【値段は5個入り238円】冷凍の今川焼きを自然解凍で冷たく食べるのが好き

ニチレイフーズの冷凍今川焼れいとういまがわやきの値段は、238円(税抜)でした(2020年3月時点)。

5個入り400グラムで、食べごたえがありました。中身はつぶあんです。

ニチレイの今川焼きは、自然解凍で食べるのが好きです。

半分くらい解凍して、冷たいままアイスのようにして食べるのがおいしかったです。

たいやきアイスみたいな感じですね。

今川焼きの冷凍の良いところは、保存がきくところ。ストックがきくわけですよ。

冷凍庫に放り込んでおけば、1週間たっても2週間たってもおいしいまま。

買い置きに便利だったわけですね。

レンジとかオーブンを使わなくても食べられるし、めちゃめちゃ便利。

それにしても、自然解凍で食べてもおいしいっていいですね。

今川焼きのかわとか、自然解凍だと もそもそ になりそうな気がするんですけどね、おいしかった。

冷凍した食パンのような食感を想像してたんですが、そんなことはなくて、とてもおいしかった。

冷凍今川焼きの解凍時間は、室温20℃で約1時間30分とのことでした。パッケージの裏面に書いてありました。

あと、補足で『冷蔵庫で解凍すると皮が乾燥することがあります。』って書いてありました。

『皮が乾燥することがある。』

想像ですが、やっぱり出荷した時の冷凍状態は、なにかうるおいのようなものをたもっているんでしょうか。もしくは、皮の柔らかさというか、もちもち感を保っているとか。

カチコチに固まっているように見えて、実はおいしさを保っていると。

まあ、もそもそになっちゃったパンとかでも、電子レンジやオーブンであたためれば、結構しっとり感がもどってきますよね。

レンジで解凍すると、なんだか凄く歯ごたえのあるパンになりましたが、それはそれでしっとりもちもちで美味しかったです。

今川焼きをレンジで解凍することもできましたが、自分としては、やはり自然解凍が好きです。

レンジで解凍したら、中身がめちゃめちゃ熱くなって、食べづらかったです。

自分は中身が熱々なのが苦手。

レンジの時間をうまく短く、ちょうど良く調整できればいいんですけどね。それが難しかった。肉まんとかも同じでした。

一方で、オーブンで焼くとか、ナベで蒸すとかは好きです。

一番熱いのが外側なので、さわった感じで大丈夫なのかが分かる。だから、大丈夫。

温かい今川焼きもおいしかったです。

冷凍の今川焼きは、コンビニでも売ってて、入手性にすぐれているところもポイントが高いです。

普段は大手スーパーで買っていますが、コンビニのセブンイレブンでもときどき買っています。

セブンイレブンの『7プレミアム今川焼』の値段は、278円(税抜)でした(2020年2月時点)。

こちらもおいしかったです。

あと、どこで買ったのか忘れたけど、カスタード味の今川焼も食べたことがあります。

自然解凍で食べましたが、普通のつぶあんのものよりもやわらかくて美味しかったです。

黄色のカスタードクリームも、つぶあんとはまたちがった甘さがあって、良かったです。

実は、チョコレート味の今川焼もあるようなんですが、まだ食べたことがないです。

ニチレイフーズのサイトを見てたら、『今川焼(ベルギーチョコレート) 5個入(315g)』というのを発見して、非常に興味を持っています。

今川焼(ベルギーチョコレート) | 冷凍食品・冷凍野菜はニチレイフーズ

自分はまだお店で見かけたことがないので、見かけたらぜひ食べてみたい。

ただ、こういう『まだ定番ていばんになっていない(と思われる)商品』って、早々そうそうに販売終了になったりするんですよね。

そうなったら、食べたくても食べられない。自分で作るしかない。

大手のスーパーには、商品をリクエストする紙が置いてあったので、ちょっとリクエストしてみようか。

いや、そのくらい Amazon で注文するべきか。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました