【持ち家と賃貸】同じところに何年も住みたいか?住みたいなら家を買うこともできるけど、賃貸に住み続けたっていい。

持ち家か賃貸かの判断基準に、同じところに何年も住みたいか?というのがあります。

  • 同じところに住み続けるつもりなら、家を買ったり、マンションを買ったりしやすい。
  • 引っ越すことが多いなら、賃貸のほうが手続きが簡単で便利。

ただ、それだけのことであります。

基本的に、モノは持たないほうが自由です。

スポンサーリンク

『賃貸』は、同じところにずっと住みたい場合でも、建物の管理をしなくて良いので、とても気楽です。

実際に住んでみて、ハズレだったときの損失も、少なくて済みます。

せいぜい、今のお部屋と引っ越し先のお部屋とで、1か月間くらい、2重家賃の期間が生じるくらいです。

賃貸から賃貸への引っ越しでは、家や土地の値下がり損失などがありません。

費用の面では、とても身軽です。

『家の購入』は、選択肢の1つにすぎません。

同じところに何年も住むというのは、あくまで、大きなモノを所有しやすいというだけです。

賃貸に長く住むというのも、ごく普通の選択だと思います。

同じところに長く住むつもりなら、家を買って住むという選択がしやすい。

でも、べつに賃貸に住み続けたっていい。

たしかに、持ち家や購入したマンションがあって、そこに住んでいるというのは、社会的な信用力をとして通用します。

ですが、ただそれだけのことです。

継続的な収入を得ているのであれば、信用力で困ることはまずないと思います。

大きな買い物をするために融資を引き出したいとか、そういった限られた場面で、持ち家があったらいいねくらいでしょう。

極端な話ですが、べつに、信用力がなくても人間は生きていけます。ぜんぜん大丈夫です。

同じところに長く住みたいなら、持ち家という選択肢もある、というだけです。

自分が住んできた感覚としては、身軽な賃貸のほうが好きです。

自分の育った家こそ親の持ち家でしたが、その後は進学の都合や就職の都合で、賃貸から賃貸へ、何度も引っ越しました。

そしてだんだん『賃貸って身軽でいいな』って思うようになりました。

そういったこともあり、どちらかというと、自分は賃貸派です。

もちろん、賃貸を探すときは、めちゃめちゃこだわっています。

ギリギリ住めればいいから、とにかく、家賃の安さを優先してきました。

もちろん、賃貸には賃貸特有のわずらわしさもありました。

しかし、それらを上回るメリットがあったと自分は感じているので、賃貸に長く住み続けるという選択肢は、十分にアリだと思っています。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました