【台所用洗剤】ボトルタイプの詰め替え商品って何の意味があるんだろうか?【わからない】

スポンサーリンク

お店で台所用洗剤を買おうとしたら、詰め替え用の商品が売っていました。

なんでも、2回分が入っていてお得とのことでした。

1回補充して、さらにもう1回補充できる。

その商品は、ボトルタイプでした。

レトルトのパウチみたいなやつじゃなくて、大きくてかたいボトルです。

どういうことなのか?

大容量タイプということ?

それなら、ふつうに注ぎ口(そそぎぐち)をつけておけばいいんじゃないのか?

まさか、通常品の注ぎ口の製造コストだけが異様に高くて、詰め替えてもらったほうが安上がりだとか…?

それなら、注ぎ口だけ交換すればよさそうに思いました。時間をかけて、ドロドロと詰め替える必要はないと思います。

でも、その詰め替え商品には、ふたを付け替えたりせず、通常品に詰め替えて使ってください、みたいなことが書かれていました。

なぜ、大容量タイプとして売らないのか?

なぜ、わざわざ詰め替えさせるのか?

なんでだろう…?

スポンサーリンク

パウチタイプなら分かるんです。ボトルよりもゴミの量が減らせるということで、一応のメリットがあります。

でも、ボトルからボトルに詰め替えたところで、何か意味があるのか?

時間をかけて、こぼさないように詰め替えるのが大変だし、それなら新しい商品を2個買ったほうが簡単です。メーカー側にしても、製品の品質を保証しやすいハズです。

何のメリットがあるのか…?

よこしまな想像をすると、『詰め替えタイプってことにすれば、なんとなく、エコって感じがして売れるんじゃないか?』みたいに思っちゃいます。

でも、そんな理由でコストをかけてまで、別のボトルタイプを作りますかね?

あまり詳しくないけど、商品のラインナップを追加するのって、ちょっと変更しただけのものでも大変だと思うんですよ。

問題なく製造できるのか?とか、品質や各種基準に適合してるのか?とか。

生産を始める前に、いろいろチェックしないといけない。

そんな手間をかけてまで、あまり意味のない商品を追加するだろうか?

わからないです。謎です。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました