【すまぬワラジムシ】アースの虫コロリで庭のワラジ虫を一掃した経験談

スポンサーリンク

『基本的に無害なのに、退治してしまってすまない。』

アース製薬の殺虫剤『虫コロリアース(粉剤、ふんざい)550g』を使って、庭に大量発生したワラジムシを一掃したときの経験談です。

アースの虫コロリ(粉末タイプ)は、とても少ない量でよく効いて、大量発生したワラジムシに対処することができた、というお話です。

ワラジムシの大群に粉を直接ふってみましたが、その時は平気な感じで歩いていました。

『本当に効果あるのかな~』と思いつつ、翌日にまいたところを見たら、動かなくなったワラジムシがたくさんいました。

かくして、ワラジムシ退治はうまくいきました。

さて、当時住んでいた家の庭には、土の中にワラジムシがたくさんいました。

そして雨の日になると、ワラジムシたちがいっせいに家の外壁(がいへき)に登ってきて、部屋の中にも入ってきました。

ただ、自分としては、特に危険な虫ではないということで、『たまに部屋に侵入してきて面倒だな~』くらいに思っていました。

スポンサーリンク

『ムカデ』と『マダニ』と『蚊(か)』には警戒しますが、『ワラジムシ』は一般通行人くらいの認識でした。

ところが、ある年にワラジムシが大量発生しました。

それはもう、大量なんてものではなかったです。

雨上がりに庭を見たときは、土の表面にびっしりとワラジムシがいました。

表面のワラジムシを払うと、やわらかい土の下に、さらにワラジムシがいました。

そして、昼夜を問わず、窓枠の隙間からワラジムシが何匹も何匹もいらっしゃいませ。

隙間をマスキングテープでふさいでも、どこからか入ってくる。

部屋の壁を歩いていたワラジムシが、足をすべらせて床に落ちて、『カツン…コツン…』と音を立てる。

そこでようやく、ワラジムシをどうにかしようと思い立ったわけであります。

お店の殺虫剤コーナーで、使用上の注意書きなどを見くらべて、『虫コロリ』を買ってみました。

この『虫コロリ』で、ワラジムシの発生は落ち着きました。

完全にいなくなることはありませんでしたが、部屋に侵入してくることはほぼなくなりました。

虫コロリを撒(ま)いたときですが、そっとまいても煙がけっこう立ちました。

最初にフタを開けてまいたときは、粉が風に舞って吸い込みそうになったので、いったん中止しました。

そして、マスクと手袋を用意してから再開しました。

そのくらい、けっこう粉が舞いました。

マスクは使い捨て。粉がついた手袋(軍手)は、洗面所で水洗いしてから洗濯しました。

上着とジーパンも一緒に洗濯しました。

舞うとわかってても、粉をかわすのは難しかったです。

虫コロリの効果ですが、自分のケースでは、試しにうっすらとまいただけで十分に効果がありました。

想像以上に少ない量で済んだので、いっぱい余りました。

あまり虫を一掃するのは良くないのかもしれませんが、虫が大量発生して困ったときは、とても役に立つ製品だと思います。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました