほどほど』で良いんじゃないかと、そう思っています。

スポンサーリンク

決算分析のやり方は『広く浅く、徐々に深く』が良かった

あと、決算分析を『徹底する』のやり方ですね。

最新の決算を広く浅く見て行って、企業を絞り込みながら深読みしていくアプローチが良かったです。

見込みのない企業を無視する

見込みのない企業は無視します。

これは買わなくていい銘柄』だと思ったら、分析をやめます。

人生の貴重な時間を節約します。

良さそうな企業を絞り込んでいく

良さそうな企業だけを『徐々に』絞り込んでいきます。

最新の決算を他社と見比べながら、光っている企業を残す作業です。

買うかもしれない銘柄』だと思ったら、少しずつ深読みしていきます。

企業の良さを、ほかの企業と見比べながら、徐々に深掘りしていきます。

自分の中で、良いと思う企業のランキングを作っていきます。

時間をかけて1社ずつ深堀りするアプローチは良くなかった

株式投資を始めたばかりのころは、1社を深掘りしてから、次の1社を深堀りしていく方法を試したこともありました。

でも、良くなかったですね。

企業を知る勉強にはなりましたが、『他と比べてどうなのか?』というのが、いつまでたっても判断できませんでした。

自分の中で『企業ランキング』ができないまま、時間ばかりが過ぎていきました。

数学の絶対値のようなもので判断することはできなかったです。

ですので、決算分析を徹底するなら、徐々に絞り込んでいくアプローチが良いと思いました。

決算分析は、他社と比べたときにこそ光ります。

1社に時間をかけるアプローチだとなかなか良い企業に当たらない

あまり1社に時間をかけていると、すぐにわかる良い企業に、なかなか気づけません。

そういうわけで、決算分析を徹底するときは、『広く浅く、狙いを定めながら、徐々に深く』を心がけています。

スポンサーリンク
企業を探す視点
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました