【調味料入れを処分した話】自分には食卓塩とスティックシュガーで十分だった

自分はれんタイプの調味料入れを持っていましたが、処分しました。

よくある砂糖小麦粉の3つが入るやつで、片手でフタをパカパカできるやつです。

じつは自分、小麦粉を全然使わないので、3連ケースのうち2つしか使っていませんでした。

『これなら2連タイプケースで良いよね、買い替えよう!』

ってことで、2連タイプの調味料入れに買い替えました。

新品はいいですね。真っ白でキレイ。しかし、しかしです。

思いました。

『塩ってそんなに使ってないよな。砂糖もたまにコーヒーに入れるくらいだし。』

なんとなく当たり前のように塩と砂糖を常備じょうびしていましたが、実際のところ、そんなにそんなに使わないですよね?自分は使わなかったです。

なので、せっかく買い替えたのですが、2連タイプの調味料入れを買って早々、手放してしまいました。

自分が塩を使うときって、お肉を焼いて皿に載せた時なんですよね。

焼いたお肉やお魚にササッとふりかけて食べる ⇒ 旨い!!

こういう使い方なら、食卓塩しょくたくえんの方が便利ですよね。

実際、便利でした。近くに置いておけるし、フタをしてあるから倒してもこぼれなかった。あと、短期間で使い切れたから定期的に新品が使えて気持ち良かったです。容器も小さくてかわいい。

調味料入れから食卓塩に移行して正解でした。

塩事業センターの定番商品ですが、量が多すぎなくてちょうど良かったです。

メーカーの商品情報ページ
食卓塩シリーズ – 商品情報 – 公益財団法人塩事業センター

ただし、フタがねじ式なので、片手で開けるのは難しかったです。

調味料入れよりかは全然便利なのですが、片手でパチンパチンと開け閉めできる簡易的なフタだと、さらに嬉しいです。

なので、片手で開け閉めできる小瓶こびんを用意して、それに塩を入れて食卓塩にしようかなって、考えています。

それから砂糖ですね。砂糖は一度に使う量が多いですよね。

塩は少量でしょっぱいから全然減らなかったけれど、砂糖はお菓子作りやコーヒー・紅茶に入れたりしてたら、すぐに使い切ってしまいました。

なので、砂糖に関しては調味料入れの大きさが便利でした。

2連タイプや3連タイプの調味料入れに、全部砂糖を入れて使うのも良いかもしれませんね。最近まで思いつきませんでした。

そうなんです、砂糖の袋。ケースに入りきらなかった砂糖の袋を保管しておくのって、結構面倒でした。

1kgの砂糖を全部ケースに移せば、袋をすぐに処分できましたね。

しかしながら、最近はホットケーキを作ったりすることもなく、コーヒーも基本コーヒーだけで飲んでいます(薄いブラックコーヒーが好き)。

砂糖は時々使っていますが、スティックシュガーでも十分かな?って思うようになりました。

コスパを考えれば1kg入りの砂糖がベストなんでしょうけれども、使用量が減った今となっては、たくさんあっても保管に困るんですよね。

そういったことがあって、調味料入れのケースは手放すことにしました。調味料入れの断捨離です。

なんとかほかにケースの用途はないかな?って考えたんですが、ん~、思いつきませんでした。

当たり前のように塩(500g)と砂糖(1kg)を買って常備していましたが、自分の場合はもっと少ない量がてきしていたみたいです。

調味料入れ』から『食卓塩とスティックシュガー』に移行して正解でした。

塩の代わりに『ダイショーの味塩こしょう』も好きで買っています。

メーカーの商品情報ページ
味・塩こしょう|商品紹介|おいしさで・しあわせをつくる ダイショー

お肉は、で食べても味塩こしょうで食べてもおいしかったです。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました