【写真は必要?】履歴書に写真はいらない【応募者をたくさん集める】

スポンサーリンク

求人を出すときに、良い応募者をたくさん集める方法を考えました。

その方法のひとつに、履歴書の写真を省略するという方法があります。

自分を含めて、多くの人がつねづね思ってることだと思います。写真って取りに行くのが大変だし、お金がかかるし、そのわりに『顔で選ぶの?』みたいなところが、いつも気になっていました。

自分は必要ないと思うし、就職活動の経験上、写真不要で応募してもいいですよって企業は、実際にありました。なので、実務的にも写真は省略可能なんだと思っています。少なくとも、選考のための応募書類では、たぶん省略可能です。

スポンサーリンク

履歴書になくてもよさそうな項目 ⇒ たとえば顔写真

履歴書(りれきしょ)の内容って、べつになくても良さそうな項目があります。

いらないものは、削ったほうがわかりやすいです。

  • わかりやすいと、人が集まります。
  • むずかしいものは、スルーされます。

履歴書になくていいと思う項目は、どんどん削りましょう。

たとえば、履歴書の写真です。

たぶん、なくて大丈夫です。きっと、無いほうがいいです

合理化とか、個人情報の保護とか、ダイバーシティ(人材の多様性を活かす考え方)とか、『色々なんやかんや』が叫ばれている時代において、履歴書の顔写真は無いほうが良いです。

写真は、採用したあとで必要になった時に用意してもらえば十分です。

社員証(IDカード)を作ったり、従業員に関する税務で必要になった時だけ、用意してもらえばいいでしょう。

少なくとも、応募書類の段階では必要ないです。

写真はいらない

あると見てしまうのが写真

能力に関係ないとわかっていても、あると見てしまうのが写真

それならば、無くしてしまおうという発想です。

写真を見て判断してしまうのは、なんかもう、仕方のないことです。

はじめから無ければいい。

履歴書に写真は不要です。写真は使わない。

少なくとも、選考の段階では必要ないです。

写真は何に使うのか?⇒ 容姿を見るため

写真って、なんに使うんでしょうか?

もちろん、容姿を見て選ぶために決まっています

容姿が重要なおしごとの場合は、写真があってもいいかもしれません。

あとは、応募者の質を底上げるためとかも考えられます。しかし、『キレイな写真を用意できる人』という基準で底上げしても、あまり意味はないように思います。

選考にあたって、履歴書の写真は使い道がありません。写真はなくても大丈夫です。

本人確認は身分証明書で十分だと思います

顔写真で本人確認をしたいのなら、面接のときに、顔写真付きの身分証明書を見せてもらえばいいのです。

履歴書に貼ってある顔写真よりも、ずっと信頼できます。

もし、めでたく採用&就職となったあかつきには、写真はあったほうがいいのかもしれません。従業員の存在を証明する資料ですね。給与などの経理や税務の裏付け資料として、写真は、あったほうがいいのかもしれません。

ですが、選考の段階ではいらないです。

書類選考でも、面接でも、履歴書に写真は要らないです。

写真不要で求人を出してみるのはどうだろう?

写真写りの良し悪しが、そんなに仕事の出来・不出来に関係するものでしょうか?

『あまりそうは思わない』

そう感じたなら、写真不要で求人を出してみるのがいいと思います。

余計な情報を持たないことで、万一の情報漏えい時にも、リスクが減ります。

写真不要で受け付けている日本企業はあるのか?⇒ あった

それで、実際に写真不要で応募を受け付けている日本企業があるのか?です。

自分が就職活動をしていた時には、ありました。

ひとつの例ですが、Eメールで応募書類を受け付けていた企業で、写真不要がありました。

求人票には写真添付とありましたが、電話で聞いたら写真なしで応募していいとのことでした。

写真を貼ったりスキャンする手間がなかったので、サクッとスピーディーに応募できました。

応募者がいなくて困っているなら書類を簡単にする

もし、まったく応募者がなくて困っているのなら、応募書類の形式を新しくしてみてはどうでしょうか?

新しくするというのは、簡単にするということです。

とにかく、応募のハードルを下げれば、人が来るだろうという考え方です。

応募者はピンキリかもしれません。

そこは、必要に応じて、実務経験の有無とか、技術や技能の有無を聞けばいいでしょう。

履歴書の顔写真を見ても、応募者がどんな能力を持っているかは、わかりません。

応募書類を簡素化して、まずは人を集めるのが良いと、自分は考えています。

求めていた人が応募してくれる可能性が上がる

応募書類の簡素化で、求めていた人が来る可能性は、きっと上がります。

さて、求人を出すからには、求めている人物像があることと思います。

まじめに働いてくれて、成果もあげてくれる、そんな理想の人物像。

  • そんな人はいるのか?
  • そんなすごい人が、うちに応募なんてしてくれるのか?

この広い世界。たとえ、どんなに高望みであったとしても、きっと、理想に近い人はいると思います。それも、ひとりではなくて、数人はいると思います。

そして、そのなかには、興味を持って応募してくれる人がいると思います。

ここです!

興味を持つか・持たないか?応募するかしないか?

吹けば消えてしまいそうな、ほのかな興味。

ここから、応募に踏み切っていただけるように、しっかりとサポートする。

これが、とても大切だと思うのです。

余計なものを取り除いて、応募しやすくする。

そんなときに、履歴書の写真は必要でしょうか?たぶん、必要ないと思います。

ハードルを下げて、面倒をなくして、広く募れば(つのれば)、きっと求めていた人のアンテナに届きます。

履歴書の顔写真を不要にするというのは、良い応募者をたくさん集める方法のひとつだと思います。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました