自分が食べられる『きのこ』のお買い物メモ

食品スーパーでのお買い物メモ『きのこ編』です。

いきなり結論。

自分が良くリピートして買っている商品は、『カット済みブナシメジ』と『マイタケ』。『味がおいしかった』というのはもちろんだけど、袋やパックから出して、『そのまま鍋に入れられる手軽さ』に魅かれてる。

調理する時の手軽さで、大きく差がついた感じ。

自分が良く利用しているスーパーは、イオンAEON西友せいゆう (SEIYU) です。

価格は、自分がお店で購入した時のおおよその価格です。

カット済みブナシメジ98円 ⇒ 簡単でおいしい

ブナシメジをほぐして洗って、すぐに使える状態にした『カット済みブナシメジ』があったんだけど、これがめちゃめちゃ便利だった。マイタケみたいにそのまま料理に使えた。従来のかぶで売ってるブナシメジだと、おがくずのところを切り落としてから洗ったりと、とにかく面倒。その手間がない。良き。疲れてる時の夕飯とか、こまごまとした下拵したごしらえはしたくないんですよね。これだと、トッピング感覚でキノコを追加できた。ありがたい。味もおいしかった。『カット済みブナシメジ』はおすすめ。

マイタケのパック98円 ⇒ 簡単でおいしい

舞茸まいたけは、手でちぎって茹でて食べた。おいしかった。シャクシャクとした舞茸の歯触りが良き。味噌汁やインスタントラーメンと一緒に茹でて食べてる。味噌汁に3パック入れたら色がめちゃめちゃ黒くなったけど、飲んでみたらもの凄くおいしかった。舞茸すごい。ところで、舞茸は洗うべきか?自分は水を入れたボウルでジャバジャバしてる。でも、見た目がきれいで面倒な時は、洗わずに、そのまま手でちぎって茹でてる。ブナシメジとかだと栽培のためのおがくずが付いてたりしたけど、舞茸はそういうのぜんぜん見かけなかった。とっても楽ちん。舞茸は良いきのこ。

ナメコの袋88円 ⇒ 簡単でおいしい

なめこは茹でて味噌汁にして食べてる。おいしい。小粒ななめこのコリコリというか、シャキシャキとした食感が好き。でも、ぬめりはあまり好きじゃないから、一度にたくさん入れたりはしない。大きいサイズのなめこも売ってたけど、そちらのほうがぬめりが少なかったので好き。ところで、なめこは洗わずにそのまま使ってるけど、特に問題なかった。とっても便利。袋からそのまま鍋に入れて茹でてる。カット済みブナシメジのような手軽さが良き。

生シイタケのパック148円 ⇒ おいしい

椎茸しいたけは美味しかった。石づきの根本の固いところだけを切り落としてから、まるごと茹でて食べた。モチモチというほどではないけれど、肉厚で食感も良かった。あと、香りが好き。シイタケは香りが良かった。マイタケともブナシメジともちがう、シイタケ特有の香り、これがおいしかった。あと、大きいサイズのシイタケも良かった。まるでステーキを食べてるような満足感がグッド。ところで、乾物かんぶつコーナーにあった乾燥シイタケも美味しいらしいんだけど、自分で買ったことはない。いつか試してみたいと思っている。

1株のブナシメジ ⇒ おいしい

1株で売っているブナシメジは、根元におがくずの部分が残っていて、そこを取り除くのがちょっと面倒だった。どこで切ろうか迷うんですよね。『おがくずは取り除きたいけど、なるべくきのこの部分も残したい。』まあべつに、ちょっとくらいおがくずを食べたところで、何ともなかったです。噛み切れないものを噛んだときは『んっ?』ってなりましたが、まあ、それだけでした。アサリやワカメの砂よりはマシ。ブナシメジはおいしいキノコ。

1株のエノキタケ ⇒ おいしい

榎茸えのきたけもおいしいキノコだった。すき焼きとかの鍋物に入っていたエノキタケがおいしかったので、買ってみた。白くて細長いエノキタケ。繊維質が強めだった。茹でて食べたら、シャキシャキとした食感が良かった。あと、奥歯に挟まりやすかった。たぶん、細長い形と繊維質の強さのせい。そこがちょっと食べにくかった。ブナシメジと同じように、おがくずのところを切り落とすのがちょっと面倒だった。どのへんで切り落とすか迷ったり、おがくずをちょっと食べちゃっても何ともなかったり、といったところも同じだった。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました