【Python】ord 関数の使い方と実行結果

Python の組み込み関数 ordオード の使い方です。

ord 関数で、1 つの文字 (str) から Unicodeユニコード コードポイントの数値を取得するコード例と、実行結果を載せました。

ord 関数は、1 つの文字を、Unicode コードポイントの数値に変換してくれました。

(例)ord('a') -> 97

(例)ord('あ') -> 12354

あと、『エラーになったコード例』も書きました。

エラーになったコード例

ord 関数で、エラーになったコードれいです。

(Python) ord(c)

ord('abc') # 'abc'
TypeError: ord() expected a character, but string of length 3 found
ord(1) # 1
TypeError: ord() expected string of length 1, but int found
ord(1.2) # 1.2
TypeError: ord() expected string of length 1, but float found
ord(complex(3, 4)) # (3+4j)
TypeError: ord() expected string of length 1, but complex found
ord(None) # None
TypeError: ord() expected string of length 1, but NoneType found
ord(True) # True
TypeError: ord() expected string of length 1, but bool found
ord(False) # False
TypeError: ord() expected string of length 1, but bool found
ord(()) # () 空のタプル
TypeError: ord() expected string of length 1, but tuple found
ord([]) # [] 空のリスト
TypeError: ord() expected string of length 1, but list found
ord(set()) # set() 空の集合
TypeError: ord() expected string of length 1, but set found
ord({}) # {} 空の辞書
TypeError: ord() expected string of length 1, but dict found
ord(range(0, 1)) # range(0, 1)
TypeError: ord() expected string of length 1, but range found
ord(lambda x: x) # <function <lambda> at 0x0000000000000000>
TypeError: ord() expected string of length 1, but function found
import datetime
ord(datetime.datetime.max) # datetime.datetime(9999, 12, 31, 23, 59, 59, 999999)
TypeError: ord() expected string of length 1, but datetime.datetime found
import datetime
ord(datetime.timedelta.max) # datetime.timedelta(days=999999999, seconds=86399, microseconds=999999)
TypeError: ord() expected string of length 1, but datetime.timedelta found

str を渡した結果

ord 関数に、1 文字の strエスティーアール を渡した結果です。

文字列の中のエスケープシーケンス \x \u \U の意味は、(Python) 文字列およびバイト列リテラル のところに書かれていました。

  • \xhh は、2 桁の 16 進数値 hh を持つ文字です。
  • \uxxxx は、4 桁の 16 進数値 xxxx を持つ文字です。
  • \Uxxxxxxxx は、8 桁の 16 進数値 xxxxxxxx を持つ文字です。

あと、空の文字列や、長さが 2 以上の文字列を渡したら、エラーになりました。

(Python) ord(c)

(Python) class str(object='')

(Python) 整数リテラル (Integer literals)

(Python) 文字列およびバイト列リテラル

ord('') # '' 空文字列
TypeError: ord() expected a character, but string of length 0 found
ord('\x00\x01') # '\x00\x01'
TypeError: ord() expected a character, but string of length 2 found
ord('\x00') # '\x00'
0
ord('\x01') # '\x01'
1
ord('\x02') # '\x02'
2
ord('\x40') # '@'
64
ord('@') # '@'
64
ord('\x41') # 'A'
65
ord('A') # 'A'
65
ord('\x42') # 'B'
66
ord('B') # 'B'
66
ord('\xfe') # 'þ'
254
ord('þ') # 'þ'
254
ord('\xff') # 'ÿ'
255
ord('ÿ') # 'ÿ'
255
ord('\u0100') # 'Ā'
256
ord('Ā') # 'Ā'
256
ord('\u3042') # 'あ'
12354
ord('あ') # 'あ'
12354
ord('\U0010fffe') # '\U0010fffe'
1114110
ord('\U0010ffff') # '\U0010ffff'
1114111

str 型での 1 文字の表現についてです。

Unicode コードポイントが、1114111 (0x10FFFF) よりも大きい文字を指定したら、エラーになりました。

str の 1 文字でいうと、'\U0010ffff' より大きい表現が、エラーになりました。

'\U0010fffe'
'\U0010fffe'
'\U00110000'
SyntaxError: (unicode error) 'unicodeescape' codec can't decode bytes in position 0-9: illegal Unicode character
'\U00110001'
SyntaxError: (unicode error) 'unicodeescape' codec can't decode bytes in position 0-9: illegal Unicode character

bytes を渡した結果

ord 関数に、長さが 1 のバイト列 (bytesバイツ) を渡した結果です。

ところで、長さが 1 のバイト列で表せる数は、0 (0x00) から 255 (0xff) まででした。

なので、ord 関数に渡せたバイト列も、b'\x00' から b'\xff' まででした。

あと、空のバイト列や、長さが 2 以上のバイト列を渡したら、エラーになりました。

(Python) ord(c)

(Python) class bytes([source[, encoding[, errors]]])

(Python) 整数リテラル (Integer literals)

(Python) 文字列およびバイト列リテラル

ord(b'') # b'' 空のバイト列
TypeError: ord() expected a character, but string of length 0 found
ord(b'\x00\x01') # b'\x00\x01'
TypeError: ord() expected a character, but string of length 2 found
ord(b'\x00') # b'\x00'
0
ord(b'\x01') # b'\x01'
1
ord(b'\x02') # b'\x02'
2
ord(b'\x40') # b'@'
64
ord(b'@') # b'@'
64
ord(b'\x41') # b'A'
65
ord(b'A') # b'A'
65
ord(b'\x42') # b'B'
66
ord(b'B') # b'B'
66
ord(b'\xfe') # b'\xfe'
254
ord(b'\xff') # b'\xff'
255

以上です。

スポンサーリンク
Python
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました