『マイク』や『スピーカー』のプロパティを一発で開くショートカットの作り方【Windows 10】

Windows 10 で、『マイクのプロパティ』や『スピーカーのプロパティ』を、直接開くショートカットの作り方です。

目的の『マイク設定』や『スピーカー設定』を一発で開けるようになって、とても便利になりました。

『マイクのプロパティのカスタム』とか、『マイクのプロパティのレベル』といったように、『タブ』まで指定することができました。

『マイクのプロパティ』を直接開くショートカットの作成手順です。

  1. Windows 10 の『スタートメニュー ⇒ 設定 ⇒ システム ⇒ サウンド』の中にある『入力 ⇒ デバイスのプロパティ ⇒ 追加のデバイスのプロパティ』から、『マイクのプロパティ』を開きます。
  2. タスクマネージャーの『詳細』タブで、rundll32.exe の行を選択してから、『Ctrl + C』でコピーします。
  3. コピーしたテキストから、『C:\Windows\System32\mmsys.cpl ms-mmsys:,{*.*.*.********}.{********-****-****-****-************},general』のところを使用して、ショートカットを作ります。

以上です。

次に、目的の『タブ』を指定する方法です。

『,general』の部分を、『,1』とか『,2』とかに変更したらできました。

タブの番号は、タブのひだり側から、ゼロ始まりになっていました。

これで、『マイクのプロパティ』あった『目的のタブ』を、一発で開けるようになりました。

ここからは、自分がショートカットを作った時の、具体的な手順を紹介します。

タスクマネージャーで『コマンドライン』の列を表示します

まず、タスクマネージャーを開いて、『詳細』タブを開きます。

列名れつめいのあたりを右クリックして、『列の選択(S)』を押します。

コマンド ライン』にチェックを入れて、OK を押します。

これで、『コマンド ライン』の列が有効になりました。

『コマンド ライン』の列には、『ショートカットリンクとしても使える文字列』などが表示されました。

『マイクのプロパティ』を開いた時の『コマンドライン』を見て、ショートカットを作ろう!という作戦です。

ところで、『マイクのプロパティ』のプロセスは、Windows 10 の『設定』の中にあった『サウンド ⇒ デバイスのプロパティ ⇒ 追加のデバイスのプロパティ』から開いたときに出現しました。

一方で、『従来のコントロールパネルのサウンド(再生、録音、サウンド、通信)』から『マイクのプロパティ』を開いたときは、プロセスが出てきませんでした。

なので、自分は『追加のデバイスのプロパティ』から開く方法を使いました。

サウンドの設定から『マイクのプロパティ』を開きます

まず、Windows 10 の『スタートメニュー ⇒ 設定 ⇒ システム ⇒ サウンド』を開きます。

※ 自分は、タスクバーの音量アイコンを右クリックして、『サウンドの設定を開く(E)』で開いてみました。

『入力』のところにある『入力デバイスを選択してください』で、目的のマイクを選びます。

同じく、『入力』のところにある『デバイスのプロパティ』を押します。

『関連設定』のところにある『追加のデバイスのプロパティ』を押します。

これで、『マイクのプロパティ』が開きました。

同時に、このプロパティのプロセスが、タスクマネージャーに出現しました。

『rundll32.exe』という名前のプロセスで、ほかにも、同じ名前のプロセスがいくつかありました。

それらの中で、『コマンドライン』の列が、

"C:\Windows\System32\rundll32.exe" C:\Windows\System32\shell32.dll,Control_RunDLL C:\Windows\System32\mmsys.cpl ms-mmsys:,{*.*.*.********}.{********-****-****-****-************},general

のようになっている行を選択します。

波括弧なみかっこ{}の中には、英数字などが入っていました。

行を選択した状態で『Ctrl + C』を押すと、1行全体のテキストがコピーできました。

コピーしたテキストを、メモ帳などに貼り付けておきます。

ショートカットを作るときに使用したのは、以下の部分です。

C:\Windows\System32\mmsys.cpl ms-mmsys:,{*.*.*.********}.{********-****-****-****-************},general

ところで、『コマンド ライン』の列は、タスクマネージャーの『プロセス』タブにもありました。

ですが、『プロセス』タブだと、表示内容をコピーすることができなかったんですよね。

『Ctrl + C』を使っても、できませんでした。

なので、自分は『詳細』タブを使いました。

ショートカットを作ります

デスクトップを右クリックして、『新規作成(X) ⇒ ショートカット(S)』を押します。

項目の場所を入力して下さい(T):』のところに、

C:\Windows\System32\mmsys.cpl ms-mmsys:,{*.*.*.********}.{********-****-****-****-************},general

を入力して、『次へ(N)』を押します。

このショートカットの名前を入力してください(T):』のところに、自分の好きな名前を入力して、『完了(F)』を押します。

これで、『マイクのプロパティ』の『全般』タブを、一発で開くショートカットができました。

ほかのタブを開くときは、『,general』の部分を『,1』や『,2』などに変更したらできました。

自分が試した限りでは、タブの番号はゼロ始まりで、左から数えて『,0 (省略可)』、『,1』、『,2』、『,3』、『,4』のようになっていました。

マイク(全般)
C:\Windows\System32\mmsys.cpl ms-mmsys:,{*.*.*.********}.{********-****-****-****-************},general
マイク(聴く)
C:\Windows\System32\mmsys.cpl ms-mmsys:,{*.*.*.********}.{********-****-****-****-************},1
マイク(カスタム)
C:\Windows\System32\mmsys.cpl ms-mmsys:,{*.*.*.********}.{********-****-****-****-************},2
マイク(レベル)
C:\Windows\System32\mmsys.cpl ms-mmsys:,{*.*.*.********}.{********-****-****-****-************},3
マイク(詳細)
C:\Windows\System32\mmsys.cpl ms-mmsys:,{*.*.*.********}.{********-****-****-****-************},4

ついでに、ショートカットのアイコンを『マイク』に変更してみました。

アイコンの変更方法です。

ショートカットのプロパティを開いて、『アイコンの変更(C)…』を押します。

『このファイル内のアイコンを検索(L):』のところに、『%SystemRoot%\System32\DDORes.dll』と入力して、Enter を押します。

これで、マイクのアイコンが選べるようになりました。

以上です

今までは、『マイクのプロパティ』がサウンド設定の奥深くにあって、とても不便でした。

それが、ショートカット一発で直接開けるようになって、とても便利になりました。

『スピーカーのプロパティ』についても、同じ方法でショートカットを作ることができました。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました