『吾輩は猫である』を現代に生きる自分が読むのは超絶むずかしかった話

タイトルがめっちゃいですよね。
吾輩わがはいねこである』

自分じぶん想像そうぞうしたのは、『ネッコが堂々どうどうかまえているかんじ』です。

さてさて、です。

2019ねん10がつ6日むいか

自分ははじめて、この小説しょうせつもうとしました。

それで、青空文庫あおぞらぶんこで、第1章だいっしょう部分ぶぶんと、最後さいご結末部分けつまつぶぶんを読みました。

なぜ、最初さいしょ最後さいごだけかって?

むのが超絶ちょうぜつむずかしかったからです。

むずかしい、なんてもんじゃあ、なかった。

『ストーリーのシーンが見えない』

これにきます。

図書としょカードによると、1905年に『吾輩は猫である』を発表したとのことですが、そのころの言葉づかいって言うんですかね?

ひとの呼び方とか、ものの名前とか。

そのあたり、読んでて何を指しているのか、想像がつかなかったです。

100年を超えるジェネレーションギャップ。

当時とうじ方々かたがたはたぶん、読めたし、共感きょうかんもできたんでしょう。

でも、その100年後の自分が理解するには『もう絵本えほんに起こしてもらうしかないな』と思いました。

スポンサーリンク

読めるけど読めない、そういう感じ。

漢字は読めたけど、何をしてるのか?

それがわからない。ひらがなも同じ。

『おさん』⇒『オッサン?』

調べたら、おさんとは『台所だいどころの仕事をする人』とのこと。

当時は、そういう呼び方があったらしい。

そして、作中さくちゅうのおさんは、たぶん、オッサンではない。

それで、自分のことを吾輩わがはい、吾輩と、検索したら400回以上もおっしゃっていた主人公のネッコ。

最後はどうなったか?

ネッコが水瓶みずがめの中に落ちてしまう。

なぜ落ちたのか?

そこまでは読んでないので、ちょっと分かりません。

しかしながら、この吾輩というネッコ。

ざっくり読んだ感じですが、時折ときおざつあつかわれつつも、それなりに面白く生き抜いていた。

そういうネッコであったように思います。

原著は読書感想文に向かない

現代人げんだいじんの自分には、分からない言葉が多過ぎました。

字は読めるけど、何のことを言ってるのか分からない。

そのたびに調べて読む感じで、時間がかかりすぎました。

こういうのを『ロス』といいます。

最初に原著げんちょを読むというアプローチは、時間がもったいない。

読書するなら、断然だんぜん挿絵さしえや説明を充実させたバージョンです。

たぶん、すでにそういうのがあると思います。

ネッコが主人公ということで、かなり面白そうなんですよね。

ここまでさんざん、難しいとか、分からないとか書きましたが、それはたぶん、当時の世界を指す言葉の数々かずかずを、自分が知らなかったから。

じつは、読んでいて、第2章以降にも興味が湧きました。

でも、かなりの長編小説のようだったので、時間的に断念しました。

とりあえず、結末だけは把握したので、満足です。

『吾輩は猫である』を読もうと思ったのは、ほんの気まぐれだった。

青空文庫のアクセスランキングを見たら、上位にありました。

なので、『ちょっと読んでみようかな?』って思いました。

タイトルだけは良く知っていましたし、結末も知りたかったんですよね。

でも、知らない言葉が多すぎて、拾い読みになっちゃいました。

しかし、です。

るものはありました。

分からない言葉をどうやって理解するか

唐突とうとつですが、自分は、英語をそのまま読むのが苦手です。

そして、自分が『吾輩が猫である』を読めなかったのも、根っこの部分は同じだと思うんです。

言葉に対して、イメージが湧かない。

そういう言葉を、使ったことが無い。

結果として、何が書いてあるのか、理解できない。

つまり、読めない。

日本語だから読める、英語だから読めるって感じじゃないんですよね。

『知らないから読めない』

最近は常々つねづね思っていたのですが、つまりは、そういうことなんだと思います。

ところで、いつか数学に出てきた『対偶たいぐう』を考えると、色々ひっくりかえして、『知っているから読める』ってなりそうですね。

自分が最近取り組んでいることなのですが、プログラムを使って、文章を読んだり書いたりしたいと思っています。

それで、どうしたらできるのかと、そんなことをよく考えています。

べつに、仕事じゃないんだけど、これが楽しい。

文章が読めないのは、PCピーシー のプログラムも同じ。

もし、人工知能じんこうちのうに文章を読ませるなら、こういうハードルですね。

『言葉が分からない・文章が読めない』というハードルを、越えていかねばならんのですわ。

こういうのを『記号接地問題(きごうせっちもんだい)』って呼ぶらしい

『言葉』と『現実のイメージ』を結びつけるっていう問題ですが、名前がついていました。

記号接地問題きごうせっちもんだいって呼ぶらしいです。

検索したら、自分が考えていたようなことが、たくさんヒットしました。

やっぱりデータベースを育てる感じになるのかな

『吾輩は猫である』を、良く理解するためには、当時の知識と経験がります。

言葉が、文脈ぶんみゃくの中で意味しているところを、しっかりとイメージする。

そのためには、知識と経験です。

『おさん』と聞いたら、台所で仕事をしている人(ご飯を作ったりするのが仕事の人)。

もし、自分がその時代を生きていたなら、おさんという人の見た目とか、どんな服を着ているのか?とか、分かったんだと思います。

たぶんですが、人工知能にも、そういった細かい、基礎の基礎みたいなところを丁寧に教えていけば、文章が読めるようになるんだと思います。

あれこれと判断するロジックのところも大事ですが、それ以上に、データベースにあたる部分が重要である。そんな気がしています。

しかしながら、そういった基礎の基礎って、膨大ですよね。

人間ですら、言葉は徐々じょじょに話せるようになっていくわけです。

数年かけて、ひとつひとつ、『ああ、アレはアノことを言ってるのね』って理解していく、知っていく。

そのあたり、人工知能といえども、まずは同じアプローチが必要なんだと思うわけです。

時間がかかりそうですよね。年単位で。

世の中にあるSFエスエフ創作の作品でも、ロボットや機械を育てる、みたいなシーンを見かけました。

やっぱり、時間のかかる作業なのかもしれません。

けれども、分野を限定した特化型とっかがたの人工知能なら、もしかしたら、現実的な時間でデータベースが作れるかもって想像しています。

『吾輩は猫である』を理解できる人工知能は作れるか?

なにをもって『理解りかい』とするのか?というのはあります。

ですが、『吾輩は猫である』に登場しそうな文章や画像・映像を選ぶ、みたいなことは、たぶんそのうち、個人でもできるようになると思います。

そういう人工知能は、たぶん作れる。

もっと進めたら、『おさん』を『オッサン』に絡めたダジャレも、言えるようになるんじゃないでしょうか?

あと、人工知能 A と人工知能 B を組み合わせて、おさんの勘違いコントをさせたり。

そういった面白いことができる人工知能は、役に立つといえます。

あとは、人工知能にお堅い文章を適切に理解してもらって、人間が妥当な判断をするための情報を出してくれる、とかも良いですね。

人工知能のプログラムには夢があります。

ちょっと思いつきで『吾輩は猫である』を読んでみようと思い立っただけなのに、思いのほか、色々と考えることができました。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました