【開封時のガッカリ感が無い】うえまでいっぱいに入ったポテトチップス

 

ポテトチップスが筒(つつ)いっぱいに入った商品を見つけて感動した、というお話です。

食品スーパーの西友(せいゆう、SEIYU)で買いました。

筒に入ったポテトチップスといえば、チップスター(chip star)と、プリングルス(Pringles)と、ポテトチップスクリスプが有名です。

カルビー(Calbee)のポテトチップスクリスプを買ったことがあるのですが、筒と中身のギャップが印象的でした。

『ポテトチップが遠い』

ポテチの入った袋を開けた時の印象です。

銀色の袋に説明が書いてありました。

たしか、空いてるスペースはポテチを保護するためのものです、みたいな内容だったと思います。

筒と中身のギャップにとまどいましたが、味はおいしかったです。

あと、かなり固かったです。ゴリゴリと食べごたえのある食感で、堅あげポテトよりも固かったです。

自分は堅あげポテトが好きなので、良かったです。

それから数日が経ちました。

西友で初めて見るポテチがあったので買いました。

ポテトチップスクリスプとおなじ、筒入りタイプのポテチでした。

フタを開けた瞬間に感動しました。

『ポテトチップが見えている』

筒(つつ)の大きさに見合った量が入っていました。

銀色の袋は無くて、ポテチがそのまま入っていました。

味もおいしかったです。

固さはチップスターと同じくらいで、食べやすかったです。

カルビーのポテトチップスクリスプも良かったのですが、筒と中身のギャップが凄かったこともあり、西友で買ったポテチにおもわず感動してしまいました。

なぜ、ポテトチップスクリスプは空気が多めだったのか?

他社を意識したのか、量産したときに安くなる筒がそれだったのか。

理由はわかりませんが、標準サイズの中身をコンパクトタイプの筒に入れたら、ちょうどいいように見えました。

いろいろな事情で、筒と中身のバランスをとるのが難しいのかもしれません。

内容量に関しては、グラム数がハッキリ書かれていたので、ぜんぜん問題は無いです。

しかしながら、食べるほうとしては、中身に見合った筒のほうが驚かなくて済むので、ありがたいです。

西友で買ったポテトチップスは、Jacker POTATO CRISPS(ジャッカーポテトクリスプス、ジャッカーポテトチップス)という商品でした。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました