ハローワークの検索機の検索結果って検索スパムみたいなの多いよね【仕方ない】

スポンサーリンク

ハローワークの求人検索って、使ったことありますか?

大きいハローワークにたくさんありますし、ハロワの出張所みたいなところにも2台とか置いてありますよね。

で、年齢やら希望のお仕事やらをポチポチ入力していくと(タッチパネル)、求人票がいっぱい出てくるわけです。

求人件数ですが、やっぱり東京が一番多くて、1万件とか2万件とか出てきました。

千葉県とかでも、2000件とか3000件とかヒットしました。

でも、それらを見てて思ったんですが、よく見たら同じ企業がいっぱい並んでいました。

なんか、こういうの見た記憶があります。

ひと昔まえの検索エンジンです。

わけの分からないスパムサイトが、検索結果の上から下までを独占して、本当に詳しいサイトとか、企業サイトが出てこないやつです。

ハローワークの中でもそうなんですね。

人材派遣の求人とか、とにかく数がすごかったです。

10件に1件は同じ会社の求人が出てくる感じで、いやでも目に入ってきました。

スポンサーリンク

興味がないとスキップした企業が、微妙に『仕事の内容』を変えて、何度も何度も出てくるのは、ちょっと不便でした。

ハローワークの求人検索は、普通にハロワのウェブサイトからもできますので、興味のある人は見てみるといいです。

ハローワークに行って求人検索機を使うメリットは、企業の詳細が見られるとか、企業提供の写真があればみられるとか、そのような感じでした。

で、そういう微妙に職務内容を変えて、求人をたくさん出してる企業です。

自分は悪くないと思います。

よけてもよけても出てきたのは不便でしたが、ときには『そういうお仕事もあるのか!なるほど!』と、思ったこともありました。

自分のイメージしていたフレーズが目に入ったら、やっぱり見てしまいますね。

求人を見ている人は、なにかしらイメージしているお仕事があるわけです。

そこで、イメージに合った説明やフレーズがあれば、その企業に応募してみようと思うわけです。

なので、微妙に職種や表現を変えて求人をたくさん出すことは、就職率の向上に役立つと思ったわけです。

まあでも、同じ企業から大量に出ている求人票は、一過性のお仕事が多いような気もしました。

なんというか、プロジェクト単位で求人を出しているフシがありました。

『正社員とは書かれているけど、求人票に書かれているお仕事のプロジェクトが終わった後はどうなるんだろう?』

想像ですが、たぶん、別のプロジェクトに割り振ってくれるんでしょう。

今のハローワークのシステムも凄く有用ですが、利用者からの声(フィードバック)を集めていけば、まだまだもっともっと、良いシステムができそうに思いました。

本当はその会社がベストマッチなんだけど、『仕事の内容』の文章が、たまたまイメージに合わなかった。だから、スルーしてしまった。

そういったことは、たぶん、非常にたくさんあるんだと思います。

かといって、『仕事の内容』の欄を広く改修して、びっしりと細かく書けるようにしても、たぶん良くないです。

辞書みたいにびっしりと書かれた文章は、だれが見てもむずかしそうで、敬遠してしまいます。

一見、スパムのように見える求人票のみだれうちでしたが、じつは、人と会社のベストマッチを実現するためのヒントが隠されているように感じました。

求人票の単位で分かれているので、長くならず、読みやすく、つい見てしまう。

でも、やっぱりちょっとお邪魔でした。仕方ないね、スキップするのが大変でしたもの。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました