【LibreOffice】Ctrl を押さずに『クリックだけでハイパーリンクを開く』ようにする方法

LibreOfficeリブレオフィス でハイパーリンクを開くときに、クリックだけで開くようにする方法です。

オプションの中に、設定項目がありました。

手順です。

  1. 『メニューバー』の『ツール(T)』にある『オプション(O)…』を開きます。
  2. 『LibreOffice』の『セキュリティ』にある『セキュリティのオプションおよび警告』の『オプション(P)…』を開きます。
  3. Ctrl+クリックでリンクを開く(T)』のチェックを外します。
  4. 『OK』を押していって、設定画面を閉じます。

これで、Excel と同じように、ハイパーリンクをクリックするだけで URL が開くようになりました。

とても快適です。

設定画面のスクリーンショットも紹介します。

使用した LibreOffice のバージョンは、6.4.6.2 です。

LibreOffice のオプションを開く

Writer でも Calc でもいいので、LibreOffice を起動します。

『メニューバー』の『ツール(T)』にある『オプション(O)…』を開きます。

ショートカットキーの『Alt+F12』でも開くことができました。

セキュリティのオプションを開く

『LibreOffice』の『セキュリティ』にある『セキュリティのオプションおよび警告』の『オプション(P)…』を開きます。

『Ctrl+クリックでリンクを開く(T)』のチェックを外す

『セキュリティオプション』のところにある『Ctrl+クリックでリンクを開く(T)』のチェックを外します。

ところで、LibreOffice のバージョンによっては、英語が残っていたこともありました (LibreOffice 6.4.1.2 など)。

そのときは、『Ctrl-click required to open hyperlinks』のチェックを外しました。

OK で設定画面を閉じる

最後に、OK ボタンを押して行って、設定画面を閉じます。

これで完了です。

これで、ハイパーリンクをクリックするだけで、URL が開くようになりました。

もう『Ctrl』キーを押す必要はありません。

リンクに『マウスカーソル』をあてた時の説明からも、『Ctrl』の文字が消えました。

設定変更前は、『Ctrl-click to open hyperlink https://example.com/』でした。

変更後は、『Click to open hyperlink https://example.com/』になっていました。

以上です

簡単な設定で済んで良かったです。

エクセルと同じように、リンクをクリックするだけで開くようになって、とても快適になりました。

逆に、リンクが開くのを防ぎたいときは、『Ctrl+クリックでリンクを開く(T)』にチェックを入れて使っています。

『リンクをクリックしても開かない』というのが便利なシーンもあったんですよね。

たとえば、たくさんのハイパーリンクを編集していたときです。

『セルを選択したい』のに『リンクが開いてしまった』という面倒がなくなりました。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました