【ブロッコリーの皮】茎の皮もいっしょに丸ごとブロッコリーを食べた経験談

スポンサーリンク

 

ブロッコリーは固そうに見えたけど、皮もいっしょに丸ごと食べることができた。

そして、ゆでるとすぐにやわらかくなったので、とても便利だったというお話です。

生のブロッコリーを買ってきたときは、いつも丸ごと食べています。

茎(くき)の皮をむいて食べることもありますが、面倒なので、ブロッコリーは皮ごと食べてしまうことが多いです。

ブロッコリーの皮の味ですが、とくに味はしなかったです。

皮の繊維質が少し口に残る感じがありましたが、それも茎の切り方でどうにでもなる程度のものでした。

ブロッコリーの茎(くき)は、ラーメンのナルトみたいな輪切りにしたら、ほとんど気にならなくなりました。

ちなみにですが、ブロッコリーの茎を切らずにまるごと食べたときの繊維感です。

皮付きのじゃがいもよりは、口に残る感じがしました。

人に出す料理であれば、ブロッコリーの皮は向いておいたほうがいい気もします。

自分で食べる分には、食物繊維の補給源として、ありがたく頂いています。

ところでブロッコリーって、スーパーで見ると固そうに見えますが、数分ゆでるだけでホクホクにやわらかくなる不思議な野菜なんですよね。

ブロッコリーの太い茎も、まるでお芋のような食感になりました。

すぐにやわらかくなります。

あまり20分も30分も長くゆでていると、色が変わって、緑色からくすんだ黄色になります。

そして、食感がなくなるくらい、ふにゃふにゃになりました。

まあでも、自分で食べる分には、何色でもフニャフニャでもいいです。

ブロッコリーはいい野菜ですね。

サッと洗えて、丸ごと茹でて、皮ごと食べられる。

すごく便利な野菜だなって思っています。

ブロッコリーの価格ですが、1株158円とか、178円とかで買えました(税別)。

冷凍食品のブロッコリーもおいしかったです。

冷凍ブロッコリーの注意書きにも、『加熱しすぎは調理不良の原因になります。』って書かれていますね。

みなさまのお墨付きブロッコリー(冷凍)の価格は、1袋250gで170円でした(税別)。

冷凍ブロッコリーを長い時間ゆでたらどうなるのか?

ブロッコリーの食感が無くなりました(色も緑から黄色に変わりました)。

本当に、生のブロッコリーも冷凍ブロッコリーも、ゆでると直ぐに柔らかくなりました。

調理時間が短くて済むのも、ブロッコリーの素敵なところです。

人参(にんじん)や大根(だいこん)を丸ごとゆでても、なかなか柔らかくなりません。

ブロッコリーはすぐにやわらかくなってくれました。

 

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました