自分が食べられる『野菜(やさい)』のお買い物メモ

食品スーパーでのお買い物メモ『野菜編』です。

いきなり結論。

自分が良くリピートして買っている商品は、『冷凍ほうれん草』と『冷凍いんげん』と『冷凍ブロッコリー』。『味がおいしかった』というのはもちろんだけど、『直接鍋に出して、そのまま調理できる手軽さ』が凄く良かった。切ったり洗ったりしなくていいのが本当に助かった。現代人は忙しい。あと、さらに進んで『自然解凍で食べられるタイプ』も非常に良かった。加熱する必要すら無くなった。皿に出して待つだけ。凄くらくになった。冷凍庫に入れておけば、長持ちするところも良かった。冷凍野菜はストックできる。

普通の生鮮食品の野菜も、買ってはいるんだけど、洗ったり切ったりというのが大変だった。特にほうれん草。細かい土がついてたから、かぶをバラして、良く洗う必要があった。そうしないと、土が残って、ちょっぴりジャリジャリした。

あと、洗うにしても、ほうれん草って結構大きいから洗いづらかった。大きめのボウルを買ってきて、キッチンのスペースも広く空ける必要があった。洗うときも、ボウルに貯めた水が重くて大変だった。忙しいときに、毎回そんなことはしていられない。野菜は好きなんだけど、食べるまでが大変。

そういうわけで、手間のかかる葉物野菜はものやさいかんしては、冷凍食品をめちゃめちゃ利用してる。『冷凍モノはエイヨウソのソンシツガー』という意見も、昔どこかで良く聞いたような気がするけど、全然気にしていない。手軽に用意できたから、毎日食べることができた。野菜の冷凍技術、とてもありがたい。

自分が良く利用しているスーパーは、イオンAEON西友せいゆう (SEIYU) 。

価格は、自分がお店で購入した時のおおよその価格です。

冷凍ほうれん草 188円 ⇒ 手軽でおいしい

冷凍ほうれん草は凄く良かった。特に、自然解凍で食べられるタイプが好き。本当に簡単。冷凍庫から出して、鍋に出して、放っておくだけ。これでおいしく食べることができた。あの洗いづらいほうれん草が、袋から出すだけで食べられる。凄く良かった。自分の好みは、中身を鍋に出して、サラダ油を少しかけて、塩こしょうをふって、一味唐辛子をかけて、そのまま自然解凍。直ぐに食べたいときは、火にかける。本当にお手軽で、日常的にほうれん草が摂れるようになった。とてもありがたい。冷凍ほうれん草の中で、自然解凍で食べられるタイプは凄くおすすめ。

冷凍いんげん 148円 ⇒ 手軽でおいしい

冷凍いんげんはおいしかった。自然解凍で食べられるタイプが好き。冷凍ほうれん草よりも安いところがグッド。いんげんって良く知らなかったけど、試しに買ってみたらおいしかった。いんげんは、細長い形をした、緑色の若いサヤだった。解凍してそのまま食べるんだけど、特に変な味や青臭さもなくて、おいしかった。マヨネーズをつけて食べるのがおいしかった。あと、シンプルに塩と一味唐辛子をふって食べるのも好き。おいしかった。食べごたえもあって、満足度が高かった。

冷凍ブロッコリー 170円 ⇒ 手軽でおいしい

冷凍ブロッコリーは手軽でおいしくて、価格も安くて良かった。冷凍食品全般に言えることだけど、『袋から鍋に出してすぐに調理できる』っていうのが、本当に便利。自然解凍で食べられるタイプは、さらに優秀だった。加熱の必要すらなかった。ブロッコリーは食べごたえがあって好き。単品は、マヨネーズをつけて食べるとおいしかった。そのほか、インスタントラーメンの麺と一緒に茹でて食べたり、カレーやシチューに入れて食べてる。どの食べ方もおいしかった。

『冷凍ほうれん草』と『冷凍いんげん』と『冷凍ブロッコリー』は、本当に良くリピートして買ってる。いくつか種類があると、飽きなくて良かった。

だいこん 198円 ⇒ 手軽でおいしい

大根だいこんは優秀。特に根の部分。きれいに洗った状態で売られていた。さっと洗って拭くだけで食べることができた。大根の葉っぱの部分も、油で炒めて食べたらおいしかった。でも、持ち帰るのが大変だったのと、洗うのが大変だったのとで、根の部分だけを買うようになった。大根おろしがあるように、大根は基本なまで食べられるところが好き。5ミリメートルくらいの厚さで半月切りにして、そのまま醤油で食べてる。生の大根めちゃめちゃからかった。おでんのように、ダシ汁で煮込んでもおいしかった。大根はおいしい。大根の皮は最初ピーラーでむいてたんだけど、面倒だからやめた。むしろ皮付きのほうがカタチが崩れなくて便利だった。見た目は皮をむいたほうが良いとは思ったけど、その差が小さくて微妙。皮つきでおいしい大根は優秀。

にんじん 148円 ⇒ 手軽でおいしい

人参にんじんも優秀。きれいに洗った状態で売られていた。さっと洗って拭くだけ。すぐに使えた。にんじんは基本加熱して食べてる。生でも食べてみたけど、青臭さが前に出てきて、無理だった。人参は皮つきで食べてる。皮をむくのが面倒だった。皮付きでもおいしかった。皮の繊維質は感じたけど、全然気にならなかった。ただ、見た目はあまり良くなかった。時間がたつと、黒くくすんだ色になった。カレーに入れた皮付き人参でもくすんだ色が目立ったくらいだから、皮をむくメリットはあると思った。自分で食べる分には全然気にならないので、皮つきで食べてる。サッと洗って、適当に切って、鍋に入れるだけですぐに調理ができた。ゴミもほとんど出ない(ヘタの部分だけ切り捨てた)。おまけにおいしい。人参の油炒めが特に好き。一味唐辛子をふってもグッド。ピリからでおいしかった。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました