【Python】breakpoint() 関数の使用例

Python の組み込み関数ブレークポイント breakpoint() の『使用例』です。

breakpoint()

breakpoint() を使用した Python コード例です。

Python 公式マニュアル

breakpoint(*args, **kws)

"""breakpoint.py"""

def main():
    breakpoint()
    a = 'apple'
    a = 'orange'
    a = 'peach'
    print(f'変数 "a" の値は "{a}"。')
    return

if __name__ == '__main__':
    main()

実行結果です。

breakpoint() でデバッガに入ったあとに、デバッガの p コマンドと n コマンドを使いました。

Python ファイルを実行するときの py -3.7 filename は、Python ランチャのコマンドです。

インストール済みの Python から、Python 3.7 のバージョンで実行するために使いました。

Python 公式マニュアル

Windows の Python ランチャ

(Pdb) デバッガコマンド

p expression

n(ext)

f-string(エフストリング、フォーマット済み文字列リテラル)

F:\sample>py -3.7 F:\sample\breakpoint.py
> f:\sample\breakpoint.py(5)main()
-> a = 'apple'
(Pdb) p a
*** NameError: name 'a' is not defined
(Pdb) n
> f:\sample\breakpoint.py(6)main()
-> a = 'orange'
(Pdb) p a
'apple'
(Pdb) n
> f:\sample\breakpoint.py(7)main()
-> a = 'peach'
(Pdb) p a
'orange'
(Pdb) n
> f:\sample\breakpoint.py(8)main()
-> print(f'変数 "a" の値は "{a}"。')
(Pdb) p a
'peach'
(Pdb) n
変数 "a" の値は "peach"。
> f:\sample\breakpoint.py(9)main()
-> return
(Pdb) n
--Return--
> f:\sample\breakpoint.py(9)main()->None
-> return
(Pdb) n
--Return--
> f:\sample\breakpoint.py(12)<module>()->None
-> main()
(Pdb) n

F:\sample>
スポンサーリンク
Python評価
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました