【殻が薄い】卵の殻がすごく薄いけど味は普通においしかった【鶏卵】

ドラッグストアや大手スーパーで売っている10個入りのたまごに、ときどき殻の薄いたまごがありました。

『卵の殻が薄い…?』

手に持った感じですぐに分かりました。

やさしく持たないと割れてしまいそうな儚さ。

殻の表面につぶつぶが多くてざらざらしてて、ほかの卵とはちょっとちがう手ざわり。

ボウルの横に『コツン』としただけで、殻が『クシャ』っとくずれてしまいました。

卵の殻がもろい。

ですが、味や風味に変なところはなかったです。

卵の殻をハシで取って、たまご焼きにして食べました。

普通においしかったです。ご馳走様でした。

さて、この殻の薄い卵です。

スポンサーリンク

いつから卵の殻が薄くなったのか?

べつに、最近になって急に殻が薄くなったわけではないです。

殻の薄い卵に気がついたのは、北海道に住んでいた2006年頃でした。

いつもの調子で卵を割っていたら、『コツン』で『クシャァ…!!』と崩壊しました。

『な、なんだこの卵は!?よく今までたまごの形してたな??』

で、たまご焼きにして食べたのですが、おいしかったです。ご馳走様でした。

殻の薄い卵は広く流通している

その後、北海道から関東に引っ越しました。

殻の薄い卵は、相変わらずありました。

もしかしたら、『北海道で自分の住んでいた地域限定だったのかもしれない』と思っていました。

しかしどうも、地域によらず、殻の薄い卵は流通してるようでした。

ここで、殻の薄い卵は普通に存在するものなんだと、納得しました。

『ああ、なるほど。たまごの殻って厚かったり薄かったりするものなんだね。』

殻が薄いと、崩れやすくて割りづらかったですが、それ以外は特にデメリットはなかったです。

普通の卵も殻の薄い卵も、どちらもおいしい卵でした。

スポンサーリンク

ブランド卵の殻はゴツかった

一方で、普通の卵と比べて、3倍くらいの値段で売っているブランド品のたまごは、殻が厚かったです。

殻が厚いというか、ゴツかったです。

普通の卵で殻がしっかりしているやつよりも、さらにゴツかったです。

殻の厚さとおいしさの関係は分かりませんが、ブランド卵はおいしかったです。

『たまごの味って、そんなに変わるものなんだろうか?』

そう思って、ブランド品の卵をためしに買ったみたわけなのですが、卵の殻も白身も黄身も、非常にしっかりしていました。

玉子焼きにしても、目玉焼きにしても、固さがあって非常に食べごたえがありました。

『ブランド卵は、普通の卵よりも食べごたえがある。』

普段はふつうの卵を買っていますが、たまにはブランド品の卵もいいかもしれませんね。

ブランド品であっても、殻の厚さはいろいろあるかもしれませんが、食べごたえや満足度は、いくらか高い傾向にあると思います。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました