こんなに時間に追われないと生きられない世界だったか

時間通りに動くって、結構大変なのさ。

朝の9時なら、9時に間に合うように、逆算(ぎゃくさん)して動いていかないとだもんね。

いそがしさは前日におよぶ

『9時に間に合う電車とバスはコレ。』

『でも、事故やトラブルで遅れるかもしれないから、1本早いやつに乗ろう。』

『このペースで歩いてて、駅やバス停に間に合うかな?走ったほうがいいかな?』

『お化粧や身だしなみを早く整えないと。』

『朝ごはん食べてる時間あるかな?早く出たほうがいいかな?』

『目覚まし鳴ったから早く起きないと。』

『明日がつらいから早く寝ないと。』

たった1つスケジュールを入れるだけでもうね、ほんとうにいそがしくなる。

だって、前日からすでにいそがしいもん。

ついつい逆算してしまう

意識しなくても、あたまが勝手に逆算しちゃうんだよね。

『そろそろやらないと』『そろそろ動かないと』

それはそれで緊張感が生まれて、やる気につながるところもあるんだけど、ずーっとその状態なのはつらいんだわ。

特に、時間が9時ピッタリでないといけないケースとか、本当につらい。

この不確かな世界ですよ?

そんなにそんなに、ピッタリの時刻にホールインワンできるわけないじゃないですか?

5分前行動とか、10分前行動とか、もっともらしく説(と)いても、できないときはできない。

スポンサーリンク

もうね、しかたない。

この不確かな世界です。

5分とか10分なんて、ブレッブレにブレまくって、時間通りになんて、そんなにそんなにしょっちゅうできないですから。

そういうわけで、スケジュールは守るのが大変だから、なるべく減らしたい。

時間というか、時刻が決まっているスケジュールは、あまり入れたくないですね。

時間を意識して過ごすのが大変ですもん。

そりゃあね、お願いした人からすれば、時間通り来てくれたほうが嬉しいけれども。

緊張状態になりたいとき以外は、なるべく予定を入れたくない。

予定が空いている状態というのは、いいですよね。

時間に追われない時間っていいですよね

べつにギャグじゃなくて。

緊張してた時とはちがうことに打ち込める。

時間に追われてたらできない・やろうとも思えない、そんなことができる。

時間に追われてるときと、追われてないときで、できることがちがうんですよ。

もうね、異なってる。出来る出来ないというか、やろうと思うか思わないか。

この予想外のことがおきまくる世界ですわ。

べつに、時間に追われないと生きられない世界ってわけでもないんだから、極端に忙しく過ごすのは控えようと。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました