Excelのフォントをデフォルトから変更する方法【Excelオプション】

エクセルのフォントを『デフォルトから変更する方法』です。

エクセルの『デフォルトフォント(標準フォント)』は、変えることができます。

やり方です。

Excelのオプション』で『使用するフォント』を変更します。

この方法が一番簡単でした。

Excelの設定を変えるアプローチです。

ここでは、『MS Pゴシック』を『MS ゴシック』に変更する手順を紹介します。

同じ手順で、『游ゴシック(ゆうゴシック)』を『MS Pゴシック』にすることもできます。

フォントを変える手順

一番簡単な方法です。

『Excelのオプション』で『使用するフォント』を変更します

Excelを起動して、『Officeボタン』から『Excelのオプション(I)』を開きます。

『基本設定』の『新しいブックの作成時』にある『使用するフォント(N):』で、使いたいフォントを指定します。

あとは、『OK』ボタンを押して完了です。

Excelの再起動を促すダイアログが出るので、『OK』ボタンを押します。

Excelを終了します。

これで、次回から指定したフォントで起動するようになりました。

スクリーンショットで具体例を紹介します。

スポンサーリンク

『使用するフォント』の変更例(スクリーンショット)

『フォント』と『フォントサイズ』の変更例です。

『MS Pゴシック (フォントサイズ 11)』から、『MS ゴシック (フォントサイズ 10)』に変更します。

フォントサイズの変更は、変えたい場合だけ変更します。通常は変更不要です。

Excel 2007では、『MS Pゴシック』のサイズ『11』が、デフォルトの設定になっていました。

これを『MS ゴシック』のサイズ『10』に変更します。

Excelを起動して、『Officeボタン』から『Excelのオプション(I)』を開きます。

『基本設定』の『新しいブックの作成時』にある『使用するフォント(N):』で、『MS ゴシック』を指定します。

そして、『フォント サイズ(Z):』に『10』を指定します。

デフォルトのフォント

『MS ゴシック』とフォントサイズ『10』を指定

あとは、『OK』ボタンを押して完了です。

Excelの再起動を促すダイアログが出るので、『OK』ボタンを押します。

標準フォントの設定が変更されました。設定を有効にするには Excel を再起動する必要があります。

Excel を終了します。

これで、Excelのデフォルトフォントが、『MS ゴシック』のサイズ『10』になりました。

以上です

『Excelのオプション』で『使用するフォント』を変える方法は、一番簡単です。

セルの標準フォントを変えるだけなら、おすすめです。

グラフやテキストボックスのフォントを変えたいときは『テーマのフォント』を使います

『Excelのオプション』を使った方法では、『セルのフォント、行番号のフォント、列番号のフォント』が変わります。

一方で、『グラフやテキストボックスのフォント』などは変わりませんでした。

もし、グラフやテキストボックスのフォントも一括で変えたい場合は、『テーマのフォント』を使います

スポンサーリンク
Excel
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました