財務分析はだれがやってもだいたい同じ結果になる【株式投資】

スポンサーリンク

決算書の数字で財務分析する作業は、『だれがやっても同じ結果になるんじゃないか?』って思っています。

財務分析といいますか、『金額の推移』や『指標の推移』をグラフ化する作業のところです。

もちろん、『売り上げと一緒に何をプロットするのか?』とか、『どんな指標を作るのか?』とか、『厳密な方法で計算するのか、ざっくり簡単な方法で計算するのか』とか、そういったところで違いはでてきます。

けれども、財務が良さそうな企業って、どんな勘定科目を取り出してみても、だいたい良さそうなグラフができるんですよ。

良い企業はどこを切っても良い。よくない企業はどこを切っても悪い。

XBRLでいろいろグラフ化してみて、そう感じました。

頑張って、少しずつ厳密な計算方法に改善していった時期もあったのですが、企業ランキングが引っくり返るような変化はなかったです。

財務分析はざっくりでいい

そう思いました。

スポンサーリンク

たぶん、財務分析はだれがやっても、大したちがいは出ないんじゃないかって思います。

とくに、決算短信や有価証券報告書の最初のページにあるサマリです。

サマリの金額を分析して企業ランキングを作るくらいなら、個性は出ないと思います。

だれが分析をしても同じ結果になるのですから、そういった分析結果のグラフやランキングは、だれでも見られるようになってほしいなって思います。

株式を買う前に、基本的なグラフを簡単に見られるようになればいいなって。

もちろん、全上場企業のグラフをです。

そうすれば、時間がない人や、分析にあまり興味がない人でも、企業の財務状況を把握できるのになって思います。

バリバリ財務分析する人なら、○○回転率の変化とか、財務状況の機微(きび)にもっと注意を払えるようになると思います。

分析の発展と効率化は、二人三脚で進むのです。

幸いにも、XBRLの分析結果を公開しているサイトが、毎年のように登場しています。

この流れをくんで、会社四季報の紙面についても、財務をグラフで示してほしいなって思います。

『株価はチャートで示している』のに、『財務は数字を並べているだけ』で、いまいち財務が把握できないなって思っていました。

あ、でも、各企業の総評コメントは好きです。

まずは、決算書のサマリの時系列グラフが、もっと広く普及することを願っています。

スポンサーリンク
企業を探す視点
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました