オフィスチェアが『ギシギシ鳴ってうるさい』のは椅子の構造が良くないからだと思う。図書館や公共施設にある高さ固定の椅子は静かで良さそう

新品で買ったオフィスチェアも、3か月ほどでギシギシバキバキ鳴る。

ここで言うオフィスチェアっていいますのは、座るところを1本のポールで支えているタイプの椅子のことです。

足にキャスターがついてて、レバーで高さが調整できて、座面がくるくる回るタイプの椅子です。よく見かけますよね。

それでそのオフィスチェア、過去に3脚(きゃく)買ったけど、しばらくすると音がバキバキ鳴り始める。

新品で使い始めた直後は静かだった。でも、静かなのは最初のうちだけ。

姿勢を変えるたびにバキッ!バキッ!

背もたれにカラダを預けるたびにバキッ!バキッ!

ギシギシ、ギシギシ、バキッ!!バキッ!!

座ること自体は問題ない。でも、音が鳴る。集中が途切れる。

せっかく高い集中力を発揮していたのに、耳ざわりな衝撃音で邪魔される。

スポンサーリンク

かといって、音が鳴らないように意識して座るというのも、なかなか大変。集中力が姿勢の維持に持っていかれちゃう。

動画や音楽鑑賞でも、ギシギシ音やバキバキ音はお邪魔になる。

なぜ、バキバキ音が鳴るのか?

自分が思うに、ポール1本で支える構造に無理があるんじゃないかと。

キャスター付きの足から座面(ざめん)に伸びた1本のポール。

座るところの広い面積を、小さな1点で支えるこの構造。

レバーで簡単に高さを調節できて、とても便利です。

しかしながら、この1点に体重が集中する。

そして、広い座面がテコのように働く。

そう考えると、すぐに部品にガタがきてしまうのは仕方ないのかも。

このポールの部分、ガスシリンダーっていうんですね。

これ自体は非常に重くて頑丈だった。イスを組み立てるときに持たけど、ハンパな硬さじゃなかった。

人間の体重程度で曲がったり磨耗(まもう)したりするような代物(しろもの)には思えなかった。

もちろん、ポールを支える足や座面のほうにも、めちゃめちゃ分厚い鋼鉄が使われていた。

座面の裏側には、鋼鉄のプレートを取り付けて、そこにポールをはめ込む構造。

座面用の鋼鉄プレートですが、組み立てるときに重かった重かった。

こんなに丈夫な部品が使われているのに、なぜギシギシバキバキ音が鳴るのか?

いったいどこにガタがきているのか?

スポンサーリンク

自分が使ってきたイスに関しては、座面から音が鳴っていました。

座面と鋼鉄プレートを固定するネジに無理がかかってた。

凄い太いネジだったけれど、4本は足りなかったんだと思う。

姿勢を変える時の体重移動でねじが引っ張られて、緩んでた。

ネジを締め直したら静かになったけど、すぐにまたゆるむ。

それを繰り返しているうちに、ネジがダメになって絞められなくなる⇒椅子を処分。

問題はネジの位置にもあったのかもしれない。

座面の四隅(よすみ)にねじ止めできれば、たぶんだけど、無理がかかりにくい。

でもそうすると、ポール1本で支える構造だから、鋼鉄プレートを大きくしないといけない。

座面がすべて収まるような鋼鉄プレート。これなら、座面の四隅にネジ穴を用意できる。

でもそんな鋼鉄プレート、とても現実的じゃない。きっと重すぎるし、お値段も高くなっちゃう。

だからだと思う、座面の中央付近だけをおおうサイズなのは。それでもすごく重かったけど。

ならば。それならば。

プレートを大きくできないなら、ネジをもっと太くするか、ネジを増やすかする。

このアプローチで良いのかはわからない。構造物の強度って、直感と違って意外な面があったりする。

とりあえず、経験上だけど、オフィスチェアでネジ4本はすぐ緩んだ。値段高くなっちゃうかもしれないけれど、6本か8本にしてもいいと思う。

椅子がバキバキ言うのは、部品をつないでるところ。動くところ。動かせるところ。

頑丈なポールや鋼鉄プレートに対して、そこらへんがどうしても弱くなる。

背もたれのギシギシバキバキもそう。

カラダを預けるたびに、ビスやネジに無理が加わる。ビスやネジにガタがくる。遊びができて、音が鳴る。

ファスナー(一般に留め具のこと)は弱い。接合部がどうしても弱点になる。

そんな感じだった。もっとゴツいビスを使うか、ビスで止める構造をやめる。

そうすれば静かになるかもしれない。ビス止めは簡単で作りやすい。ビスを使わず、面で支えるような構造に組むのは、開発も作るのも大変。

オフィスチェアのレビューを見てたら、数万円もするような高いオフィスチェアについても、音が鳴ってうるさいみたいなレビューがついてて意外だった。

安いオフィスチェアがなら分かるけども。

良さそうだと思って買った椅子。ほんの数か月で問題が出てくるとなると、ちょっとテンション下がります。

音の原因に関しては、『1本のポールだけで支える構造が良くないんじゃないか?』と想像したわけだけれど、オフィスチェアといえば、ほとんどそういうタイプだった。

音が鳴らない椅子はないのか?

音が鳴らないイス、静かなイス、静か⇒図書館。

図書館の椅子って静かですよね。

4本あしの椅子で、高さ固定の落ち着いた椅子。

どう座っても音が鳴りません。可動部分がないから、音が鳴る余地がない。いいですね。

似たような椅子で、ミーティング用の椅子がありました。折り畳みできないタイプの椅子です。

折りたためるパイプ椅子ではなく、たためないタイプの椅子です。

スタッカブルチェア(積み重ねられる椅子)とか、会議用椅子とか、ミーティングチェアといったカテゴリーにありました。

金属パイプを曲げて溶接して作った椅子。

たためないから場所をとるけど、座った時の安定感は抜群。可動部分がないから、音も鳴らない。

公共施設の待合室とかでよく見かけました。

高さ調節のできるオフィスチェアも便利だけど、こういう高さ固定の椅子もいいですね。

構造的に無理がない。脚が座面を4隅で支えているから、無理がない。

ビスもネジも可動部分もないから、音も鳴らない。鳴る余地がない。

自分の中では、かなり理想的な椅子です。

オフィスチェアは構造的に音を防止するのは難しい。そう思います。

椅子の音が気になるなら、高さ固定の椅子。図書館や待合室にあるような椅子。

そういうのが良さそうだなって思いました。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました