【快適】ハサミの切れ味を復活させるのをやめて新しいのを買ったら快適だった話

新しいハサミを買ったら、紙もビニールもスパッと切れて、ストレスがなくなりました。

古いハサミにこだわって、『時間の浪費』と『切れないイライラ』をため込んでいたのは、明らかに損でした。

新しいのを買ってしまったほうが、一番損が少なくて、一番お得だと思いました。

その時の話です。

購入したハサミは KOKUYOコクヨSAXAサクサ ハサミ チタン・グルーレス刃(ハサ-PT280DB)です。価格は税抜き 768 円でした。買ったお店は、ドラッグストアのウエルシアです。

コクヨの商品情報ページ
ハサミ〈サクサ〉|商品情報|コクヨ ステーショナリー

チタンコートの落ち着いた色合いが気に入ったので購入しました。

パッケージに書いてあった通り、切れ味サクサクでした。

『うわ、めちゃめちゃ切れるやん!』

お菓子の袋とか、ハサミを押すだけでスパー!っと切れて、爽快でした。

1000円未満のこの価格で、こんなに快適になるなら、もっと早く買い替えれば良かったです。

一方で、切れなくなったハサミは本当に不便でしたね。

もちろん、最初の頃はスパスパ切れていました。

少しずつですが、袋をスパー!っと切ることができなくなってきて、チョキチョキしないと切れなくなりました。

しまいには、チョキチョキしても、いちいちビニールを噛み込んじゃっていました。

『本当に切れなくなったなぁ…』

ところで、ハサミの切れ味を復活させる方法も、試したことがあります。

アルミホイルを切ったり、アルミ缶を切ったりする方法です。

これらは、確かに効果がありました。

一時的な処置としては良かったです。

けれども、復活した切れ味は、あまり長続きしませんでした。

『また切れなくなったか…』

本当に、ハサミを使うたびにイヤな気分になっていました。

こういう小さなストレスって、良くないと思うんですよ。

せっかくテンポ良く作業してたのに、ハサミが切れないせいで、作業が止まったり、効率が落ちたり、やる気ががれたり…。

そういうことが積もり積もって、今回新しくハサミを買おうと思い立ちました。

お店にいたときに、ふと思い立ったんですよね。

これは正解でした。

新しいハサミは、本当に快適でした。

お菓子の袋もスパスパ切れたし、食品の袋もスパスパ切れて、爽快でした。

もちろん、紙もスパスパ切れました。

ハサミって、意外と使う場面が多かったんですね。

生活の質がめちゃめちゃ上がりました。

普通のハサミよりも少し高めでしたが、買って良かったです。

コクヨのサクサハサミの良かった点です。

  • 茶色の落ち着いた色合いが好き
  • 刃先が太くて力が良く伝わった
  • 持つところがソフトで痛くなかった
  • テープのべたべたが簡単に取れた

作りがいいというか、使い心地がとてもよかったです。

特に、粘着テープのべたべたが簡単に取れたのは良かったですね。

べたべたは、多少は付きましたが、机に置いてガムテープでぺたぺたしたら簡単に取れました。

どうやら、フッ素コーティングが効果を発揮していたようです。

サクサク切れるハサミっていいですね、もっと早く買い替えればよかったなって思います。

ハサミを本格的にぐとなると、砥石も必要になりますし、時間的にも労力的にも、ハサミのお値段と釣り合わないと思います。

切れなくなったら『新しいハサミを買ってしまう』というのが、一番損が少なくて、一番お得な行動だと思いました。

少しグレードの高いハサミでも1000円未満で買えたので、コスパはとても良かったです。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました