【手巻き?】セブンイレブンのツナマヨおにぎりがおいしくなっていた話

スポンサーリンク

ツナマヨは、コンビニのおにぎりの中で、トップ3に入るくらい好きです。

これが、『とてもおいしくなっていた』というお話です。

そして、レシートの『手巻(てまき)』の謎にせまります。

ツナマヨおにぎりを買ったコンビニの名前はセブンイレブン。

『ずっと自炊で、ひさしくおにぎりを食べていなかったな。』

おにぎりの包みを、みぎに外して、ひだりに外して、海苔を巻く。

食べる。

…おいしい!

3年ぶり。

いや、4年ぶりかもしれない。

これはおいしい。

スポンサーリンク

ご飯がふんわりしっとり!ツナマヨもコクがたっぷり!

セブンのツナマヨおにぎりは、ご飯もツナマヨもめちゃめちゃおいしかったです。

以前はもっとこう…

ご飯が『ギュッ!』としてて、

ツナマヨのツナが『パサ…』としてて、

なんか、そんな感じ。

味はとてもおいしかったんですが、いかにもコンビニのおにぎりって感じでした。

それが、変わっていました。

ごはんの口当たりが、ふんわりでした。

もう、かんだ瞬間にわかりました。おいしい!って。

そして、ツナマヨのコクの深さ!

ツナのパサつきを感じないほど、マヨネーズがしっかりしていました。

『ごはんのしっとり』に『ツナマヨのしっとり』がぴったり合ってて、とてもおいしかったです。

手巻きツナマヨネーズの『手巻き』は『自分の手で巻く』という意味だった(多分)

コンビニのレシートを見たら、『手巻(てまき)』とありました。

ん?

まさかこのおにぎりは、工場でスタッフを総動員して、手でご飯に海苔の袋を巻いていたのだろうか?

いや、そんなはずはない。

そんなに手間をかけて作ったら、おにぎりが高くなっちゃう。

そうではない。

海苔の入った袋でご飯を包む作業は、さすがに機械だろう。

じゃあ、手巻きって、どこを手巻きしているんだろう?

手巻き…

手巻き…

食べ終わったおにぎりの包みを眺めてみる。

じぶんは、どうやっておにぎりを食べた?

あ、

そうか、

そういうことか。

海苔は『自分で』ごはんに巻いてたじゃないか!

自分の手で海苔を巻いたから、『手巻き』おにぎり。

まあ、ちゃんと調べたわけではないけども、たぶん、そういうことなんだろうと思いました。

巻くというか、袋をはずしたら自動的に巻かさるしくみだけども。

そういえば、コンビニで手巻き寿司っていうのもあったな。

名前に手巻って付くと、なんだかおいしそうだもんね。

良いと思います。

しかしこの考えで行くと、海苔の袋を外して、パリパリの海苔を楽しむタイプのおにぎりは、みんな手巻きって名乗れますね。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました