キャッシュフローが良い企業5社。キャッシュフローの金額は入金と出金の差額

スポンサーリンク

前回はこちらです⇒ キャッシュフローが良い企業5社。一時的に営業キャッシュフローがマイナスでも問題ない

引き続きキャッシュフローが良い企業5社のグラフです。

ところで、グラフ上の営業CF、投資CF、財務CFが小さくても、実際には大きな支払いをしていることがあります。キャッシュフローの金額は入金と出金の差額ですので、2つが打ち消しあって小さくなっている場合があるのです。

どのような入金と出金があったかは、キャッシュフロー計算書を見ることになります。上場したばかりの企業や売り上げを伸ばし始めた企業など、キャッシュフローの金額だけでは良さが読み取りにくい場合に、そちらを見ることになるでしょう。

このシリーズではグラフ上に良さが表れている企業をご紹介しています。

※ 最新のグラフは業績チャートのページで公開しています

それではグラフです

キャッシュフローと利益

6273 SMC株式会社 機械

キャッシュフローと利益 6273 SMC株式会社 機械

営業CFが純利益を超えています。また、営業CFと純利益がともに増加傾向です。

投資CFは大きいです。投資CFは主に有形固定資産の取得によるものとのことです。FY 2017年3月は有形固定資産の取得と有価証券及び投資有価証券の取得によるものでした。

SMCは空気圧機器の製造・販売を主力分野とする自動制御機器事業を行っている企業です。

9735 セコム株式会社 サービス業

キャッシュフローと利益 9735 セコム株式会社 サービス業

営業CFが純利益を超えています。また、営業CFと純利益がともに増加傾向です。

投資CFは大きいときがあります。投資CFは主に有形固定資産の取得と投資有価証券の取得によるものとのことです。FY 2016年3月はこれらと連結範囲の変更を伴う子会社株式取得によるものでした。

セコムはセキュリティサービス事業、防災事業、メディカルサービス事業、保険事業、地理情報サービス事業、情報通信事業、不動産・その他の事業を行っている企業です。

5695 パウダーテック株式会社 鉄鋼

キャッシュフローと利益 5695 パウダーテック株式会社 鉄鋼

営業CFが純利益を超えています。また、営業CFと純利益がともに増加傾向です。

投資CFは大きいときがあります。投資CFは主に有形固定資産の取得によるものとのことです。FY 2015年3月も有形固定資産の取得によるものでした。

パウダーテックは事務機器、粉末冶金、カイロ用等の素材である粉体と食品業界向け品質保持用の脱酸素剤、酸素検知剤の製造・販売を行っている企業です。

6960 フクダ電子株式会社 電気機器

キャッシュフローと利益 6960 フクダ電子株式会社 電気機器

営業CFが純利益を超えています。営業CFは横ばいですが、純利益は増加傾向です。

投資CFは大きめです。投資CFは主に有形固定資産の取得によるものとのことです。

フクダ電子は医用電子機器の製造・購買・販売とそれに関連する物流・サービス等を行っている企業です。

9055 株式会社アルプス物流 陸運業

キャッシュフローと利益 9055 株式会社アルプス物流 陸運業

営業CFが純利益を超えています。また、営業CFと純利益がともに増加傾向です。

投資CFは大きいときがあります。投資CFは主に有形固定資産の取得によるものとのことです。

アルプス物流は総合物流サービスと成型材料、包装資材、電子デバイスの販売を行っている企業です。
前回
スポンサーリンク
企業を探す視点
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました