Excelのデフォルトフォントを一括で変更する方法【テーマのフォント、Excelテンプレート】

エクセルの『デフォルトフォント』を『まとめて変更する方法』です。

セルやグラフの『デフォルトフォント(標準フォント、既定のフォント)』は、『MS Pゴシック』か『游ゴシック(ゆうゴシック)』だと思います。

ここでは、『セルのフォント』、『グラフのフォント』、『テキストボックスのフォント』などを、まとめて変更する方法を紹介します。

Excel VBAなどは不要です。

やり方です。

『ページレイアウト』の『テーマ』にある『フォント』で、『新しいテーマのフォント パターン』を作るだけです。

『英数字用のフォント』と『日本語文字用のフォント』を、同時に指定できます。

『フォントパターン』の設定は、Excelが記憶します。もちろん、記憶した設定は削除もできます。

これで、『テーマ』の『フォント』に、ユーザー定義の『フォント』が追加されます。

あとは、『テーマ』の『フォント』から、ユーザー定義の『フォント』を選ぶだけです。

セルを含めて、さまざまなフォント設定が一括で変わります。

『テーマ』の『フォント』を使うことで、『Excel起動時』や、『CSVファイルを読み込んだあと』に、すばやくフォントを変えることができます。

『テーマ』の『フォント』を使うと、『セル・グラフ・テキストボックス』などのフォントが、一括で変わります。

フォントの変更漏れが大幅に減るので、テーマのフォントを使った方法は、非常におすすめです。

エクセルのフォントを変更して起動するときは、『Excelテンプレート (.xltx)』を使います。

エクセル起動時にフォントを変えるには、『Excelテンプレート』アイコンから起動します。

『Excelテンプレート』の作り方です。

『テーマ』の『フォント』を選択してから、『名前を付けて保存』で作ります。

以下、具体的な方法を紹介します。

スポンサーリンク

フォントの種類を一括変更する方法

フォントの種類を一括で変えるときは、『ページレイアウト』の『テーマ』にある『フォント』で指定します。

使いたいフォントは、あらかじめ『新しいテーマのフォント パターンの作成(C)…』から追加しておきます。

『新しいテーマのフォントパターンの作成』でフォントを追加する

『ページレイアウト』タブを開いて、『テーマ』の『フォント』にある『新しいテーマのフォント パターンの作成(C)…』を押します。

『新しいテーマのフォント パターンの作成』が開きます。

ここで、デフォルトのフォント(標準フォント、既定のフォント)を変更します。

デフォルトのフォント設定

『英数字用のフォント』と『日本語文字用のフォント』を指定する

フォントは、『英数字用のフォント(見出し・本文)』と、『日本語文字用のフォント(見出し・本文)』の4種類を指定します。

ここで指定したフォントが、『セルのフォント、グラフのフォント、テキストボックスのフォント、図形のフォント、ワードアートのフォント、ヘッダーのフォント、フッターのフォント』などに反映されます。

ここでは例として、『MS ゴシック』を指定しました。

すべてのフォントを『MS ゴシック』に変更

『名前(N):』は、デフォルトのまま『ユーザー定義 1』としました。

わかりやすく『MS ゴシック』にしてもOKです。

『保存(S)』を押して、ウィンドウを閉じます。

これで、『テーマ』の『フォント』に『ユーザー定義のフォント』が追加されました。

『ユーザー定義のフォント』を選択する

『ページレイアウト』タブを開いて、『テーマ』の『フォント』からフォントを選びます。

自分で作ったフォントは、『ユーザー定義』として、一番上に出てきます。

フォントを選ぶと、『セル、グラフ、テキストボックス、図形、ワードアート、ヘッダー、フッター』などのフォントが、一括で変わります。

以上です

『ユーザー定義のフォント』を作っておけば、いつでもフォントの一括変更が可能です。

『ユーザー定義のフォント』は、Excelが記憶してくれます。

いつでも設定を呼び出すことができて、とても便利でした。

『Excel起動時』や『CSVファイルを読み込んだあと』にも、『テーマ』の『フォント』を選択することで、すばやくフォントを変えることができました。

スポンサーリンク

フォントが変わらないときは『Excelのオプション』で『使用するフォント』を『本文のフォント』にする

『Excelのオプション』で『使用するフォント』を変えた場合は、テーマのフォントを変えても、セルのフォントが変わりませんでした。

なので、テーマのフォントを変更するときは、『使用するフォント(N):』を『本文のフォント』にします

ユーザー定義のフォントを削除する方法

テーマのフォントに追加した『ユーザー定義のフォント』は、右クリックメニューから削除できます。

『ページレイアウト』タブを開きます。

『テーマ』の『フォント』で、削除したいフォントを右クリックします。

『削除(D)…』を押します。

確認ダイアログが出るので、『はい(Y)』を押します。

これらのテーマのフォントを削除しますか?

1つのフォントだけなのに『これら』と書かれていますが、ちゃんと1つだけ消えました。

スポンサーリンク

Excel起動時にフォントを一括変更する方法

エクセルのフォントを変更して起動するときは、『Excelテンプレート (.xltx)』を使います。

『テーマ』の『フォント』を選択してから、『名前を付けて保存』で作ります。

『テーマ』の『フォント』からフォントを選ぶ

『ページレイアウト』タブを開いて、『テーマ』の『フォント』からフォントを選びます。

使いたいフォントがなければ、先に『新しいテーマのフォント パターンの作成(C)…』で作っておきます。

Excelテンプレートとして保存する

『Officeボタン』を押して、『名前を付けて保存(A)』の『その他の形式(O)』を開きます。

『Excelテンプレート (.xltx)』形式で、ファイルに保存します。

ファイル名は『MSゴシック』にしました。ファイル名は何でもOKです。

保存場所は、デスクトップなどでOKです。

Excelテンプレートのアイコンから起動する

『Excelテンプレート』のアイコンをダブルクリックして、Excelを起動します。

これで、指定したフォントでExcelが起動しました。

以上です

テンプレートファイルを使うと、エクセルを起動するだけでフォントが適用されます。

おかげで、毎回フォントを指定する手間が省けました。

ユーザー定義のフォントを作っておくだけでも、かなり便利だったのですが、テンプレートファイルを組み合わせたことで、さらに便利になりました。

Excelテンプレートを編集するときはアイコンを右クリック

『Excelテンプレート』は、あとから編集することができます。

アイコンを右クリックして『開く(O)』を押すと、上書き保存可能な状態で『Excelテンプレート』が開きました。

テンプレートの内容を変えたいときは、このようにして開いてから、設定変更と上書き保存をします。

テーマのフォントを使ったアプローチは非常におすすめ

『テーマ』の『フォント』を使ったアプローチは、非常におすすめです。

『セル、グラフ、テキストボックス、図形、ワードアート、ヘッダー、フッター』などのフォントを、一括で変更できました。

『英数字用のフォント』と『日本語文字用のフォント』も、一括で変更できます。

フォントの変更漏れが大幅に減りました。

一方で、『Excelのオプション』で『使用するフォント』を変更するアプローチもあります。

しかし、セルのフォントしか変わりませんでした。

グラフやテキストボックスのフォントは、変わらずそのままでした。

なので、フォントの種類の一括変更は、『テーマ』の『フォント』から行うのがおすすめです。

マイクロソフトの解説ページ

公式ページに、テーマのフォントを解説しているページがありました。

Word または Excel でテーマを変更して既定のテーマにする – Office サポート

フォント設定の解説は、『テーマのフォントを変更する』という項目にありました。

スポンサーリンク
Excel
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました