【水で薄める】コーラを水割りで飲むのがおいしかった話

コップにを入れて、おいしいを入れて、コーラをそそいで飲むのが好きです。

水割みずわりコーラです。

水で割るというよりは、氷水こおりみずの中にコーラを入れるという感じですね。

ほど良い甘さで、炭酸もピリッと効いてて、ゴクゴク飲めるコーラになりました。

あと、コーラをそそぐ時も、泡立ちにくくてそそぎやすかったです。

氷水がクッションになって、静かに注ぐことができました。

自分は、コカコーラとペプシコーラが好きです。カロリーゼロのタイプを飲んでいます。

日本コカ・コーラの商品ページ
日本コカ・コーラ | 製品情報 | コカ・コーラ ゼロ: The Coca-Cola Company

SUNTORYサントリーの商品ページ
ペプシ ジャパンコーラ ゼロ 商品情報(カロリー・原材料) サントリー

さて、問題は、『コーラを水でうすめておいしいのか?』です。

コーラは、水で薄めても十分に甘くておいしかったです。

あと、水で薄めたら『炭酸が無くなってしまうかな?』と思ったのですが、それも大丈夫でした。

コップの気泡は普通よりも減りましたが、飲んだら十分にシュワッとしていました。

水割りコーラでも、炭酸は十分に効いていました。

コーラの香りも十分でした。

なんとなく作ってみた水割りコーラですが、とても良かったです。

キリッと冷えた水割りコーラのスッキリとした甘さほど良い炭酸

おいしくてのどの渇きがとれて、とても気に入りました。

のどが渇いたときは、やっぱり水が一番おいしいです。

そしてコーラの水割りは、水のようにのどがうるおって、しかも甘くておいしいという、良いとこ取りの飲み物でした。

仕事や勉強中は、やっぱりスッキリとした飲み物がいいですね。

薄めに作った無糖むとうのアイスコーヒーとか、ウーロン茶とか、ミネラルウォーターとか。

ひんやりと冷たいのど越しで、あたまがシャキッとしました。

そして、キリッと冷えた水割りコーラです。

冷たいのど越しに加えて、さわやかな甘さと炭酸が心地よかったです。気分が盛り上がってきましたね。

いままで何の疑問もなく、ペットボトルのコーラをそのまま飲んでおいしいと思っていました。

実際においしかったのですが、水で割ってもおいしい!ということがわかりました。

ほかにも、1.5 リットルのコーラで 3 リットルの水割りコーラが飲めました。

飲み方によっては、2倍の量が飲めたわけです。

重たいペットボトルを買ってくる手間が減りましたし、安上がりだし、味もおいしかった。

水割りコーラには、メリットしかなかったです。デメリットが無かった。

濃いコーラというか、普通のコーラが飲みたいときは、普通にそのまま飲んでいます。

そのときそのときの気分に応じて、好きなように飲めばいいわけです。

ところで、コーラの水割りもよかったですが、サイダーの水割りもおいしかったです。

三ツ矢サイダーのカロリーゼロタイプ、おいしいですよね。

アサヒ飲料の商品ページ
三ツ矢サイダーゼロストロング PET500ml 矢羽根ボトル|炭酸飲料|商品情報|アサヒ飲料

コーラと同じように、水で薄めて飲んでみましたが、これもおいしかったです。

薄めても甘さがほとんど同じで、炭酸もほとんど同じで、香りもほとんど同じでした。スッキリとさわやかでおいしかったです。

ほかにも、『りんごジュースを少し薄めて飲む』というのは、小さいころからやっていました。

単純にたくさん飲みたいという考えで水を入れたわけなんですが、これもおいしかったです。

果汁30%だったか50%だったか忘れましたが、コップに氷を入れて、ジュースを半分入れて、水道水を半分入れる。

最後にハシでカチャカチャとかき混ぜて、キンキンに冷えたところを飲む。

めちゃめちゃおいしかったです。

リンゴジュースはそんな感じで飲んでいましたが、当時は、炭酸ジュースに水を入れようとは思いませんでした。

水なんて入れたら炭酸がぜんぜん無くなってしまうんじゃないか?』って思って、コーラとかはそのまま飲んでいました。

コーラの水割り。

もうちょっと早く試せばよかったなって思いました。

炭酸のシュワシュワ感が減って、ゴクゴク飲める!これが本当にいいですね。

のどが渇いてて水分補給がしたいときに、ゴクゴクと飲めるおいしさ!本当に爽快でした。

コーラの炭酸って、開封直後だと強すぎて痛いんですよね。

シュワッとした感じは好きなんですが、ゴクゴクと飲むことができない。

コーラの炭酸は、一気飲みがひとつの芸として通じるほどですし、やはり痛いわけです。

『炭酸は苦手』という人がいるのも、わかる気がします。

水割りコーラは、適度てきど炭酸たんさん適度てきどあまさで、とても気に入っています。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました