テキストファイルウィザードが無いときは『Excelのオプション』で出します

スポンサーリンク

『外部データの取り込み』は、『データの取得と変換』に変わりました。

『外部データの取り込み』にあった『テキストファイルウィザード』の出し方です。

まず、『Excelのオプション』の『データ』⇒『レガシ データ インポート ウィザードの表示』にある『テキストから (レガシ)』に、チェックを入れます。

次に、『データ』タブを押す⇒『データの取得と変換』⇒『データの取得』を押す⇒『従来のウィザード』を押す⇒『テキストから (レガシ)』を押す。

これで、『テキストファイルウィザード』が出ます。

Excel 2016 や Excel 2019 で『テキストファイルウィザード』を使うときは、『Excelのオプション』で出してから使います。
従来のExcelでは、『データ』タブ⇒『外部データの取り込み』⇒『テキストファイル』で、『テキストファイルウィザード』が出せました。
Excelに『外部データの取り込み』が無いときは、同じ機能を『Excelのオプション』で出すことができます。(『従来のウィザード』という名前で出ます。)
スポンサーリンク

テキストファイルウィザードを出す方法

『Excel 2016』や『Excel 2019』で『テキストファイルウィザード』を出す手順です。

マイクロソフトの公式ページに解説がありました。

機械翻訳の日本語が意味不明でしたが、スクリーンショットは参考になりました。

『テキストファイルウィザード』は、『Excelのオプション』で出します。

『Excelのオプション』を開きます

まず、『Excelのオプション』を開きます。

『テキストから (レガシ)』にチェックを入れます

『データ』の『レガシ データ インポート ウィザードの表示』にある、『テキストから (レガシ)』にチェックを入れます。

これで、リボンの『データ』タブ⇒『データの取得と変換』⇒『データの取得』に、『従来のウィザード』が出ます。

『従来のウィザード』から『テキストから (レガシ)』を選びます

リボンの『データ』タブを押す⇒『データの取得と変換』⇒『データの取得』を押す⇒『従来のウィザード』を押す⇒『テキストから (レガシ)』を押す。

これで、『テキストファイルウィザード』が出ます。

以上です

(問題の解決につながれば幸いです)

スポンサーリンク
Excel
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました