【たった1つの理由】株式投資でプログラミングがぶっちゃけ必要ない理由【銘柄分析】

株式投資にあたって、『プログラミングがぶっちゃけ必要ない』と思う理由です。

プログラムを書くのに時間がかかる

これに尽きます。

なぜ、株式投資でプログラミングが必要ないのか?

プログラム開発にめちゃめちゃ時間がかかったから!

これです。1番の理由は『時間』ですね。

プログラム開発には、ものすごい時間がかかりました。

とにかく時間がかかった!

XBRLエックスビーアールエルファイルから、財務のグラフを出すだけでも、最初は3か月コースでした。

3か月です!

3か月もあれば、四季報を3回くらい読み返せます。

3か月も経ったら、次の四季報が発売されちゃいますね。

グラフこそ、株価チャートが中心の四季報でしたが、紙面の企業解説は楽しかったですし、良さそうな銘柄も見つかりました。

自前のプログラムにこだわる必要は、まったくないと思います。

グラフやツールは証券口座にあった!

財務情報のグラフや、銘柄の絞り込みツール(スクリーニングツール)に関しても、たいてい証券口座にありました。

四季報を見て、良さげな企業を、証券口座でチェックする。

これが、1番手っ取り早くて、効率的で、良い方法だと思います。

さらに企業を知りたいときは、決算説明会資料、決算短信けっさんたんしん有報ゆうほうなどを読みました。

自前でプログラムを用意しなくても、出来合いのもので結構いけました。

時間のかかるプログラム開発は、必須ではないと思います。

もし、財務分析に興味があって、証券口座を持っていないのなら、証券口座の開設を強くお勧めします。

証券口座にログインしたら、株式を買わなくても、自由に企業リストが作れました。

株価チェック、財務チェック、企業概要のチェックも、企業リストから便利にできました。

(企業リストは、一般に『ポートフォリオ』と呼ばれていました。)

証券口座を持っていないと、なかなか実感できませんが、実は、ツールはひと通り用意されていたのです。

それを見れば、『あまり自分でプログラミングする必要はないかな?』って、思うはずです。

『長期的な業績グラフ』も証券口座で見れた

自分は、SBI証券エスビーアイしょうけんで口座を作ったのですが、いつからか、国内上場企業の『過去10年分(10期分)』の業績グラフが見られるようになっていました。

『分析の匠』という、SBI証券の国内株式銘柄分析ツールでした。

自分でプログラムを書かなくても、口座にログインするだけで、『長期的な業績グラフ』が見られるわけです。とても便利でした。

初めての人におすすめのネット証券と証券口座の作り方(無料)』という記事を書きました。

ほかにも、マネックス証券が良いと思いました。

口座は持っていないのですが、銘柄分析ツールの『マネックス銘柄スカウター』が、とても良さそうでした。

自分はつねづね、『長期的な業績の推移』という視点で、銘柄をスクリーニングしたいと思っていました。

マネックスの銘柄スカウターは、それを実現していました。

これは、自分が欲しかったものだ』と思いました。

もし、まだ、証券口座を持っていないのであれば。

プログラムを書く前に、口座を開設することをおすすめします。

ログインするだけで使える無料のツールを、実際に使ってみるのです。

それだけで、銘柄分析の世界が、一気に広がります。

ツールのメンテナンスも、証券会社がしてくれました。

一方で、自分でプログラムを作った場合ですが、作ったあとのメンテナンスが、意外に大変でした。

開発後のメンテナンスに時間を取られた!

自分でプログラムを作った場合は、作った後にも時間がかかりました。

情報源のファイル形式が変わったとかで、たびたび、プログラムの修正が必要になりました。

作った直後は、便利に使えたんですけどね。

企業分析に使う一方で、こまごまとしたメンテに時間を取られました。

それならば、ということです。

既存のツールを便利に活用して、企業分析に集中したほうが良いです。

証券市場の制度変更や、ファイル形式の変更にも、順次対応してくれます。

開発なんてせずに、時間をすべて分析にあてられるのです。

だから、『良さそうな株をリストアップする、選ぶ、買う、保有する。』といった目的が、早期に果たせます。

自前のプログラム開発では、『最初の開発』と『その後のメンテナンス』が、とても大変でした。

なぜ財務分析プログラムを書いているのか?

(画像は、詳細なXBRLパーサーのコード例で紹介したものです。)

ではなぜ、メリットのなさそうなプログラムを、自分が書いているのか?です。

儲かる株を調べたい一心で書き始めました!

初めは、『儲かる株を調べたい一心』で、Python プログラムを始めました。

そして、『財務の長期的な時系列じけいれつグラフを見たい』とか、それを使って『株価予想がしたい』とか、具体的にやりたいことが出てきました。

あと、『ちまた俗説ぞくせつや、格言かくげんを検証したい』といった思い付きですね。

検証の結果ですが、俗説も格言も、無視して OK という結論に至りました。実際に自分で色々なグラフを重ねてみた結果、『やっぱりアテにならないな。』という印象を受けました。なので、自分が良いと思った銘柄を、『わざわざ俗説や格言に照らして曲げる必要はない』と、そう思うようになりました。

これまで疑問に思っていたことを、どんどん調べていきました。

作ったプログラムが、役に立つのか?立たないのか?

そんなことはまったく気にすることなく、ただただ、興味のおもむくまま、プログラムを書いていました。

プログラムを書いてたら楽しくなったから!

今はもう単純に、プログラムを書くのが楽しいから書いています。

『プログラミングがぶっちゃけ必要ない理由』などと書きましたが、趣味や興味の赴くまま、開発を楽しんだり仮説を検証したりする価値は、大いにあると思います。

また、短期的な株価予想には失敗しましたが、全上場企業の財務情報を、自在にグラフ化できるようになったのは、大きな収穫でした。

株価予想に関しても、数年単位の長期的な視点で見れば、結局、財務に見合ったものになっている、ということがわかりました。

純粋な投資目的なら、まずは、情報誌や証券口座のツールを使うのが一番だと思います。

ほかにも、財務情報をわかりやすい形で提供してくれる有料サービスが、いろいろありました。

手ごろな価格帯のサービスも登場してきました。

情報誌や証券口座に加えて、そういったサービスを便利に使いこなすのが、最良の選択だと思います。

そして、プログラミングに興味があったり、さまざまな仮説を自分なりに検証してみたいと思った時です。

そのときは、財務分析プログラムの開発がおすすめです。

短期的な株価予想以外であれば、得られた知見ちけんは多かったです。

財務分析をお勧めする理由とプログラムのコード例

データ分析のテーマとして、財務分析をお勧めする4つの理由を書きました。

これまでに書いたプログラムのコード例は、XBRLで財務分析する方法のまとめに書きました。

財務分析の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました