【感想】キーボードの『テンキーレス』が凄く効率的でコンパクトで良かった話

キーボードを『テンキー無しのタイプ』にしたら、マウスが近くなって、とても使いやすくなりました。

今まで、全部のキーがついているタイプ(フルキーボード)を使っていましたが、マウスが遠くて不便だったんですよね。すごく効率的になりました。

それと、キーボードが大きすぎて、小さな机が使えなかったというのも改善しました。

コンパクトな『テンキーレスキーボード』にしてからは、マウスへの持ち替えがササッとできるようになりましたし、小さな机でもパソコンが使えるようになりました。

『めちゃめちゃ快適じゃないか…!!』

文字入力も、モニタの中央付近でできるようになりました。

フルキーボードだと、どうしても手が左に寄ってしまうんですよね。

電卓とかエクセルへの数値入力は、多少不便になりましたが、そのデメリットをはるかに上回って快適でした。

  • マウスが近いから、グーグルの検索結果をササッとスクロールできた!
  • コンパクトだから、小さな机でも作業ができた!
  • モニタの中央で文字入力ができるようになった!

自分は、キーボードに関しては思い込みがあったんですよね。

『フルキーボード(109キー 日本語配列)に慣れておくのが一番無難だ』って。

たしかに、どこのお店でも買えたし、どこでも使われていたので、汎用的で便利でした。

でも、自分には『テンキーレス』のほうが、圧倒的に便利で快適でした。

引き続き、今まで愛用していたフルキーボードも持っていますので、『金額とか数値をガッツリ入力したい!』ってときは、そちらを出して使うことにしました。

しかしながら、キーボードの上側の数字キーだけでも、だんだん大丈夫になってきました。

今まで、ずっとテンキーに頼っていましたが、慣れてきたら、一直線の数字キーでもそこそこの速さで打てるようになってきました。

『テンキーが無くても大丈夫になってきた』

自分の中で、ますますテンキーの重要性が薄れてきました。

購入したテンキーレスキーボードは、『エレコム』の『TK-FCM103BK』です。有線タイプで、購入価格は Amazon で 981円 でした。

エレコムの製品情報ページ
有線コンパクトキーボード – TK-FCM103BK|エレコム

このキーボード選んだ決め手は3つです。

  • Enter キーが大きいタイプだった。
  • キー配列が標準的だった。(Windows キーも左右に2個あった)
  • 有線タイプだった。(無線よりも有線が好き)

エンターキーは、細長いタイプも使ったことがありますが、打ち損ないが多発したのでやめました。自分は、大きいタイプのほうが使いやすかったです。

エレコムのテンキーレスを使ってみた感想ですが、キー配列が標準的で、とても使いやすかったです。

普通っていいですよね。

キータッチにも不満はなかったです。

ただし、イマイチな点もありました。

  • USB のケーブルが細くて、すぐに断線しそう。
  • キートップの印字が、どんどん薄くなってきた。

ケーブルの細さは、取り回しが楽というメリットもありましたが、持ち運ぶときは気を使いますね。

あと、購入してからわずか4か月で、良く使うキーの印字がどんどん薄くなってきたのも気になりました。自分の場合は、エスケープキーと F5 キーと F10 キーがかすれてきました。もちろん、普通のアルファベットキー達は、もっとかすれています。

エレコムのサイトには、『長期間の使用でも消えにくいレーザー刻印を施しています』とありましたが、それでもだんだんかすれていってしまうようでした。

ですが、使い心地はとても良かったです。

予備として、同じのをもう一台買いました。

テンキーレスの『コンパクトさ』と『マウスの使いやすさ』は、本当に良かったですね。

机の上もすっきり広くなりました。

キーボードを片付けるのも楽々です。

『少しのお買い物で凄く快適になった』ということで、コスパがとても良かったです。

PC の作業環境が、劇的に改善しました。

テンキーレスは、自分の中の『買って良かったものランキング』の中で、かなり上位にランクインしました。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました