バレーボールで強いスパイクを打った方法 ⇒ 手のひらの下側で打った

高校生のときの自分の場合ですが、バレーボールを手のひらの下側したがわで打ったら、強いスパイクが打てました。

同じ方法で、強いサーブも打てました。

ボールを手のひらの下側で打つと、どうなったのか?

ゆっくりとうでろしたわりには、ボールが『ベコン!』とって、思いがけない速さでスッ飛んでいきました。

たとえるなら、ステージのカドに当たったボールが、やたらと勢い良く、天井までがっていく感じ。

スポンサーリンク

さて、自分はバレー部ではなかったので、ボールの打ち方とか、ぜんぜん知りませんでした。それで、最初はバレー部の人のスパイクを見て、それを真似まねして打っていました。

ですが、イマイチちからが入らなかった。

バレー部の人みたいな、強烈なスパイクにはならなかった。

なぜなのか?

それで、自分なりに強く打てる方法を模索もさくしたわけです、体育の時間に。

その結論が、手のひらの下側で打つでした。

ところで、バレー部の人はどんな風に打っていたんでしょうか?

同じクラスだったバレー部の人ですが、ボールはもっと手の上側で打っていました。たしか、4本の指のつけ根あたり。手のひらの中心よりは、上のほう。そこでスパイク。

自分も最初は、それを真似まねして、そのように打っていました。ですが、本気で打ったら、指が痛かったです。指に衝撃が走って、イタくて耐えられなかった。

そうこうしているうちに、ふと思いました。

『考えてみたら、手の上のほうって、ロスが大きくないか?』

スパイクの衝撃で、どうしても手首が曲がってしまう ⇒ 衝撃を吸収してしまう。

どんなに力を込めていても、瞬間的な衝撃を受けたら、曲がってしまう。

手首を曲げて動かしてみる。

『おいでおいで』のジェスチャーができる。

こういった、多彩たさいなジェスチャーを可能にしている、カラダのつくり。人間のカラダのつくり。

想像ですが、それが、ボールへのインパクトを弱くしていた。

『じゃあ、曲がらないところでスパイクしよう。』

そう思って、手のひらの下側で打ったら、強いスパイクになりました。

良い感じでした。

さて、『手のひらの下側』って、どのあたりか?

これは、いわゆる掌底しょうていの部分でした。

掌底の中でも、さらに下のあたりです。

まず、手を合わせて、合掌がっしょうして、おがんだポーズ。

感謝の正拳せいけんきは、しなくて大丈夫です。

その拝んだ状態まま、指先を離す。

両手をつけたまま、指先だけを離す。

そのときに、両手がくっついているあたり。

そのあたりでボールを打ちました。

ろした掌底しょうていで、ボールを打ちました。

そうしたら、80%くらいの力で、全力スパイクみたいなボールになりました。

『ああ、やっとできた!』

そのような感じで、自分の場合は、掌底のあたりで打つやり方が一番強く打てました。

サーブの方も、ひかえめのちからで、パワーのあるたまが打てました。

あと、この方法でサーブしたら、ボールが無回転で飛んでいきました。

相手の人が取りづらそうにしていました。

無回転のボールって、軌道きどうが読みにくいですよね。

ブルブルふるえながら飛んでくるし、いつ落ちてくるのかが分かりにくい。目測もくそくあやる。

いつだったか小さい頃に、ドッヂボールで、そういうボールを投げてくるヤツがいました。そいつのボールですが、取れない取れない。

サイドスローで回転をのせて、超高速のボールを投げてくるヤツも脅威きょういでしたが、無回転のブルブルボールを投げてくるヤツも、めちゃめちゃ脅威でした。

脅威といっても、たしか中学生よりも小さい頃だったので、そのくらいの脅威です。

まあ、それは置いておきまして。

それで、このバレーボールを掌底付近で打つやり方。

高さ的には、手のひらの下側で打つ分、苦しかったです。ですが、そのあたりは、背伸びしながらサーブすることでカバーしました。

それにしても、力がひかえめで済むっていうのは、良かったですね。

ボールのコントロールが効きましたし、たぶんですが、見た目もスマートだったと思います。

あまりに全力過ぎるプレーって、はたから見てると、なんだかたりしているように見えてしまいます。

そうではなくて、まわりも安心して見ていられる感じ。だけど、ボールは異様に速い。

ボールの打ち方を変えたおかげで、そういうプレーをひとつ、実現することが出来ました。

まあ、バレー部ではない自分が、なんとかして強いスパイクを打ちたくて考えた、焼刃やきばです。きゅうごしらえの、にわか仕込じこみ。

ほかにも、ボールをグーで叩いたら、強いボールになりそうでした。ドアを叩くようなフォームで、ボールをドン!と叩くアプローチ。

実際、床に向って打ったら、楽に『ベコン!』って鳴りました。

ただ、こんなのバレーじゃない気がして、使えませんでした。ルール上もどうなのか分かりませんでしたし。

やっぱり、体育のバレーは普通にやったほうが楽しかったです。なるべく、普通にやったほうが楽しかったです。

そういえば、やたらと足でレシーブしようとしてた人もいましたが、やっぱり足でうまく返すのは難しいみたいでした。たいてい、ボールがあさっての方向に飛んでしまって、ラリーが続きませんでした。要するに、つまらなくなった。みんな言葉には出さなかったけれど、テンションが下がっていました。明らかに。

まあまあ、それはそれとしまして。

やはり、バレー部の人のスパイクは、フォームがキレイでカッコ良かったです。

トスを受けて、ジャンプして、体をそらせて、一気に打つ!

ジャンプした頂点で、ちょうどボールが降って来るんですよね。ほぼ毎回、ジャストミート。ボールもすごい勢いで飛んでいきました。

手の上のほうで打っているのに、強いボールになっていました。

結局、どうすればパーの形で強く打てたのか分かりませんでしたが、とりあえず、思い通りに打てるようにはなりました。満足できました。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました