一訂から十一訂までの読み方の一覧(読み方は複数)

『一訂』から『十一訂』までの読み方の一覧です。

自分の経験をまとめて、一覧表にしました。

どの読み方でもいいと思います。

読み方の一覧

一訂いってい一訂いちてい
二訂にてい
三訂さんてい
四訂よんてい四訂してい
五訂ごてい
六訂ろってい六訂ろくてい
七訂ななてい七訂しちてい
八訂はってい八訂はちてい
九訂きゅうてい九訂くてい
十訂じゅってい十訂じってい十訂じゅうてい
十一訂じゅういってい十一訂じゅういちてい

一訂

いってい、いちてい。

自分は、流して読むときは『いってい』、ゆっくり読むときは『いちてい』と読むことが多かったです。

二訂

にてい。

三訂

さんてい。

四訂

よんてい、してい。

自分は『よんてい』と読んでいます。

普段の生活で見かけた『四』は、『よん』と読まれているものがほとんどでした。

その流れで、自分は『よんてい』と読んでいます。

『四』を『し』と読むものは、『四肢しし』、『四十九日しじゅうくにち』、『四塩化しえんかケイ』、『四塩化炭素しえんかたんそ』などが印象に残っています。

五訂

ごてい。

六訂

ろってい、ろくてい。

自分は、流して読むときは『ろってい』、ゆっくり読むときは『ろくてい』と読むことが多かったです。

七訂

ななてい、しちてい。

自分は『ななてい』と読んでいます。

ところで、文部科学省の『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』の読み方です。

自分は『にほん しょくひん ひょうじゅん せいぶんひょう にせんじゅうごねんばん ななてい』と読んでいます。

八訂

はってい、はちてい。

自分は、流して読むときは『はってい』、ゆっくり読むときは『はちてい』と読むことが多かったです。

九訂

きゅうてい、くてい。

自分は、『きゅうてい』と読んでいます。

十訂

じゅってい、じってい、じゅうてい。

自分は、『じゅってい』と読んでいます。

本のページ数も、自分は『じゅっぺーじ、にじゅっぺーじ』と読んでいます。

『十』を『じっ』と読むのは、『十手じって』が印象に残っています。

そういえば、自分が中学生の時に、国語の授業で『じっぺーじ、にじっぺーじ』の読み方を習いました。

なんでも、漢和辞典に『じゅっ』という読み方が無い、というのが根拠で、確かに、当時授業で見た辞書や教科書には無かったです。

ですが、みんな『じゅっぺーじ、にじゅっぺーじ』と読んでいました。

それで、授業のあと、自分は意識して『じっぺーじ、にじっぺーじ』と読むようにしていました。

ですが、クラスのみんなは、相変わらず『じゅっぺーじ、にじゅっぺーじ』と、普段の生活では言っていました。

なので、自分もすぐに『じゅっぺーじ、にじゅっぺーじ』に戻しました。

十一訂

じゅういってい、じゅういちてい。

自分が読むなら、流して読むときは『じゅういってい』、ゆっくり読むときは『じゅういちてい』と読みます。

どの読み方でもいいと思います

読み方は、どの読み方でもいいと思います。

正解が1つということは、ないと思います。

ほかにも読み方があるかもしれません。

しかし、実際のところ、誰かが『一訂』から『十一訂』までの漢字を読んでいるところは、聞いたことがありません。

YouTube の動画も探しましたが、見つかりませんでした。

ですが、ごくごく普通の漢数字かんすうじなので、自分がパッと思いついた読み方で読んでいます。

自分は、最初に載せた表の通りに読んできました。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました