6万枚のPNG画像を『WebP形式』に変換⇒ファイルサイズを20%も削減できた

PNG(ピング)をWebP(ウェッピー)で圧縮して、そのファイルサイズを比較しました。

『グラフ画像のファイルサイズを、もっともっと小さくしたい。』

そう思って、『PNG形式』の画像を『WebP形式』に変換しました。その結果、さらに20パーセント、小さく圧縮することができました。

次世代フォーマットのWebP形式は、予想以上に優れていました。

PNG⇒WebP変換ですが、ロスレス変換の設定で行いました。無劣化で、さらに20パーセントも小さくなったわけです。とても嬉しかったです。

画面表示も、PNGの時と同じように速かったです。

『もう全部WebP画像にしちゃって良いんじゃないか?』

そう思ってしまったくらい、WebP形式の性能は良かったです。

スポンサーリンク

PNGとWebPのファイルサイズ比較

PNGファイルとWebPファイルのプロパティ画面です。縦に並べました。

WebPへの変換は、ロスレス変換の設定で行いました。

PNG(ピング)
サイズ: 1.38 GB (1,487,229,590 バイト)
ファイル数: 64,289

↓↓↓

WebP (ウェッピー)
サイズ: 1.08 GB (1,162,563,664 バイト)
ファイル数: 64,289

どのくらい小さくなったか?パーセンテージの計算です。

(1.08 GB ÷ 1.38 GB)×100
=約 78.3 % ⇒ ざっくり80%

WebPのサイズは、元のPNGの80パーセントのサイズになりました。

つまり、20パーセント、小さくなりました。

これ以上圧縮できないと思っていたPNGが、20%も小さくなりました。

すごく良いですね。

作図ライブラリのmatplotlib(マットプロットリブ)で作った、6万4289枚のPNG

それらのPNGを、64色に減色(げんしょく)して、ファイルサイズを削減したもの。

それが、1.38 ギガバイトありました。

これをWebP画像にロスレス圧縮しただけで、1.08 ギガバイトになった。

画面表示も十分に速い。

PNGとWebPのファイルサイズ比較ですが、とても良い結果が得られました。

※ 実験に使用したPNGの内容は、業績チャートのサイトに掲載しているグラフです。これらのグラフを、まとめてWebPで圧縮してみました。
(業績チャートの例:カネコ種苗シュビョウ

Windows 7 でWebP画像を見る方法

WebP画像は、ウェブブラウザのChromやFirefoxで見ることができました。

ところで、WebPファイルを、Windows フォトビューアーで見られるようにするには、Google が配布している Windows 7用のWebPコーデック(WebpCodecSetup.exe)をインストールします。

これで、WebPファイルのダブルクリックで、Windows フォトビューアーが起動するようになりました。JPEG画像と同じように、WebP形式の画像を見ることができました。

WebPコーデック(WebpCodecSetup.exe)をインストールしても、『IE11』や『ペイント』でWebPを見ることはできませんでした。あくまで、『Windows フォトビューアーで見られるようになる』だけのようでした。

また、WebP画像を見るための Susieプラグインを開発された方もいらっしゃいました。

WebP形式は、ローカルで開くための環境がかなり揃っていて、使いやすかったです。

PNGよりもファイルサイズが小さくて、表示も速くて、PNG⇒WebP変換も十分に速い。

大量のグラフを見ていくための画像形式としては、とても良い形式でした。

スポンサーリンク

WebPのメリット⇒PNG画質のまま小さくできた&表示も高速

WebP(ウェッピー)のメリットです。

  • PNGの高画質を保ったまま、ファイルサイズを小さくできた。
  • 表示も速かった。PNGとの違いがわからないくらい速かった。
  • PNG⇒WebP変換も十分に速かった 。

本当に、性能面では大満足です。

WebPのデメリット⇒対応していないアプリがある

WebPの性能そのものには、特にデメリットはなかったです。

あとは、アプリのWebP対応が広がるのを待つばかりだと思いました。

あえて挙げるなら、2019年の時点で、広く使われているアプリやブラウザに、WebP未対応のものがある

これが、WebPのデメリットだと思います。

このWebP形式。2019年時点で、次世代画像フォーマットの中では、アプリやブラウザ対応が進んでいるほうです。

そのなかで、惜しくもWebP未対応なのが、Microsoftの『IE11』です。あと、Appleの『Safari』も未対応とのことでした。

もし、ウェブサイトにWebP画像を載せるなら、『WebP + 代替画像 (PNG or JPEG)』のように組み合わせる。

そういった対応が、まだしばらくは続きそうです。

『Internet Explorer 11』は古いブラウザですが、まだまだ使われているようでした。

『Safari』は、モバイルでたくさん使われています。

ウェブサイトをWebPで統一すると、見れない人が出てきてしまう。

代わりの画像を用意する手間を考えると、もうしばらくは PNG or JPEG のままでいいかなって思いました。

同じ画像をサーバーに置いておくのはスペースを取りますし、画像切り替えのタグを追加したことでHTMLのサイズも増えました。

WebP(ウェッピー)ですが、次のメインの画像形式として、ぜひ主流になってほしいと思います。

タイトルとURLをコピーしました