ホコリだらけになった『カーペット』をハサミで切って処分した話

9年ほど使用した『古いカーペット(絨毯)』を処分した時の話です。

大きさは、3畳用のカーペットでした。

カーペットは、『床の傷付きを防ぐため』と『音の反射を防ぐため(防音のため)』に敷いていました。

さすがに汚れてきたから捨てることに

さすがに9年も敷いていたら、表面がホコリっぽくなってきました。

もちろん、普段から掃除機で掃除はしてきたのですが、生地に取り込まれてしまったホコリって、なかなか取れないんですよね。

買った当時は綺麗だった『明るいグリーン』の色合いが、今はくすんだ色になっていました。

『なんか最近カーペットが灰色がかってきたなぁ』

もう十分に使いましたし、カーペットの裏からこなが出るようにもなっていました。

カーペットの捨て時でしたね。

カーペットは『可燃ごみ』だった

さて、『カーペットの捨て方』ですが、自分のところでは『可燃ごみ』でした。

の説明によると、『可燃ごみの袋に入れば可燃ごみ』で、『入らなければ粗大そだいごみとして受け付けます』とのことでした。

『なるほど。じゃあ、半分に切ってからたたんでみるか』

カーペットはハサミで簡単に切れました。

半分に切ってから、45リットルの指定袋に1枚ずつ入れて出しました。

合計2袋です。

一応、1つの袋に全部入れることもできたのですが、『ちょっと重過ぎるかな?』と思ったので、2つに分けました。

そして、無事に回収してもらうことができました。

スッキリです。

思い切って処分して正解だった

古いカーペットが無くなったことで、お部屋がとても綺麗になりました。

とりあえず、普段座る場所には1畳用の小さなカーペットを敷いておきましたが、また新しいのを買っても良いですね。

『思い切って処分して正解だったな』

カーペットとか大きなものって、捨てたり買い替えたりするのが面倒なんですよね。

物をどかさないといけないですし。

今は持ち物をだいぶ整理したおかげで、カーペットを敷いたり片づけたりするのが、かなり簡単になりました。

これからは『3年くらいで買い替えていってもいいかな』って思います。

カーペットって、大きすぎて洗えないですからね。

外に出して『ホコリを叩き出す』くらいは出来ますが、それなら新しいのを買ったほうが簡単で清潔です。

金額的にも、3畳用のカーペットは数千円で買えましたし。

カーペットを外に出してホコリを落とした時の話

昔の話ですが、外に大きな物干ものほしスペースのある家に住んでいた時に、カーペットを干したことがあります。

ほうきで叩いたら、『お部屋のホコリ(大きめの綿わたぼこり)』と『カーペットの粉(黄色の煙)』がたくさん出てきたのを覚えています。

結構な回数を叩いて、ようやく『ホコリが減ってきたな』という感じでした。

ですが、『カーペットの粉』はいくらでも出てきましたね。

キリがなかったので、カーペットたたきは適当なところで打ち切って、お部屋に敷き直しました。

結構キレイにはなりましたが、それにしてもカーペットの丸干しメンテナンスは大変でした。

手間がかかりすぎて、コスパが悪かったです。

そういったこともあったので、汚れが目立ってきたら『サクッと処分して買い替えるのがベスト』だと、今は思います。

カーペットは普通のハサミでサクサク切ることができましたし、衣装ケースなどと比べれば、処分は簡単なほうだったと思います。

衣装ケースの処分がめちゃめちゃ大変だった話(解体して不燃ごみへ)

電話で粗大ごみ回収を依頼したときの話

カーペットを切るのが面倒なら、粗大ごみとして処分するアプローチもアリだと思います。

『粗大ごみの受付』に電話してから、『数百円のゴミ処理券』を貼って、『近くの指定された場所』に出すだけでした。

もしかしたら、電話が苦手な人もいらっしゃるかもしれません。

電話の内容は簡単でした。

『パソコン用の机』と『自転車』の回収を依頼したことがありますが、本当に簡単でした。

『すいません、粗大ごみの回収をお願いしたいのですが』

と言ったら、品物を聞いてくれました。

そうしたら、『ごみ処理券の金額』と『回収日の候補』と『出す場所(家の前とかアパートの前とか)』と『受付番号』の4つを教えてくれました。

あとは、教えてもらった通りに『ごみ処理券』を買って、『受付番号』を書いて、粗大ごみに貼り付けて、回収日の朝に出して完了です。

ごみが無くなったあとで、念のために電話で確認したこともあります。

『粗大ごみが回収されたことを確認したいのですが、可能でしょうか?』

と聞いたら、『ゴミ処理券の受付番号』や『回収日』などを聞かれました。

そうしたら、『こちらの粗大ごみは、確かに回収しました』と教えてくれました。

このときは、ひょっとして『粗大ごみの持ち去り』にったのではないかと心配して電話をしたのですが、ちゃんと回収されたということで、安心しました。

自分の場合は、大体こういう感じでしたね。

むずかしいところは特に無かったです。

『電話をしたりするのが初めて』だったり『苦手』だったりしても大丈夫です。

古いカーペットを処分できて良かった

カーペットの処分は正解でした。

カーペットにたまっていた『たくさんのホコリ』を、お部屋の外に出すことができました。

十分に使用したカーペットは、思い切って処分して、新しいものを購入するのがいいですね。

自分は可燃ごみとして出しましたが、役目を終えたカーペットを処分できて、とてもスッキリしました。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました