唐辛子とハバネロでホウレンソウの油いためを食べたら非常においしかった話

自分は『ほうれんそう油炒あぶらいため』が凄く好きで、198円で買えるほうれん草の袋を1回で食べてしまいます。美味しいですよね。

それで、炒めたほうれん草に『一味唐辛子いちみとうがらし』をかけて、さらに追加で『ハバネロペッパー』をかけたら、めちゃめちゃ美味しかったというお話です。

普段は『S&Bエスビー味付あじつき塩コショウ』で食べていたんですけどね。

『辛さがほしい』

もっとピリからにしたいときは、『一味唐辛子』をかけて満足していました。

でも、もっともっと辛さがほしい。そこで、ハバネロの登場です。

自分、とうハトの『暴君ぼうくんハバネロ(2003年発売)』が好きで、良く食べていたんですが、ある時、スーパーの西友せいゆうで S&B の『ハバネロペッパー(パウダー)』という小瓶こびんを見かけたので買ってみました。

ハバネロ、めちゃめちゃからかったです。本当にからすぎなくらい、イタイほどからかった。

一味唐辛子しか知らなかった自分には、衝撃的でした。

さっそく、ほうれん草の油炒めにも『ほんの少し』かけて見ましたが、いや本当に辛かった。

見た目が変わらなかった

あと、このハバネロペッパーですが、一味いちみとちがってコショウみたいな細かいパウダーだったので、かけても『見た目に変化がかった』ですね。

ハバネロがかかっているのかどうか、見た目には分からない。

でも、ほうれん草が、激辛げきからになった。

まあまあ、これはこれで、とてもおいしかったのです。

だがしかしです。なにかこう、違和感いわかんがあった。

見た目からして辛そうなほうがおいしい

一味いちみの赤い1ミリメートル四方しほうのフレークが見えていたほうが、見た目にもおいしかったような気がする。』

そう思いました。それで、ほうれんそう油炒あぶらいために、一味をかけてから、ハバネロペッパーをほんの少し、トッピングしてみました。

『うん!(見た目が)おいしい!』

食べてみた。

『うん!(実際に)おいしい!』

一味とハバネロの組み合わせは、凄く良かったです。

ほうれん草に赤い一味唐辛子が見えていて、『いかにもピリ辛でおいしいそう』でした。

そして食べたら、ハバネロの刺激的な辛さがおそってきて、めちゃめちゃおいしかったです。

『やはりそうなのか』

辛い物は、見た目にも赤くて辛そうなほうが、満足度が高かったです。

ほうれん草の旨辛油いためのお話は、以上です。

ところで、『一味とハバネロの組み合わせは美味しい』ということは、どうやらスパイスメーカーの方でも把握しているようでした。

一味とハバネロの組み合わせは美味しい

S&Bエスビー が、『燃辛唐辛子もえからとうがらし』というブレンドスパイスを出していました。

これまた、スーパーの西友で見かけたので、買いました。

パッケージのイラストには、普通の赤くて細長い唐辛子と、ハバネロのような大きい唐辛子がかれていました。

パッケージには『ハバネロ』とは書かれていませんでしたが、S&B の商品ページを見たら

ハラペーニョ、ブートジョロキア、ハバネロなどの5種類の唐辛子をブレンドしました。刺激的かつ複雑で奥深い辛さが特徴です。激辛好きの好奇心をくすぐる、燃えるような辛さです。

燃辛唐辛子|S&B エスビー食品株式会社https://www.sbfoods.co.jp/products/detail/15789.html

と書かれていました。どうやら、『ハバネロ』は入っているようでした。

結論ですが、『燃辛唐辛子』は非常に良かったです。

一味唐辛子のような赤いフレークが見えていて、ほうれん草にかけても、ラーメンにかけても、赤くて美味しそうな見た目になりました。

そして食べたら、ハバネロペッパーのような純粋な辛さが襲ってきました。美味しかったです。

見た目はいつもの一味唐辛子

頭が一味唐辛子いちみとうがらしを想像しているところに、予想外の辛さが襲ってくる感じ。

これが良かったです。

下の画像が、『燃辛唐辛子もえからとうがらし』をひとふり出したところです。

本当、見た目は一味唐辛子でした。

使う量にかんしても、ほんの少しで済むところが良かったです。ほんの少しかけるだけで、十分に辛くておいしくなりました。とても長持ちしています。補充の手間が減って、ありがたいです。

『一味唐辛子』と『ハバネロペッパー』の2種類を買って組み合わせるのも良かったですが、最初からおいしくブレンドされている『燃辛唐辛子もえからとうがらし』も良かったです。

相乗効果(そうじょうこうか)

それにしても、一味とハバネロの相乗効果は、カツオと昆布こんぶの合わせ技に近いものを感じましたね。

一味唐辛子の香ばしくてフルーティーな香りに、ハバネロの辛さがしっかりとついてくる感じ。これが良かった。

ハバネロだけだと、フルーティーな香りを感じる前に辛すぎて、ただただ辛いという感じでした。

かといって、一味唐辛子をたくさん使って辛くしたら、青臭い感じが前に出てきて、イマイチくんでした。

唐辛子の青臭さは、一味をたくさん使ってみたことのある方なら、きっと経験があると思います。

一味とハバネロ

組み合わせたら、見た目にもおいしく、さらに、一味いちみかおりとハバネロのからさがいい塩梅あんばいになりました。

そういえば、手元てもとのスパイスは全部 S&Bエスビー のものでした。

一味唐辛子いちみとうがらしも、味付あじつき塩コショウも、ハバネロペッパーも、燃辛唐辛子もえからとうがらしも。

S&B のスパイス、好きです。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました