古いTカードを処分した話。カード番号は既に無効になっていた

昔作った『Tティーカード』を処分しようと思って、Tサイトの電話番号から、退会処理を依頼したことがありました。

その時のお話です。

自分のTカード番号を伝えたら、『情報が出てこない』とのことでした。

まあ、10年くらい前に作ったカードでしたからね。

口頭で伝えたカード番号を、オペレーターのかたが復唱してくれましたが、確かに、手元のTカードの番号でした。

それで、オペレーターの方が言うには、『おそらく番号がすでに無効化されている』とのことでした。

なるほど、もう使えなくなっていたのか。

一応、『退会処理とか、情報削除の手続きとかは必要ないのでしょうか?』と、聞いてみました。

そうしたら

『端末にカード番号を入力しても、情報が出てこないので、お手元のTカードはハサミで切って処分してください』

とのことでした。

そういうわけで、Tカードの退会が完了しました。

退会といいますか、『退会済みと言える状態』になっていることが確認できたということで、それで良しとしました。

早速、Tカードを細かく切って処分しました。

スッキリです。

ずっと気になっていたんですよね。

『そのうち TSUTAYAツタヤ に持っていって、退会手続きしておこう』って。

また1つ、気がかりが減りました。

良かったです。

そういえば、『自分の名前とか住所といった登録情報がどうなったのか?』については、分かりませんでしたね。

そのあたりは、あまり深く考えないことにしました。

なにせ、Tカード番号を使っても、自分の情報が出てこなかったのですから、これ以上はオペレーターのかたでも、手続きのしようがないと思いました。

理想的には、『登録情報を削除しました』みたいな言葉が欲しかったところなんですけれどもね。

電話に関しては、オペレーター待ちの自動音声対応のところで『自分の生年月日』を入力して、オペレーターの方には『自分のTカード番号』を伝えました。

その時点で、番号を入れても情報が出てこないということで、結局、自分の名前とか住所とか電話番号を言う場面は無かったです。

自分としては、Tカードが既に捨てて OK な状態だったということで、気兼ねなく処分することができました。

自分のカードは、TSUTAYA で CD だったか DVD だったかをレンタルするために作ったものでした。

たしか、2009年か、2010年くらいに作ったカードだったと思います。

結局、ほとんど使わなかったですね。

一番の理由は、観たいと思った映画の DVD がずっと貸し出し中で、結局、観られなかったからです。

最初のうちは、『そのうち借りられるだろう』と軽く考えていました。

ですが、1か月たっても借りられなくて、ついにあきらめてしまいました。

せっかく時間をかけてお店に来ているのに、今日も貸し出し中、今日も貸し出し中、というもどかしさ。

といいますか、パッケージからして面白そうな作品は、いつも軒並み貸し出し中でした。

結局、お店には10回くらい通いましたが、最後のほうは何も借りずに、お店を出ていました。

そうして、お店に行かなくなって、Tカードのレンタル会員の有効期限(1年)が過ぎました。

ただ、レンタルはできなくなっても、Tポイントカードとしては使えるらしいということだったので、一応持っておくことにしました。

ですが、ほとんど持ち歩くこともなく、ずっと机の引き出しの中にありました。

自分がTカードを持ち歩かなかった理由です。

  • TSUTAYA で使うためのカード』というイメージがあったから。
  • 『Tポイントが何に使えるものなのか?』が分からなかったから。
  • 『どこで使えるものなのか?』が分からなかったから。
  • 日々の買い物くらいだと『Tポイントはたまらないだろう』と思ったから。

今にして思うと、このような理由でしたね。

自分としては、『Tカード』という名前からして、『TSUTAYA で使うためのカード』みたいなイメージがあったのが大きかったと思います。

ネットサービスやコンビニで使うといった感覚が無かったんですよね。

『Tカードはお持ちですか?』と聞かれても、『(どうして TSUTAYA のカードが必要なんだろう?)』って思っていました。

1回くらいは、どこかでTカードを提示したような気もしますが、自分はTポイントに魅力やメリットを感じなかったんだと思います。

引き出しを開けるたびに、『このTカードどうしようかな』って、ずっと思っていました。

もっと早くお店に持って行って、退会処理しておけばよかったですね。

ようやくカードを手放すことができました。

良かったです。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました