子どもの学習環境は学力に影響するという主張

子どもが勉強するときの環境は、学校の成績に大きく大きく影響するという主張です。

子ども学習環境は、子どもの学力に影響する。

べつに、統計を調べたわけではないです。

想像のうえで、影響するだろうという主張です。

良い環境で勉強できる子どもと、そうでない子ども。

自分の考える良い学習環境とは、落ち着いて、安全に勉強できる環境です。

たとえば、学校。

  • 先生が怒らない、怒鳴らない、キレない。

たとえば、家庭。

  • 親が怒らない、怒鳴らない、キレない、からかわない、言いがかりをつけてこない。

自分の考える悪い環境とは、上に当てはまらない環境のこと。

もし、良い環境で勉強できたなら幸せです。

先生でも親でも、いつもいつも声を荒げているような環境では、おちつて勉強ができません。子どもは、黙っているように見えて、実はそうとうなイライラを感じています。

はっきり言って、勉強どころじゃありません。

そんな環境で、何時間も勉強なんてしていられません。

勉強を続けられないから、量をこなせない。

結果として、学力が落ちる。

良い学習環境は(落ち着いて勉強できる環境は)、子どもが本来の学力を発揮するために、ぜひ用意してあげたいところです。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました