有望銘柄を手っとり早く効率的に探す方法を考えた結果 ⇒ 証券口座の財務分析ツール

スポンサーリンク

 

財務分析ツールで、理想的なものが出始めています。

企業業績の10年チャート(10年グラフ)です。

なぜ、有望銘柄の発掘に長期のグラフが必要なのか?

銘柄の良さが、ひと目で分かるからです。

増収増益を繰り返しているのか?

減収減益で今に至るのか?

そういった業績の方向感が、ひと目でわかります

効率的に、たくさんの企業を見ていくことができます。

だから、有望銘柄の発掘に、長期の業績チャートが必要なのです。

10年以上の長期的な業績グラフは、『マネックス証券』と『SBI証券』が、無料で提供していました。

スポンサーリンク

たしか、2015年ごろには無かったと思います。

今は、自分でグラフを作らなくてもいいのです。

『日本の上場企業』限定ではありますが、証券口座を開設するだけで、理想的なグラフを見ることができます。

この知らせは、非常にありがたく、とてもうれしかったです。

そこで改めて、有望銘柄を手っとり早く、効率的に探す方法を考えた結果です。

証券口座の財務分析ツールを使うのが良い。

そう思いました。

なぜ、証券会社の分析ツールを使うのが最良なのか?

すぐに使えるからです。

これに尽きます。

『エクセルやカルク』でグラフを作るのは、大変な作業でした。

『手作業』ですべての企業を網羅するのは、不可能でした。

個人でやるなら、『XBRL(エックスビーアールエル)』ファイルを使えばできます。

ですが、グラフを出せるようになるまで、とても時間がかかりました(お察しください)。

そこで、証券口座です。

ログインするだけで、詳しいグラフが見られるのです。

使わない手はありません。

いま、証券口座は、銀行口座とおなじくらい当たり前に持つ時代です。

そういったなかで、『だれもが』、『ひと目で』、業績の推移を消化できるようになりました。

グラフになっていれば、意識せずとも、あたまに入ってきます。

これはまちがいなく、適切な投資判断の役に立ち、健全な株式市場の発展につながる成果だと、自分は思います。

ひと目でわかる財務分析ツールが、すぐに使える

だから、有望銘柄を手っとり早く効率的に探す方法として、証券口座の財務分析ツールがおすすめなのです。

特に、マネックス証券の『マネックス銘柄スカウター』が良さそうでした。

マネックス証券の口座は持っていないので、ニュースリリースを拝見しただけなのですが、重要な機能がありました。

業績の『推移』に着目した、企業の絞り込みツール(スクリーニングツール)です。

増収や増益を『繰り返しているか?』といった視点で、企業をリストアップすることができるようです。

『長期実績(ちょうきじっせき)』というカテゴリーにありました。

最長10年の業績チャートと、それを利用した絞り込みができる。

非常に重要で、ありがたい機能です。

一方で、SBI証券のほうは、最長10年間の業績チャートだけでしたが、これだけでも非常にありがたい進化です。

もし、まだ証券口座を持っていないのなら、さっそく各社の口座開設ページを見るのがお勧めです。

証券口座の開設や維持に、費用や手数料はかかりません(2019年7月の時点)。

各社のヘルプページへのリンクです。

口座開設や口座の管理・維持に費用はかかりますか? | マネックス証券

その他費用/マネックス証券

口座開設にかかる費用や口座管理料は?|よくあるご質問Q&A|SBI証券

その他の費用|SBI証券

もちろん、証券口座は閉じる(閉鎖する、退会する、解約する、口座閉鎖する)こともできます。

もし、上場企業の財務分析に興味があるのなら、証券口座ですぐに使える財務分析ツールを利用するのがおすすめです。

財務分析に必要なツールが、実は揃っている

証券口座を持っていないと、なかなか実感しづらいところです。

さて、証券会社のツールだけでは物足りない場合です。

その時は、XBRLを利用して、自分専用の決算データベースを作るのがおすすめです。

プログラムの開発には時間がかかりましたが、不可能ではなかったです。

XBRLの取得方法、XBRLパーサーの作り方、グラフ化・分析までの道のりは、XBRLまとめで公開しています。

儲かる株を調べたい

その一心で開発してきた道のりが、そこにはあります。

株式投資にあたって、『プログラミングはぶっちゃけ必要ない』とも書きました。

しかし一方で、プログラミングで財務分析をお勧めする理由は、4つくらいあります

ところで、長期的な業績の推移が、簡単に見られるようになったというのは、本当にありがたいのです。

まあ、業績の推移は、あくまで、企業の良さをしらべる視点のひとつです。

あくまで、視点のひとつにすぎません。

しかしながら、この業績の推移を知ることが、どれほど大変なことであったか…!

一目でわかるグラフが、すぐに見られるようになった。

これで、企業分析の程度は、さらにさらに深くなっていくと思います。

個々の企業には、企業理念や経営者の考え方・経営方針などがあります。

そういった、数値化できない定性的(ていせいてき)な情報です。

そこに、今まで以上に、目を向けられるようになります。

これまでは、株価の推移と、最新の決算だけをもって、企業を評価する。

そういう空気を感じていました。

だがしかし、です。

上場企業の株式は、企業が『成長しよう成長しよう』と務めているからこそ、価値があって、価値が増していくのだと、自分は思っています。

そういった企業の姿勢をしらべる時間。

それを作りだすために、業績の10年チャートは有用なのです。

数ある上場企業を見ていったところ、中には、上場の経緯からして、成長する気のない企業がありました。

なぜ、上場審査を通ったのか…!

また、上場してから長い歴史を持ちながら、すっかり熱さを失ってしまった企業もありました。

なぜ、そんなことになってしまったのか…!

だからこそ、です。

将来に期待するなら、やはり、『成長しよう成長しよう』と努めている企業です。

そういった有望銘柄を効率的に見つけるために、長期の業績グラフは有用なのです。

自分で作るのは大変でしたので、まずは、証券口座で使える無料の分析ツールです。

まずは、すぐに使える分析ツールを、便利に使いこなすのがおすすめです。

これが、『有望銘柄を手っとり早く効率的に探す方法を考えた結果』です。

いつか、『株価の推移』に、『業績の推移』や『開示情報』などを重ねたグラフも見られるようになったらいいなと、期待しています。

株価と財務のマルチチャートA 7203 トヨタ自動車株式会社

スポンサーリンク
企業を探す視点
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました