【有料】レジ袋の優しい断り方【コンビニやドラッグストアで袋を辞退するときの言い方】

有料のレジ袋の『優しい断り方』です。

ふくろくて大丈夫だいじょうぶです

このセリフで、自分はレジ袋を辞退するようになりました。

いままで、色々な言い回しを実践してきましたが、これが一番良かったです。

さて、コンビニやドラッグストアに行ったときです。

レジで、店員さんから『袋は有料ですが、ご利用になりますか?』と聞かれます。

そうしたら、こうです。

くて大丈夫だいじょうぶです

これでOKでした。

気まずい空気が流れることもなく、おたがいにイヤな思いをすることもなく、『袋はいらないです』という意志だけをお店に伝えることができました。

袋を断った時に、今まで感じていた『一瞬ギスる感じ』が、ほぼなくなりました。

では、ほかの言い方ではどうだったのか?

いらないです』や『いいです』だと、言葉が強すぎたようでした。

一瞬ですが、店員さんがストレスを受けているような印象がありました。

自分としても、お店の気づかいや現場の気づかいを無下むげにしているようで、かなり嫌でした。

けれども、レジ袋の削減運動が始まったばかりのころは、うまい断り方がわからなかったです。

つい反射的に、短い言葉が出てしまいました。

そして、袋を断った時の店員さんの様子を見るたびに、『これは良くない』と思って、何とかしようと考えたわけであります。

どうなったか?

第二弾です。

たどり着いた断り方は、『いえ、いらないです』や『いえ、いいです』でした。

少しセリフを長くしただけですが、袋を辞退じたいした時の空気が、だいぶやわらぎました。

しかしです。

まだイマイチでした。

『いえ、』で言葉を受けてはいますが、依然として、『いらない』というトゲトゲしい言葉を使っています。

イマイチです。

自分は、袋が『いらない』という所存しょぞんだけを伝えたい。

そうして出てきた言い回しが、『くて大丈夫だいじょうぶ』でした。

『袋は無くて大丈夫です(だからいらないです)』

これで、トゲトゲしい『いらない』を、言外げんがいに出すことに成功しました。

体感ですが、レジ袋を断った時の反応が、明らかに良くなりました。

『これだ、これで行こう!』

それからは、袋の断りづらさがだいぶなくなりました。

お店によって、断った時の反応はまちまちでしたが、全体的には雰囲気が良くなったと感じました。

ふくろくて大丈夫だいじょうぶです

くて大丈夫だいじょうぶです

たぶん、もっといい言いまわしはあると思いますが、反応は十分に良かったです。

ただ、べつに『いらないです』とか『いいです』でもいいと思います。

非効率で長ったらしい言い方よりも、率直そっちょくに『いらない』と言ったほうが、早くて確実です。

レジに来た人が全員『無くて大丈夫です』って言ってきたら、ちょっとくどい気がします。

結局、場合によりけりだと思います。

自分としては、せっかく丁寧に必要かどうかを確認してくれたのだから、不躾ぶしつけな断り方はしたくなかったです。

きっと、だれでもそうだと思います。

ですが、ゼロから言いまわしを考えるのって難しいですよね。

日本語に限らず、英語でも『○○の言い方で、もっと良い言い回しはありませんか?』みたいな質問スレッドを見かけました。

意味としては伝わるけど、直接的すぎる表現というのは、やっぱりみんな避けたいようです。自分もできるだけ避けたいです。

とりあえず、記事を書いている今は『ふくろは)くて大丈夫だいじょうぶです』を使っています。

たぶんこれが『一番やさしい断り方』だと思います。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました