【写真】ピーマンのタネは食べられるのか?自分は種ごと食べてる

スポンサーリンク

ピーマンの種(たね)は、小さいころは取って食べていました。

ですが、自分で料理するようになってから『なんかやわらかいし、食べられそうだな』と思って、そのまま種付きで炒めて、食べたらおいしかったです。

おいしいかったというか、べつに邪魔にならなかったので、今まで通りおいしかったという感じでした。

それ以来、自分で食べるピーマンに関しては、種ごと食べるようになりました。ピーマンはヘタだけ取ればいい感じですね。本当にお手軽で、好きな野菜です。

スポンサーリンク

ピーマンの種は食べられるのか?

味と食感に関しては、問題なく食べることができました。

ピーマンのたねですが、味はとくに感じなかったです。『食感がほんの少しあるかな~?』くらいのものでした。あと気になったところといえば、料理の見た目でしょうか。

小さい種がびっしりと生えている様子は、人によってはちょっと気持ちわるいと感じるかもしれません。自分で食べるピーマンに関しては、見た目とか関係ないので、そのまま種ごと食べちゃってます。

輪切りにしたピーマンの断面の写真です。

みずみずしくて、切ったところから水滴が浮かんできました。

ピーマンのタネに毒はあるのか?わからない、普通に食べる分にはなんともないと思う

ピーマンの種に毒はあるのか?です。

毒の有無を調べるのって、むずかしいですよね。

『自分は食べてきたけど、なんともなかった』

としか言えないところです。

7個入りのピーマン1袋を、夕食に1回で全部、タネごと食べたりしてますが、自分は何ともなかった。

なにごとも、毒になるか?ならないか?は、結局は、量の問題といいます。あとは体質。

もし、ピーマンのタネだけをいっぱいに集めて、それだけを毎日食べ続けたら何かあるかもしれませんが、普通はなかなかできないでしょう。

普通に食べ切れてしまう量で、それで具合が悪くなったりしなければ、たぶん、大丈夫なんだろう。

自分の判断基準は、そんな感じです。

自分の場合は、ピーマンの種を食べても平気だったから、そのまま種ごと食べ続けています。ピーマン手軽でおいしいです。

ピーマンを縦に切ったときの写真

ピーマンをスパッ!と縦に切ってみました。種はヘタの近くにたくさん付いていました。

ピーマンの種が茶色くなったところの写真

ピーマンを切ってから数分がたちました。すると、種が少し茶色くなりました。その時の写真です。

ピーマンの種の変色ですが、リンゴの変色に似てましたね。りんごを切ると、断面が茶色くなっていく感じです。あれにそっくりでした。

こちらは、別のピーマンを切った直後の写真です。タネが白いですね。ここから数分で、上の写真のような茶色になります。

茶色くなった種ですが、別に食べても問題なかったです。

ピーマンのヘタの写真

ピーマンのヘタの写真です。

ピーマンの上部をこのくらい薄く切ると、ヘタの部分だけが簡単に取れました。ヘタを取った残りの部分は、もちろん食べちゃいます。

ヘタが重なってた部分にちょっとホコリがついてたりしますが、洗えば落ちます。

ピーマンの輪切り写真

ピーマンを輪切りにしたところです。

ピーマンがみずみずしくて、断面から水分があふれてきました。

この形のピーマンは、よくピザとかにのっていますよね。ピーマンが嫌いな人にとっては、非常に迷惑な存在だと思います。

ピザには『ピーマン抜きのオプションが』あってもいいかもしれません。

トッピングではなく、引き算の考え方です。そう、食べ物の好き嫌いは、もっと尊重されるべき。自分はたまたまピーマンが好きで食べられますが、ついに食べられなかった野菜もあります。ホントヤメテ…。

ピーマンの集合写真です

これは1食分の写真です。

これを自分は1回で食べちゃいます。ピーマンの種ごと、1回で食べきっちゃいます。ピーマンおいしいです。

ピーマンが嫌いな方にとっては、信じられないかもしれません。

しかし、自分は好きなのです。

ピーマンは種ごと食べられると思っている

自分は、ピーマンの種は可食部(かしょくぶ)だと思っています。

ですが、べつに無理してまで食べるようなところでもないと思います。

なじみがなければ、捨てていいと思います。

文部科学省の『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』のエクセルファイルでも、(ピーマン類)の備考に『廃棄部位: へた、しん及び種子』と書かれていました。

ピーマンのたねは、お好みで食べる感じでいいと思います。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました