A-DATA の 120GB SSD で不具合に遭遇した時の経験談。A-DATA のメモリーのほうは良かった

2012年ごろのお話です。

A-DATAエーデータ の 120GB SSD を買ったら、半年で壊れて、新品交換してもらった2台目も、(自分の PC では)認識しなくなった、という経験談です。

一方で、同じ時期に購入した A-DATA の DDR3 メモリー(4GB×4枚=16GB) のほうは、2020年も現役で使用しています。

あと、同時期に購入した Intel の 120GB SSD も同じく現役です。Intel Solid-State Drive, 330 Series のもので、型番かたばんは SSDSC2CT120A3K5。

SSD が良いらしいということで A-DATA を1台買ってみた

さて、2012年の当時は、高速な SSDエスエスディー がようやく普及し始めたころでした。

自分も気になっていました。

『なにやら SSD というものが、速くていいらしい。』

それでとりあえず、120GB の中で一番安かった A-DATA 製の SSD を1台買いました(型番は忘れてしまった)。

期待通り、SSD は凄く良かったです。

Windows 7 がキビキビ動いて、PC 作業がめちゃめちゃはかどりました、最初のうちは。

最初のうちは快適だった

何日か使ってみて、特に不具合もなかった。

『SSD はイイものだ!』

それで、今度はメーカーを変えて、Intel の 120GB SSD を1台、買い足しました。

(あとついでに、A-DATA の DDR3 メモリも買いました。)

さて、この2台の SSD です。

それぞれ別の PC に組み込んで、両方とも Windows 7 をインストールしました。

A-DATA をメイン PC で使用して、Intel は予備の PC に使用しました。

だんだんブルースクリーンで落ちるようになってきた

3か月くらい使ったころだったか、A-DATA SSD の PC で、ブルースクリーンを良く見るようになりました。

  1. マウスを動かしているときに、マウスカーソルが『ピタッ!』と止まる。
  2. 『???』っと思った数秒後に、ブルースクリーン、そして落ちる。

『もしかして、プリフリーズ問題の一種かな?』

『でも OS まで落ちるなんて、たぶんちがうよなぁ。』

1週間に3回くらい落ちたこともあったし、1か月間くらい快適に使えたこともありました。

最初はたまたま Windows の調子が悪かったんだろうと、そう思っていました。

でもだんだん、落ちる頻度が高くなってきた。

1日に2回、3回と、落ちるようになってきた。

そのころになると、マウスカーソルが『ピタッ!』と止まるたびに、『あ、落ちる』と思っていました(そして実際に落ちてしまった)。

BIOS が SSD を見失うようになってきた

買ってから半年くらいたったころか、ついに A-DATA SSD が認識しなくなった。

データドライブとして、別の PC につないでも駄目。

BIOS の画面を見ても、A-DATA の SSD が見つからない。

その SSD の本体は、なかなか熱くなっていた。

一応、自然に冷ましてから電源を入れたら、たまに復活して起動したりした。

でもまた、すぐにブルースクリーン。SSD も直ぐに熱くなった。

『不良品に当たったのかも…』

お店に持って行ったら不具合が再現した ⇒ 新品交換

保証期間内だったので、買ったお店に持っていきました。ドスパラで買ったので、ドスパラに持っていきました。

保証期間内だったのは不幸中の幸い(箱にレシートを入れて保管しておいて良かった)。

さっそく現象が再現したとのことで、同じ型番の SSD との新品交換になりました。

ちゃんと交換してもらえたのは嬉しかったけど、正直、この型番かたばんの SSD はもう使いたくないなって、ちょっと思った。

原因がわかるまで『何が悪いんだろう?』と、落ちるたびに PC を何度も開けたり閉めたりして、ものすごい時間をとられたし、お店に持っていくのも大儀たいぎだなって思ったし。

不良品にあたると本当に大変。

そして、交換してもらった A-DATA SSD も、だいたい同じような経過をたどりました。

2台目の A-DATA SSD でもブルースクリーンが出始めた

調子良く、1週間動いていたと思ったら、ブルースクリーン。

重たい作業をしていたとか、していなかったとか、そういうのに関係なく、不定期に落ちた。

本当に、どういうタイミングで現象が発生するのか、まったく見当がつかなかった。

とにかく、不定期に落ちた。そしてまた、BIOS が SSD を見失うようになってきた。

たしか、operating system が not found です、みたいなメッセージが出てた。

それでも、電源を入れ直したら、再び動いたんですよね。

この 2 台目の A-DATA SSD については、さわっても特に熱くはなっていなかった。ほんのり暖かいくらいだった。

これまでの不調がウソのように動き続けたりもした

1日に何回も落ちていたかと思えば、これまでの不調がウソのように、何日もちゃんと動き続けたりもしていました。

当時は、本当にわけが分からなかった。

A-DATA SSD 以外の原因も考えて、メモリを刺し直したり、マザーボードを外して掃除したり、すごい時間を取られた。

そしてとうとう、ドスパラに持って行った。

部屋を出る前に、念のため PC につないでみたけど、やっぱり BIOS に出てこない。

今度は現象が再現しなかった

お店でチェックしてもらった結果、意外にも『現象が再現しない』とのこと。

(まさか!?)とは思ったけれど、ウソみたいに動いてたこともあったし、なんかもう、どうでも良くなってきた。

『まあ、相性とかもあります。しかし、再現しなかったのでなんとも…。』

そう言われて、そのまま A-DATA の SSD を返してもらいました。

そしてその足で、じゃんぱらに行きました。

査定の結果、動いたということで、買い取ってもらいました。

(本当に自分の PC との相性が悪かっただけのか…?)

当時の自分のメイン PC は、ドスパラのガレリアシリーズ。

マザーボードは Foxconn で、CPU は Core 2 Duo E8400 でした。

そこに A-DATA の SSD を組み込んで使っていました。

Intel の SSD は快適だった

まあ、さんざんブルースクリーンで落ちてはいたけれど、動いていた時は、本当に快適でした。

メニューがサクサク開いて、ブラウザもサクサク動きました。

とりあえず、予備の PC に使っていた Intel の SSD を、メイン PC に移しました。

そして、2020年の今も、現役で使っています。

たしか、SSD が普及し始めた2012年のあたりは、『SSD は寿命が短いぞ!気を付けよう!』みたいなコラムをたくさん見かけました。

それからそろそろ8年近くが経ちますが、想像以上に長持ちしています。

Intel の SSD 凄い。

A-DATA の SSD に関しては、結局自分の PC との相性が悪かっただけなのか。

A-DATA の DDR3 メモリーのほうは良かった

ところで、Intel の SSD と同じ時期に購入した A-DATA の DDR3 メモリー (4GB×4枚=16GB) のほうは、2020年も現役です。

Python で大きな処理をしていると、16GB は時々狭く感じます。

しかしながら、Chrome とかブラウザを使っている分には、余りすぎているほどなので、これ以上増やす必要もあまり感じなくて、実はけっこう丁度いいメモリ容量なのかも。

A-DATA の大容量メモリには、とても満足しています。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました