【賃貸暮らし】家賃を払い続けることは問題ではない【収入源を作って対策】

持ち家との比較で、賃貸暮らしは一生家賃を支払い続ける必要がある、という説明があります。

しかし実際のところ、家賃を払い続けるというのは、たいした問題ではないと思います。

家賃を払い続けることへの不安は、不労所得となる収入源を持つことで対策できます。

元気に働けている今のうちに、不労所得を積み上げていくのです。

不労所得となる収入源を積み上げていくのです。

それだけで、老後のお家賃くらいは十分に払えるようになると思います。

スポンサーリンク

持ち家と賃貸暮らしの比較では、そのあたりも知っておきたいところです。

マイホーム購入の宣伝では、さも、老後の収入が年金しか無いみたいに言って、不安をあおっています。

ですが、これは古い考え方です。

本業以外に収入を得る方法が少なかった時代の、古い考え方です。

令和をむかえた今は、年金以外にも収入はつくれます。

たとえば、株式投資です。

証券口座を開設して、株式を買って持っておくだけで、あとは会社が勝手に稼いで、配当金を振り込んでくれます。

株式投資は、ギャンブルではありません。お金持ちになる人は、株式を持っています。

不動産に強い興味をお持ちなら、収益の上がる物件を勉強して、不動産を保有する道もあります。不動産投資です。

ほかにも、ウェブサイトを作ったりブログを書いたりして、広告収入を得る道もあります。

いずれも、作業時間を自分でコントロールすることができます。

特に、株式に関しては、買ったあとは本当に手間がかかりません。

株式は、理想的な不労所得になりえます(買った会社が稼ぎ続けている限り)。

こういった収入源を、コツコツと積み上げていく。

働くことができないときでも、継続的にお金が入ってくるようにする。

そうしておけば、賃貸暮らしの家賃もきっと大丈夫です。

持ち家と賃貸暮らしの比較では、年金以外の収入源という視点が、よく抜け落ちています。

家賃を払い続けることへの不安は、本業以外の収入源を持つことで、対策できます。

実際のところ、賃貸で家賃を払い続けるということは、大した問題ではない。

そう思っています。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました