プログラミングの勉強法でとても良かった方法 ⇒1つずつ、簡単で小さいプログラムを作っていったらドンドン上達した話

自分は、プログラミングが苦手でした。

ですが、今では、上場企業の決算データを読み込んで、業績のグラフをビシバシけるようになりました。

結論ですが、1つずつ、簡単で小さいプログラムを書いていったら、ドンドン上達しました。

これが、良いプログラミングの勉強方法でした。

ひとつひとつ、小さく完成させていくのが、上達のコツでした。

もちろん、最初はできなかったところが、たくさんありました。

やり方が分からなくて、絶望しました。

しかしそのたびに、検索しては試して、検索しては試してを繰り返して、困難を乗り越えていきました。

その過程を紹介します。

プログラミングを始めるきっかけは、人それぞれだと思います。

自分の場合は、『儲かる株を見つけたい』という一心で、本格的にプログラミングを始めました。

上場企業じょうじょうきぎょうの業績を、全部グラフにして、『サクッとチェックしていきたい』と思ったわけです。

企業分析の効率化ですね。

最初は、データを読み込むだけの、簡単なプログラムに挑戦しました。

簡単というのは、単機能たんきのうという意味です。機能が1つだけ、ということ。

本当に、ただ読み込むだけでした。

グラフ化も何もしません。というか、グラフの描き方なんて、全然知らなかったです。

そんな状態で、プログラミングの山を登り始めました。

さて、まずは、業績のデータです。

これは、エクセルファイル (.xls) で公開されていたものを、お借りしました。

さっそくですが、エクセルファイルの読み込み方が分かりませんでした。

絶望です。

エクセルファイルって、実は難しかったんですね。

検索したら、CSVシーエスブイ にすると簡単!とのことでした。なので、普通のエクセルで開いてから、CSV ファイルとして保存しました。

次は CSV です。CSV ファイルの読み込み方がわかりませんでした。

絶望です。

検索したら、CSV を読み込むための『ライブラリ』を使えばいいとのことだったので、ライブラリを読み込む処理を追加しました。

今度はライブラリです。ライブラリの使い方がわかりませんでした。

絶望です。

検索したら、同じライブラリを使った CSV の読み込み方法が見つかったので、その通りに読み込みました。

そして、できました!

プログラムで CSV を読み込むことができました!

ブレークポイントでプログラムを止めたら、変数へんすうの中に業績データが入っていました。

ただ、それだけのプログラムです。すごく単機能でした。

おまけに、プログラムが終了したら、結果も消えてしまうという、はかないプログラムでした。

ですが、この時点で、自分は相当な手ごたえを感じていました。

『やればできる!』

『できなくても調べたらできた!』

その勢いで、グラフを描くプログラムも書きました。

グラフの描き方がわからない ⇒ 絶望 ⇒ 検索 ⇒ なるほど、作図ライブラリを使うのか!

ライブラリの使い方がわからない ⇒ 絶望 ⇒ 検索 ⇒ なるほど、この関数を使うのか!

そういった感じで、わからなければ検索するというアプローチで、1つずつ作っていきました。

最初は、やっぱり時間がかかりましたね。

『データを読み込むだけ』のプログラムを3日がかりで書いたり、『グラフを描くだけ』のプログラムを3日がかりで書いたりして、とにかく時間がかかっていました。

そして、1つが完成するたびに、プログラミングがドンドン上達していきました。

プログラムの文法ぶんぽうが分かってきましたし、分からないところの調べ方も分かってきました。

コーディングが少しずつ早くなってきて、調べるスピードも上がってきました。

まさに、上達でした。

個人的に良かったのが、プログラムを2つに分けたところでした。

『データを読み込むプログラム』と『グラフを描くプログラム』です。

ポイントは、『プログラムが動いた』ときの達成感です。

この記事を書いている今でも思うのですが、『いつまでたっても動かない』長いプログラムを書くというのは、とてもつらいことでした。

もし、2つのプログラムを同時に考えていたら、なかなか完成しなくて、きっとプログラミングがイヤになっていました。

成功の要因は、やりたいことを分割して、それらをひとつひとつ、小さく小さく作っていった点にありました。

『グラフを描くプログラム』についても、最初は『数値をコードにベタ打ち』しました。

それでグラフが描けてから、『データを読み込むプログラム』と組み合わせました。

ファイルを読み込んで数値を持ってくるのは、当時の自分には難しかったのです。

なので、そういったアプローチがとても有効でした。

プログラミングがドンドン上達するコツは、『小さく完成させること』でした。

機能ごとに、『1つずつ実際に作ってみる』というのが、とても良い勉強方法でした。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました