【蚊に効く】蚊取り線香で蚊が落ちたところを見た

蚊取り線香(かとりせんこう)で、実際に蚊(か)が落ちた瞬間を見ました。

2019年の初夏(しょか)、部屋にステルス状態の蚊が飛んでいました。

羽音(はおと)はするのに、姿が見えない。

アースジェットをモスキートにシュゥゥゥー!!しようにも、姿が見えない。

蚊取り線香を買ってきました。

スポンサーリンク

アース渦巻香(うずまきこう)、バラの香り。

蚊取り線香は、英語でモスキートコイル (MOSQUITO COIL) っていうんですね。

線香をたいて、付属の線香皿に置こうとしたところ、つきまとっていた蚊が目の前に落ちました。

久しぶりに蚊取り線香を使いましたが、やはり効き目はあるんですね。

目の前の机にポトリと落ちた蚊が、小刻みに足を震わせていました。

たぶんですが、線香をたいた直後の濃い煙をくぐっちゃったんだと思います。

『蚊取り線香(かとりせんこう)』の名前は伊達(だて)ではなくて、本当に蚊を取ることができました。

そして、別に目に見える濃い煙でなくても、蚊取り線香は蚊に効くようでした。

線香をたいて30分くらいたつと、ほかにも飛んでいた蚊がいなくなりました。

ここで、ふと疑問に思いました。

『全然見えないけど、蚊取り線香の煙って、そんなに広がっているんだろうか?』

そこで、まぶしい光を放つLEDペンライトで、蚊取り線香を照らしてみました。

すると、見えなかった薄い煙が、かなり見えるようになりました。

これで、蚊取り線香の煙が薄く部屋に広がって、蚊の成虫に効いているんだと実感しました。

蚊が飛べない空間になっていたわけですね。

部屋にペットなどはいないので、蚊取り線香は有用なアイテムでした。

デメリットとしては、部屋に線香の香りがしばらく残ってしまうこと(3日間くらい)。

バラの香り(花っぽい香り)とお線香の香りが結構残りました。

次第に薄くなりましたが、やっぱり外から帰ってくると、蚊取り線香の香りに気づいてしまいますね。

30巻も買うつもりはなかったのですが、あいにく少量パックが品切れ中でした。

それにしても、缶のデザインが良いですよね。

普通の緑色の渦巻香(うずまきこう)もあったのですが、バラ色の缶が凄く華やかで良かったので、バラの香りの方を買ってみました。

たまたまですが、蚊が落ちた瞬間も見られたので、よかったです。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました